2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« コアジサシ | トップページ | 高校野球県予選 »

2012年7月 7日 (土)

コアジサシ(Ⅱ)

7月5日(木)
最近すっかり面白くなってハマってしまった野鳥撮り。ウデは相変わらずのヘボの域を脱していませんが先日は近くの池で「コアジサシ」のダイビングシーンを「まぐれ」でも写すことが出来た。でも、その時の「コアジサシ」は魚をゲットすることが出来ず所謂「空振り」でした。

Img_8474

何とかあのシーンをもう一度、今度は魚を銜えた瞬間を撮ってみたいものだと再度出かけてみた。
時折青空も見られるが風が強く池の水面にはかなりの波があり、目指す「コアジサシ」は池の上空をしきりに旋回すれどもダイビングの回数が少ない。水面が波立って魚が見難いのかな・・・と、シロートながら想像したが理由は分からない。
少し離れた杭の上に一羽の「コアジサシ」が留まっており、時々もう一羽が寄ってくる。巣立ち前の雛鳥に給餌中の親子なのかもしれない。
池の周囲の遊歩道をゆっくりと、なるべく警戒されないように腰を屈めて近づいてみた。ブッシュの陰からそお~っと覗いて見れば、杭に留まった「コアジサシ」に時折もう一羽の鳥がやってきて小魚を与えている。

Img_8480

鳥撮り名人の「ソングバード」さんのブログではカップル成立前の雄から雌へのプレゼントの記事が掲載されていたが、まさにこの状態なのかもしれない。
不漁なのか、小魚を運んでくる回数は早くて30分に一度ぐらい。目立たない様、木陰にカメラをセットした状態で待つこと1時間、この間に2回このシーンを見たがやがて杭に居た「コアジサシ」は飛び立ち、再び戻ってくることはありませんでした。
プレゼントの瞬間がハッキリせずイマイチのショットですが、野鳥撮り1年目の自分としては良い機会に出合えたことで満足しております。

Img_8448 Img_8496

帰りに池上空を悠々と飛ぶ「アオサギ」をパチリ。今日の「コアジサシ」の様に杭に留まっていたり、この「アオサギ」の如くゆっくりと飛翔してくれたなら自分でも何とかなるのですが・・・
-137- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

« コアジサシ | トップページ | 高校野球県予選 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

ちょっとご無沙汰してるうちに、たくさん撮ってこられましたね。
始めて間もない鳥写真とは思えないくらい綺麗に撮れてますよ。
こんないいフィールドをお持ちなら、これからも楽しみですね。
オオタカやミサゴなども見れるかもしれませんよ。
餌をあげてるシーンは、まさに雄から雌への給仕行動です。
↓の飛び物もよく撮れてますね。
空をバックの露出もばっちりだと思います。

country walkerさんがブッシュのかげから息をひそめて
コアジサシを見ている姿を想像して
思わず息をひそめて拝見しちゃいました。

1時間もお疲れ様でした。

鳥のお写真素敵ですね。
一枚目の飛ぶコアジサシの姿が美しいです。
花も難しいですが、鳥の撮影は根気が要りますね。
これからも楽しみにしています。

ソングバード 様
鳥撮り名人の「ソングバード」さんから過分のコメント、本当にありがとうございます。
今年から始めた野鳥撮り、「ソングバード」さんから何かとご指導・助言を頂き、難しいながらも野鳥撮りの楽しさを知りました。二羽の「コアジサシ」はやはり給餌行動なのですね。
今日もこの池に出かけましたが風が強いこと、大雨の影響で水が濁っており撮影は諦めて山手の林道に行ってきました。
サンコウチョウは雛が数羽、親鳥と共に確認できましたが、位置が高すぎて写真にはなりませんでした。
現地で一緒になった女性カメラマンはオオルリも撮れたよ・・・と写真を見せてくれましたが沢が増水して30cm以上あり、通常の長靴では行けないことを聞き、諦めました。

akiko21 様
そうです。息を殺してブッシュの陰から鳥を待つ・・・なかなか根気が要る状況です。
通常の生活では自分はそれほど気の長い性格でないのですが・・・
好きなればこそ、なのでしょうね。

あめぶる 様
ありがとうございます。
野鳥等、動くものは何時来るのか、どの様に動くのか予測がつかないので
習性を熟知したベテランならともかく、鳥撮1年生のシロートにはなかなか難しいです。
しかし、ウデは悪くてもカメラ機能を頼りに「下手な鉄砲も数打てば・・・」で頑張りたいと思っています。

カメラ、野鳥に関して素人の私が言うのも変ですが、
たいへん野鳥撮りが上達しているように見受けられます。
野鳥の日常生活というか、生きている様子が感じられるショットだと思います。
これからも、楽しみにしています。

愛情 溢れるカット、良く撮れましたですね〜。根気が必要ですね。

「良い写真を・・・」のお気持ちが伝わってきますよ。
また、そうした写真を見せていただき、ありがとうございます。

あおさぎの飛行シーンは見ていてとても気持ちの良いものです。

たかchan 様
野鳥の生態、偶然です。
鳥がダイビングして餌を獲る瞬間が撮れたなら・・・そんな気持ちで出かけたのですが・・・
写真は未だ未だヘボの域を脱しておりませんが、好きなのでこれからも色々なシーンが(野鳥に限らず)撮れたならいいな・・・と思っております。

くーちゃん 様
出来れば餌のプレゼントの瞬間に、両方の鳥の顔が見える場面を撮りたかったのですが、初めてのことなのでまずまず満足しています。
家からも近いところにあり、もう暫くはこの池でも「コアジサシ」は見られそうなのでまた出かけてみたいと思っております。

うあ~。すごいショット撮りましたね。1枚目の写真を見たとき、よくぞ写真に収めたな~と思いました。
2枚目の写真には、「コアジサシ」のくちばしには、小魚?がばっちり映っていますね。
野鳥1年目とは思えないお写真です。

遅れてすみません。
鳥の撮影は絶えずレンズが空へ向いていますので露出が大変そう!
スポットですか? 補正は?とか疑問だらけ。
でもcountryさん 日に日に上達(失礼をお許し)が良く解ります。

仲睦まじいショットですね!

コアジサシの生態もこうして教えていただき、
勉強になります。

研究熱心で、待ちもいとわないcountry walkerさん、
これからのお写真も楽しみにしています。

walkerZ 様
ありがとうございます。1枚目と2枚目の写真は連続して撮ったものです。同じシーンなので1枚目も小魚を銜えているのですがよく見えませんね、これがハッキリ見えればよかったのですが・・・
それと受ける鳥の顔や眼が見えれば満点なのですが、なかなかそうはいきません。でも自分では満足です。

あすか 様
ありがとうございます。水面が光って明るいので僅かにプラスに補正してあります。
測距エリアは通常では1点AFですがこの場合は領域拡大AFモードで撮りました。
自分は右目の視力がかなり悪いので皆さんの様に、片方の目で被写体を見てもう一方の目でファインダーを覗くことが出来ないので対応が遅れがちになります。
ファインダーだけでは無理なので照準器と連写機能が頼りです。

とほ娘 様
野鳥撮影、今年から始めたばかりの初心者で、鳥の習性や生態もよく分からず、皆さんに教えて頂きながらの撮影です。
難しいですがその反面、何とか撮ることができた時の喜びも大きいものです。これからも下手な写真を撮り続けますが御笑覧頂ければ幸いです。

鳥類を撮影するには粘りが大切ですね
ぼくには到底むりです

美しい鳥の姿が拝見できました ありがとうございます

あまなつ 様
野鳥撮り、昔夢中になっていた魚釣りに似ているなぁ・・・と思いました。
気は長い方では無く、店屋で並ぶのは大嫌い、床屋へ行っても直ぐ出来ないなら次の日に出直し、次の日が駄目なら電話をかけて確認してから行く程、待つのは大嫌いなのですが不思議なものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コアジサシ(Ⅱ):

« コアジサシ | トップページ | 高校野球県予選 »