2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« ひまわり | トップページ | 三ケ日花火大会 »

2012年8月 4日 (土)

湖岸の野鳥

8月3日(金)
今春から始めた野鳥撮影、ウデが伴わないのでなかなか上手くいかないまま真夏になってしまった。それでもサンコウチョウや、オオルリ、キビタキにヤマガラ等バードウォッチャーに人気の高い綺麗な野鳥も何とかカメラに収めることは出来たのは大収穫でした。
夏は鳥枯れの季節とも言われ今まで出かけていた地域でも野鳥がめっきりと減ってしまった。何処へ行ってしまったのか分からないが暑い季節は山深く奥地へと移動しているのかもしれない。

Img_9773
「日本野鳥の会・遠江」発行のバードウォッチングガイドでも夏季におススメのところは殆ど無い。唯一記載されている浜名湖畔・村櫛海岸では群れたアオバトが多い時には150羽、200羽と日に数度海水を飲みにやってくるのが見られると書かれている。浜名湖の水は海水と同じである、アオバトは塩水を飲むのであろうか、この鳥も勿論見たことはない、日に数回現れるならば見ることは可能かもしれない。暑いときであるが出かけてみることに。

Img_9701

此処のところ腰の調子も良く痛みも随分減った、しかし暑いときでもあり、無理をしてはいけないとガイドブックに記された駐車場に車を置き、麦藁帽の下には手拭を被り、に首には保冷タオル。冷たいお茶にウォーキングシューズを履き浜名湖周遊自転車道をゆっくりと歩いた。

波打ち際に沿って造られた周遊道はコンクリート舗装で湖上を渡る風は心地好いが、遮る樹木が全く無いのでとにかく暑い。目指すアオバトは残念ながら姿を見せてはくれなかった、暑さも厳しく熱中症も怖いので、アオバトの現れるのを待つ気分には到底なれない、せめて樹木の1本でもあれば腰を下ろして待つのですが。。。

Img_9725 Img_9738

波打ち際のシギ?と養鰻池でかなり大型のカイツブリ?らしき野鳥をパチリ。野鳥図鑑で調べたもののイソシギではないらしく、眼の赤い鳥はバンでもなさそう・・・。知っていたのは飛翔中のアオサギだけでした。
-150-  (小さい写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。応援の一票、宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援ありがとうございます。

« ひまわり | トップページ | 三ケ日花火大会 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

腰の調子も回復ぎみなると気分的にも行動範囲が自然と大きくなります。
確かにこの猛暑の中では鳥たちの姿もあまり見当たりませんね。
浜名湖畔の涼しい風を受けながら麦藁帽子に手ぬぐいをかぶり、ジッと待っているcountryさんの姿が想像されます。

暑中お見舞い申し上げます。

暑い夏にとっても涼しそうな、水辺の鳥さん達ですね。

腰痛の方も大分良くなられたようで、良かったですね。
お大事になさって下さいませ。

いつも美しい写真を拝見させていただいてます。
鳥さん 涼しげでいいですね
最近暑くてたまらない日々が続いてますけど お体 大事にしてください

鳥も暑いと出てこないのでしょうか?
水にいる鳥たちは涼しげですが。

今日はブログ村のバナーの場所がいつもと違いますね。
ポチっ

あすか 様
悪い癖で少し状態が良くなればじっとしていられず出かけてしまいました。
歩く距離も短く、とにかく無理をしないを第一にと、心がけたつもりです。
幸い傷みや悪い症状も出なかったので一安心です。
養生も第一ながらトレーニングも必要・・・この辺りの兼ね合いが難しいところですね。

くーちゃん  様
コメントをありがとうございます。
お陰さまで日一日と症状も和らぎ、日常の立ち居振る舞いでは殆ど違和感や痛みも無くなってきました。
お散歩ウォーキングも、今までの半分以下の距離をゆっくりとリハビリを兼ねて歩いておりますが、直ぐ疲れてしまうのでウォーキングイベントなど参加は未だ未だ・・・と言ったところです。

あまなつ 様
鳥枯れの時期と言われておりますが、湖岸の野鳥を何とか撮ることが出来ました。
暑さも未だ未だこれからだと思っております。
お互いに暑さに負けず頑張っていきましょう。

ジャランこ 様
水辺の鳥たちは元気でしたが、山に棲む鳥たちは何故か姿を消してしまい寂しい限りです。
「日本ブログ村」のバナー位置、こちらのミス設定です。
送信前に確認をしてから「保存」ボタンを押すのですが・・・
そのように行ったつもりなのですが、暑さのせいでしょうか。早速訂正いたしました、申し訳ありませんでした。

今日は台風の影響か少し風が強く、いつもよりはしのぎやすそうでしたが
浜名湖畔は暑そうですね。  鳥にとってもやはり暑さは堪えるでしょう。
しかし、生きていくためには活動しなくてはならなということで、
自然はきびしいですね。
こちらが、先に参ってしまわないように、水分補給と休養を。

腰の具合 いかがでしょうか?
 
鳥の飛んでいく姿が 本当に涼しそうに見えます。
待っていたcountry walkerさんは さぞ暑かったことでしょう
鳥もきっと暑くて 涼しい山の中に移動したのかな?
わが家の周りでは 早朝 カッコウがないていたり 先日は珍しく
『ホ~ホケキョ!!』と聴こえてきたので 思わず 足を止め探しました。
富士山麓は 野鳥の声で 目覚められます(*^_^*)

たかchan 様
昨日は暑くても風がかなり吹いていたので当地でも凌ぎやすい1日でした。
当日も、湖岸なので風はありましたが木陰が全く無く炎天下の探鳥はきつかったです。
今日は三ケ日の花火大会です。これは夕方なので納涼を兼ねて出かけてみるつもりです。

みるくぱん 様
お陰さまで日に日に症状が軽くなってくるのが分かります。でも無理は出来ない事と、少し歩くと直ぐ疲れてしまうので毎日2~3kmぐらいをゆっくりと歩いています。
暑い時期はこのペースで好いかな・・・と思っています。
ウグイスやカッコウの声が聞こえる、素晴しい環境ですね~ 
富士山麓の爽やかな環境が目に浮かびます。

浜名湖は海水と同じなんですね。一つ知識が増えました。
涼しげな写真ありがとうございます。
1枚目の写真は水がとってもキレイですね。動く水面とそこにとどまる鳥、本当に涼しげです。
鳥が羽ばたいている瞬間も、素敵に撮られていますね。
生き物対象の写真は待ち時間があり、夏は(も?)大変でしょうね。
その成果を簡単に拝見させていただき感謝です。熱中症にはくれぐれもご注意を。

こんばんは。
鳥枯れの中、頑張ってこられましたね。
夏は、本当に山にでもこもらないと、何もいませんね。
1・2枚目は、ちょっとコントラストが強くて分かりにくいのですが、キアシシギだと思います。(シギ類は見分けがつきにくいですね)
最後から2枚目の赤い目の鳥は、オオバンです。
公園などでもよく見られますよ。

walkerZ 様
浜名湖、大昔は淡水で京都から遠い湖なので遠淡海(とほつあはうみ)と呼ばれ遠江国となり、京都に近い湖が琵琶湖であ、こちらは近淡海(ちかつあはうみ)で近江国となったそうです。
それが約500年前の大地震で浜名湖と海が繋がり今では海水の湖になりました。

ソングバード 様
早速名前を教えて頂きありがとうございました。
キアシシギですか、忘れないように早速写真の横に書き込みました。もうひとつはオオバンですか、前にオオバンを撮り「ソングバード」さんに教えて頂いたのですが、その時は陸上に居てニワトリの様に餌を啄んでいたのと、足もニワトリ状に見えたのです。今回は水に浮かんでおり水鳥ならばカモの様な水掻きなのでは?など勝手に思い込んでしまいましたが、図鑑で足の形や説明文を読んで全て納得です。
キアシシギは撮れましたがとにかく暑かったです、日陰が全く無いのが一番堪えました。涼しくなるまで一服です、その時期になればどの様な野鳥が見られるのかまた教えて下さい。
何時もの事ながら本当にありがとうございました。これからも宜しくご指導の程宜しくお願い致します。

ウオーク仲間の「鳥大好きさん」も、最近写真を撮っていないと話していました。
熱中症が怖いからなるべく出歩かないようにしているとのことで
一休みしているようですよ。

ただ8月下旬に軽井沢の方に鳥の写真を撮るため出かけると言っていました。
浜名湖 最近行っていないので又出かけて見たいですね~!

セロリさん 様
鳥撮りのベテランの皆様も一休みなのですね。
一年を通して経験を積めば多少分かってくるかもしれませんが、自分は新人で様子が全く分からず困っています。

軽井沢、涼しいので野鳥も避暑に行っているのかもしれません(笑)
浜名湖、思い出されたときにまたお出かけ下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湖岸の野鳥:

« ひまわり | トップページ | 三ケ日花火大会 »