2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

浜名湖ガーデンパーク(3)

浜名湖ガーデンパークの「秋を感じる花」第三部です。
広大な園内の幾つかのエリアに分かれた中の一画にある、花の博物館(旧名モネの庭)に咲いていた百日紅にカメラを構えたところ、自動噴霧器が撒布を始めたのでこれはグッドタイミングと慌ててシャッターを押した。

Img_2889
花はありませんが、モネの庭に架かる緑の橋麓付近でこちらの自動噴霧器も散布開始になったので急いでパチリ。

Img_2891
百日紅を背景にオミナエシを。

Img_2894
ネムノキに似た花でこれは外国産の花らしいのですが。。。

Img_2913

      
にほんブログ村   
↑ ↑ ↑
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。上のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、応援の一票、よろしくお願い致します。

面積 56ヘクタールに及ぶ広大な同パークには未だ未だ数え切れないほどの花が咲いておりますが、その中のほんの一部をご紹介いたしました。
当初の目的であるアオバトは見ることが出来なかったものの、旧名「モネの庭」では偶然にも霧の自動噴霧にも出合えラッキーな1日を過ごすことが出来ました。
何時もポチッと応援ありがとうございます。-177-



2012年9月27日 (木)

浜名湖ガーデンパーク(2)

探していた野鳥が見つからず帰りに寄った浜名湖ガーデンパークの「秋を感じる花」の続きです。
この公園に咲いていた彼岸花に似た色違いの花です、これは白と言うよりややクリーム色の花.。

Img_2871
花の博物館(旧名モネの庭)に咲いていた名前は分かりませんがケイトウに似た花にフィルターを装着して撮りました。
(お花博士である「あめぶる」さんから花の名前は野鶏頭では?とのコメントと、参照図鑑まで教えていただきましたが、まさにごそのとおりでした、「あめぶる」さん、何時も本当にありがとうございます)


Img_2878
この花も不明ですが、ガーデンパークのH Pで紹介されている今見ごろの花のネコノヒゲ?似ているのですが・・・秋らしさが感じられたのでこれもフィルターを付けたままパチリ。

Img_2881
旧名、モネの庭に咲いていた紅白の彼岸花、赤い花も通常の彼岸花とは形状が少し違っていました。

Img_2883
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -176-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
ポチっと応援、いつもありがとうございます。

2012年9月25日 (火)

浜名湖ガーデンパーク(1)

野鳥の会発行のガイドブックを読み、先月初めに未だ見たことがないアオバトを求めて浜名湖岸を訪れましたがあまりの暑さに閉口し早々に退散した。暑さも和らいできた今回、二度目の探鳥に出かけてきました。
今回も同ブックに記載された湖岸の浜名湖周遊自転車道を中心に待ちましたが、ついに姿を見ることが出来ず諦めて近くの浜名湖ガーデンパークに寄ることにした。

Img_2851
公園には秋の主役のひとつコスモスや秋の花々が咲き乱れている。

Img_2841
日中は未だ未だ暑い感じですが花壇の花々はすっかり秋の気配。。。

Img_2832
そして秋といえばススキ、中秋の名月を連想してしまいます。

Img_2855 
この外、同パークにて様々な季節の花を撮ってきましたので3回位に分けてアップの予定です。宜しく御笑覧の程お願い致します。
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -175-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
ポチっと応援、いつもありがとうございます

2012年9月23日 (日)

公園の野鳥

9月22日(土)
近くの池に珍しい野鳥は居ないかなと、せっせと出かけていましたが池の水位が上がり、水辺の野鳥が見られなくなってしまった。

Img_2537
池の水位が下がるまで待つことにして昨日は、日本野鳥の会遠江が発行したがガイドブックに掲載されている公園へと行ってきた。この公園は市街地に在りながら四季を通じて野鳥が手軽に観察できる公園として知られている所です。

Img_2568
公園中央の池に注ぐ水場があり、そこで待つこと少々。最初に現れたのが白黒の模様が可愛いシジュウカラに大きな真ん丸い眼の可愛い鳥コサメビタキ(写真上・下左)、この野鳥は初めて見る鳥ですが近くに居たカメラマンに名前を教えて頂きました。

Img_2555 Img_2590

そしてお馴染みの綺麗な鳥ヤマガラ(右上)。この時近くに居たカメラマン氏からツツドリとオオルリの幼鳥が数羽いるよと、教えて貰いサクラの樹の下へ・・・オオルリは今春初めて見た人気の青い鳥であるが幼鳥は首から上が灰色で春に見たイメージとはいささか違っていた(下左)。幼鳥のためか一箇所に長く留まっていて撮るには難しくなかったが、逆光と枝や葉が被り腕の悪さもありベストショットには遠く及びませんでした。同じところに数羽居たエゾビタキ(下右)も一緒にパチリ。
初めて見たツツドリ、ベテラン氏は全てカメラに収めた様ですが自分は殆どピンボケでボツ

Img_2786 Img_2613

初めて見た眼の可愛いコサメビタキやエゾビタキ、近くに居たベテランカメラマン氏はこれから様々な渡り鳥が来ますよ・・・と教えてくれました。これから暫くこの公園を訪れることになるかもしれません。(写真はトリミングしてあります)

「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 
-174-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
ポチっと応援、いつもありがとうございます。

2012年9月21日 (金)

カワセミ-2

9月20日(木)
此処のところ近くの池に珍しい野鳥は居ないかなと、閑を見つけては出かけている。
野鳥に関心を持つようになって半年、野鳥に詳しい人達から見れば普通でも自分には初めての鳥が多く、どの野鳥も珍しく新鮮なのです。

Img_1380
今日も出かけてみたが前日の大雨で池の水位が上がり、干潟状になっていた岸近くは全て水没、昨日まで居たシギ類は一羽も居なくなっていた。確認できるのは岸辺の白鷺類と水面に浮かぶ鴨だけ。

Img_1485 
それならばカワセミは? と待つこと暫し、一羽のカワセミ君が現れたものの、物音に驚いて直ぐ飛び去ってしまった。風があり、シャッターを押した時にレンズの前を木の葉が左右に振れ、フィルターを付けたような写真(少しブレています)になってしまいました。
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -173-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
ポチっと応援、いつもありがとうございます

2012年9月19日 (水)

白鷺 (2)

9月18日(火)

Img_2207
水辺の鳥を見たくて今日もまた近くの池に行ってきましたがカワセミはチラッと姿を見せただけで直ぐ姿を消してしまった。このカワセミ、嘴の下の色が違うので雌?かもしれない。先日のカワセミ君は雄なので同じ鳥ではないらしい。お目当てのセイタカシギは見ることは出来ず今日も白鷺をパチリ。

Img_1538
白鷺の写真が続いたのでコメント欄は閉じさせていただきましたが、「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -172-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
ポチっと応援、いつもありがとうございます。

Img_2088 Img_1817

2012年9月17日 (月)

最後の朝顔

9月17日(月)
今年もグリーンカーテンとして植えたプランターのアサガオ、6月に当地方を襲った台風4号の影響をモロに受け、伸び始めた蔓も殆ど枯れてしまい半ば諦めていたが何とか枯れることだけは免れた。
それでもアサガオ用のネットの隙間を埋め尽くすまでには至らず向こう側が丸見え、グリーンカーテンの役目を果すことは無かったが、初夏の頃から数は少ないながらも毎朝美しい花を咲かせてくれました。その朝顔も季節の移り変わりと共にめっきりと花が少なくなってきた。
Img_8524
毎朝雨戸を開ける時の楽しみに「今朝は幾つ咲いたかな?・・・」があります。今月に入ってからは葉の落葉と比例するように花の数も減ってきたが今朝はとうとう2輪咲いただけ、ほかに蕾も見当たらないのでこれが最後かもしれない。
陽がかなり高くなってからの撮影で花の色・艶もあまり芳しくありませんがこれが今年の見納めになるのかも・・・と遅まきながらパチリ。
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -171-
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
ポチっと応援、いつも本当にありがとうございます。

2012年9月15日 (土)

白鷺

9月15日(土)
四日前、市内の池で久々カワセミに出会い数ショット撮り、前回のブログにもアップしましたが、自宅から池まで近いこともあり、それ以来カワセミ君に会いたくて池へは今日まで続けて行ってきました。
それでもカワセミには毎日出会えるわけではなく、そんな時には水辺に集まる様々な野鳥を観察したり写真に収めています。

Img_2184
その中でも大きくて目立つ鳥は白鷺です。鷺の前に大・中・小の名前が付く白鷺や、アマサギ・アオサギなど多く見ることができる。
上の写真は、足は黒色だが足指が黄色いのでコサギかな?小魚をゲットしたところをパチリ。下は失敗して残念そうなコサギ?一番下は獲物を狙うチュウサギ?

Img_1955
隠れて観察しているとこれがなかなか面白い、無数の小魚が群れを成して泳ぎ回っているが水深が浅い上、白い大きな体が魚から目立つのかなかなかゲットできない。先日のドジなカワセミ君よりは打率が高い様に思えるが失敗もかなりある。
石や葦の根元などに逃げ込んだ獲物を片足で小刻みに震わせながらその付近を弄り、魚や蟹などを追い出しパッと捕まえることもあり、3割バッター級のかなりの好打者とみた。

Img_2210
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -170-
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
ポチっと応援、いつもありがとうございます。

2012年9月13日 (木)

動く宝石 翡翠(カワセミ)

9月12日(水)
「ソングバード」さんのブログを拝見し、セイタカシギの美しさに魅せられセイタカシギを求めて双眼鏡片手に天竜川河口や遠州灘海浜公園を回ってきたが残念ながら水辺の野鳥を見つけることは出来なかった。

それならばと市内の池へと出かけてみた。目指すセイタカシギは居なかったがアオサギに大小の白鷺、イソシギやケリ、それにタシギ、ヨシゴイ?シロチドリの様なコチドリの様な?野鳥を観察しカメラに収めることが出来た。ヨシゴイ?シロチドリ?は初めて、そのほかは全て鳥博士さんに教えて頂いた野鳥ばかり。

Img_1365
葦の切れ間からこれ等の野鳥を観察している時、近くであの美しい鳥、カワセミを発見。気付かれないように潜んでいると浅瀬にいる無数の小魚めがけて盛んにダイビングを繰り返すがなかなかゲット出来ない。見ている前でゲットの確立は1割ぐらいか。
嘴の色から雄と思われるが、魚獲りにこれだけ失敗するとは・・・今までにもカワセミ撮影は何度か体験しているが1割バッターである。未だ幼い鳥なのか水深が浅すぎて難しいのか、はたまたこのカワセミ君がドジなのか・・・
自分には分かリませんが、とにかく見ているだけで退屈しない

Img_1413
河口近くまで出掛けなくても近場にこんな良い所があるとは。野鳥の会発行のバードウォッチングガイドにもこの池は掲載されており、何時かはセイタカシギに出合える事を期待してこれからは此処へ時々出かけてみることにした。
セイタカシギ、
図鑑では夏鳥または留鳥となっていますが。。。(写真はクリックで拡大されます)

Img_13381 Img_1422

「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -169-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
ポチっと応援、いつもありがとうございます。

2012年9月11日 (火)

JRさわやかウォーキング 菊川田んぼアート

9月11日(火)
9日(日)JR東海さわやかウォーキング「菊川どんと来い元気祭りと田んぼアート鑑賞ウォーク」に妻とふたりで参加してきました。コースは菊川駅をスタートし同駅に戻る15km。

このコースはJR東海の定番コースで自分達二人組もほぼ毎年参加しています。お目当ては20年から始められた田んぼアート。全国紙上に掲載されるような大規模なものではありませんが、クレーン車に乗せて貰い高い所から田んぼに描かれた模様を眺めるのです。
高所恐怖症の自分ですが、先週参加したコースの様に全長220m、渡り板2枚だけで対向者が来る度にグラグラ揺れ、下が丸見えの大井川を吊橋で渡る事を思えばアートの出来栄えを見たい一心で何とか我慢は出来ます。


Img_1244
今年のデザインは9種類もの稲を使った「マジンガーZ」、種類によっては稲穂に未だお米の花が咲いているものもある。
会場にはクレーン車に乗らない人のため、予めラジコンヘリで撮影した写真が掲載されており(下写真)、その全容を知ることが出来る。今年もなかなかの出来栄えである、クレーンが上がり自分の眼で確かめましたが、掲載写真とは微妙に違うように思った。クレーンの高さがもう少し高けれればバッチリなのに・・・と、チョッピリ勿体無い気がした。見る角度により微妙に変る田んぼアート、設計はかなり難しいのでしょうね。

Img_1256

今日のコースは全長15kmと、JR東海のウォーキングコースとしては長い方の部類に入り、しかもかなり暑かったこともあって、参加者が目前で救急車に搬送される場面を2度も見た、熱中症なのかもしれない。軽度で済めばよいのですが・・・

Img_1269_2 Img_1261

腰から来る足痛から随分と回復し、ウォーキングイベントの参加は先週に引き続き2度目となった。先週はアップダウンの繰り返す山道の9kmコース、今週は平坦地だが暑い中を15km歩くことが出来ましたが、今回も幸いにも足の痛みも無く先ずは一安心でした。
今日の万歩計歩数は自宅より24.076歩、猛暑の中、何とか歩けたことは足の故障もほぼ回復したのかもしれません。でも、油断は禁物ですね~
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -168ー
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
ポチっと応援、いつもありがとうございます。



2012年9月 9日 (日)

公園の花

9月8日(土)
自宅からあまり遠くない公園へ出かけてみた。今の時期、花壇に咲く花以外咲いている花は流石に少ない。
野鳥のシーズンには早いのかもしれないが何か居るかな?と広い園内を探してみたがヒヨドリにムクドリは賑やかですがそのほかはサッパリ。 シジュウカラがチラリと見えたが持参したのは70200mmの望遠ズームだけ、このレンズ、明るくて良いのですが流石に200mmでは短い。 シジュウカラは諦めて咲いていたフヨウ?をパチリ。雄蕊の先端が曲がっているのでフヨウかと思いますが・・・ムクゲとフヨウの違いが未だによくわかりません。

Img_1202
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -167-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村

ポチっと何時も応援ありがとうございます。

2012年9月 7日 (金)

シラタマホシクサ(白玉星草)

9月6日(木)
毎年この時期には現役時代の知人で南アルプスをこよなく愛する登山家でもあるハイアマチュアのカメラマンT氏とその仲間の写真展が県立森林公園ビジターセンターで開かれる。
今朝の静岡新聞地方版にも写真入りで紹介され、自分も案内のハガキを頂戴している。今年もまた、写真友達でもある友人S氏を誘い妻と3人で出かけてきました。
出展作品も、南アルプスの風景が全て、今年の作品も北岳から真っ赤に染まった富士山、冠雪した南アルプスの山頂に当たる朝日等々・・・その迫力ある雄大な写真に圧倒されました。

会場には地元TV局のカメラマンとレポーターの女性が取材に来場していた、カメラマンに展示作品を撮影する時のガラス反射防止について質問したところ、宜しければ・・・と、インタビューの要請をされたが勿論即OK。自分達3人と居合わせた女性と共にインタビューを受けた。
自分はTV取材運が良く現役時代に1度、旧東海道を歩いたときにはNHKBSの「テクテク旅」に出演中の元サッカー日本代表岩本選手と、河口湖畔ではTBS・TVに、一作年は緑のサクラ御衣黄を撮りに出かけ地元NHKTVのインタビューを受け即日放映され多くの知人からTELを貰った。今日の放映は18時と23時の2回、りピート放送もあり何人か見てくれたかもしれない。

Img_1171
写真展が開催されている県営公園ではこの時期、シラタマホシクサが開花しており写真展鑑賞後、今年も3人で見に行ってきました。
球形で径68ミリメートルの小さな花ですが、湿地に群生する様は実に可憐で美しい。愛知県の葦毛湿原が群生地として知られています。シラタマホシクサとオオバギボウシ?をパチリ。

Img_1179
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -166-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
ポチっと応援ありがとうございました。

Img_1181

2012年9月 5日 (水)

マリンスポーツ

9月4日(火)
家の周りの田んぼでも秋の風物詩、稲刈りが始まりコンバインの軽快な音が聞こえてくる様になりました。朝夕の凌ぎやすさから季節の変わり目を感じることはあっても日中は依然として暑い日が続いています。
「バードソング」さんのブログで紹介されているような岸辺の野鳥を求めて天竜川の河口方面へと双眼鏡持参で行ってきましたが鳥らしきものはカラスだけ。

Img_1150
野鳥は居なかったが河口付近ではウインドサーフィンやパラグライダーにとサーフボートを付けた様なような乗り物?を楽しんでいた。
暫く眺めていたが実に鮮やかなものである、風もかなりあれど風の向きなどお構いなし、右や左そして方向転換など自由自在に波しぶきを上げて疾走している

マリンスポーツ、動力で動くもの、風や波を利用するもの様々である。自分たちの若い頃にはプールも無く、赤い6尺ふんどしひとつで海や川等、何処でも泳いだものですが隔世の感を否応でも実感させられました。

Img_1105
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下の「にほんブログ村」の文字に応援の一票を「ポチっ!」と、お願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -165ー
↓ ↓ ↓


にほんブログ村

ポチっと応援ありがとうございました。

SL列車で行く大井川塩郷吊橋ウォーク・・・

9月3日(月)
昨日は久々にJR東海と大井川鐵道共催のウォーキングイベント「SL列車で行く大井川塩郷吊橋ウォーク・・・」に夫婦で参加してきました。
6月に腰痛が原因の「腰部脊柱管狭窄症」を発病、ドクターから長い距離のウォーキングは控えるように伝えられた事もあってそれ以来、日課のゆっくり歩く34kmのお散歩ウォーキング以外は全く歩いていなかった。

嬉しいことに最近では通院も隔日になり、足の痛みもほぼ無くなってきたので、短い距離のイベントならば参加してみたいとも思っていたところです。JRや私鉄のイベントならば、事前の申し込み不要、スタート時間も自由なフリーウォークであり、自分本位のゆっくりした歩きをしても構わないのがその理由のひとつです。
JR東海のパンフを見たところ2日(日)に金谷駅から大井川鐵道のSLに乗車して大井川付近を歩くコースがあり距離も9kmと短い、それに久しぶりのSLにも乗ってみたくなり、参加してみたいと一応予定はしていた。

Img_1_2 Img_2_2
朝のうち天気がいまひとつハッキリせず雷注意報も発令されているので躊躇していたが晴れ間も見えてきたので参加を決定。
大井川鐵道、通称大鐵は
SLが平日でも常時走行していること、山間部のアブト式車両や元近鉄特急や南海特急の車両が現役で活躍していることで知られ、鉄道ファンならずとも人気のある地方鉄道です。
今日は臨時の
SL列車「さわやかウォーキング号」が運行されており、通常往復運賃3.530円が2.000円と割安でしかも座席の予約も不要と良いことずくめである。

Img_3 Img_4

7両編成の客車は発車時にはほぼ満席近くと、この企画の人気のほどが分かる、途中、大井川に架かる長さ220メートル、塩郷の吊橋などを眺めながら大井川に沿うように走りスタート地「下泉駅」到着。

Img_5 Img_6

大勢の参加者と共に大井川を渡り、列車が走る反対側を川下方面に向かってアップダウンの続く山道を歩く。心配していた雨や雷も無く、ゴール地近くの車窓から眺めた塩郷の吊橋へ、この吊橋は生活道として現役で使用されていると説明がありましたが220メートルの長さは長い、しかもつり橋の真ん中に2枚の板が並べてあるだけで対向者が来る度にかなり揺れる、下を見れば大井川が・・・高所恐怖症の自分にはいささか長く怖い思いをした。

怖かった吊橋を漸く渡り終えゴール地である塩郷駅到着。帰りはダイヤどおり運行されているSL列車に乗車し帰宅の途につきました。今までこの鉄道のSLには23度乗車したことがありますが往復SLは初めてである。

Img_7 Img_09508

久しぶり参加のウォーキングイベント、このコースは過去にも歩いたことがあり距離が9kmと短いので安易に思っていたが、自分の記憶違いで全く初めてのコース。平坦な道は殆ど無くアップダウンの繰り返しで病み上がり状態の自分としてはかなり疲れた。
それでも一夜寝た今日、ふくらはぎに軽い筋肉痛を感じる以外異常は無く先ずは一安心でした。これからも短い距離を選んで少しずつ参加回数を増やして行きたいと思った。
自宅からの万歩計歩数20.018歩 (写真はクリックで拡大されます)

「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票よろしくお願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 
-164-
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援ありがとうございます。

2012年9月 1日 (土)

満月

9月1日(土)

Img_0740
中秋の名月は930日ですが、昨夜は見事な満月だった。
昨夜の月齢は15ではないが満月だと言う、十五夜は満月の日に近い日であるが、必ずしも一致するものではなく、むしろ異なる場合の方が多いとか。詳しい事は分からないが、夜空に輝く月を眺めれば日中の暑さも忘れてしまいそうです。

日中は未だ未だ猛暑でも、煌々と照らす満月を眺め、草叢で鳴く虫の声に秋を感じました。
カメラに400mmレンズ+1.4倍のテレコンを装着してパチリ、少しトリミングしてあります。サーファーは一昨日の30日に撮影したものです(テレコン無し同レンズ使用)

「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。下のデジタル写真(にほんブログ村)のアイコンに応援の一票よろしくお願い致します。「ポチっ!」、これが大きな励みになります。 -163-
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援ありがとうございます。

Img_08662

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »