2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

水模様

7月31日(火)
毎日暑い、数日前までは今年は比較的涼しいと思っていたが此処にきて急に暑くなった。
節電、節電と今まで扇風機だけで過ごしてきたが、昨夜は就寝までの数時間エアコンのスイッチをONに、今年初めての使用である。それでもオリンピックの中継を観て寝る頃には温度も下がりエアコンはOFFに、この辺が田舎暮らし故なのか田んぼクーラーのありがたいところです。

Img_9645
今年も「姫街道未来塾」から第4回検定の資料が送られてきました。来年度も挑戦してみるつもりで下調べの為、少し離れた姫街道筋のお寺まで行ってきた。お寺の池の水紋が美しく思わずパチリ。
旅館の露天風呂ほどの人工池ですが、レンズを通して見た水面と肉眼で見た水の表情の違い、ちょっとした風の具合で水模様がペイズリー柄であったり絵の様でもあり、次々と万華鏡の如く様々な模様に変わるのが面白かった

Img_9646
-148-
「日本ブログ村、デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。応援の一票、宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援ありがとうございます。

2012年7月29日 (日)

サギソウ

7月29日(日)
4日前に一輪開花したサギソウが随分と咲いてきた。今朝は日の出直後の低い角度の柔らかい光で撮ってみたいと早起きして見れば曇り。

Img_8232
以前、カメラメーカーのフォトサークルにサギソウを投稿したところ、プロの写真家から「白飛びに気を付けて、花の周囲の縁取りが輝くように撮ってみなさい」と、アドバイスを頂いた。
毎年、光の方向を変え色々な条件の下で写してみるがこれがなかなか難しく、その後何度か投稿していますがあまり上手く行かないのが現状です。

Img_8253

早朝の曇り空の下でパチリ。サギソウが続きましたので今日のコメント欄は閉じさせていただきました。「日本ブログ村」、応援の一票は宜しくお願い致します。
-147-
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月27日 (金)

鷺草開花

7月27日(金)
大好きな白い花、サギ草が咲いた。4年前、園芸好きの友人から戴いた二つの鉢を妻が毎年少しずつ増やして大小6鉢になりました。

例年7月下旬頃、白い可憐な花を咲かせてくれる。県西部では今年6月に台風4号の塩害をまともに受け、我家でも庭木や発芽直後のグリーンカーテン用のアサガオが随分と被害に遭った。その後遺症かアサガオは毎朝綺麗な花を咲かせてくれるが蔓が一向に延びず、未だグリーカーテンの役目を果たしていない。
サギ草も丁度その頃花芽が出始めた時なので心配していたがその後順調に花芽が伸びてきて、開花を今か今かと楽しみにしていたところです。

Img_8162_2
白鷺が羽根を広げて飛んでいる姿に似ているところからこの名が付けられたという鷺草。白く繊細な花の形が本当に美しい、寒い時期の梅から咲き始まる我家の花々、どの花も皆愛おしく大好きですが、このサギ草がなんと言っても一番好きな花です。

Img_82161

白い花なので背景を暗くすれば何とか写真になりますが、毎年花の縁取りが輝くようにと逆光で撮ったり試行錯誤の連続です。でもなかなか上手くいかないのが現実です。
今朝割いたばかりのサギ草と朝の水遣りで濡れたアサガオも一緒にパチリ。

Img_8225_2
-146-  
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月25日 (水)

お米の花

7月24日(火)
持病である腰痛の影響で神経が圧迫され、右足に痛みが出て現在通院中の身となってしまった。ウォーキングイベントへの参加や長い距離を歩くことは医師からストップがかかり、早朝のお散歩ウォーキングも1回のみで歩く距離も253km程度と短い。 日常生活に支障がでるほどの状態でもなく、まあ仕方ないか・・・暑いこの時期、天が与えてくれた休養と思っている、今日も堤防上の短い距離をゆっくりと歩いてきた。

Img_8122 Img_7999

堤防から見下ろす田んぼは青々と稲が成長し、早く歩けないもどかしさはあるが立ち止まって周囲を見渡した時、青田を渡ってくる風が実に心地好い。
目を凝らして見れば田植えの早かった田んぼでは早くも稲穂が出ている。稲穂が出たのであれば花も咲いているかも知れない・・・堤防を下りて近づいて見れば小さなお米の花が沢山咲いているではないか。
帰宅後、カメラを持って花の咲く田圃まで戻りお米の花をパチリ。甘い香りがすると何かで読んだ記憶があるが匂いは分からなかった。

Img_8159 Img_8153

帰り道に畑の横に咲く百日紅と、花びらの色が変わる花期の長い夏の花、ランタナもあわせてパチリ。
-145-  (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村

「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月23日 (月)

小さな訪問者

7月22日(日)
梅雨明け宣言がされてかからの天候が変だ。大雨はないが梅雨に逆戻りしたような天気が続き、しかも気温が低い。

5月頃から咲き続けている鉢植えのバラ・チャールストン。数年前に園芸好きで写真仲間の友人から一鉢戴いたものですが花期が長いこと、花の色が黄色から赤く変わってくることの珍しさもあり、お気に入りの鉢花である。

Img_8106
綺麗に咲いた花の中に小さな訪問者を見つけた。小さな雨蛙です、自宅周辺は長閑な田園地帯であり、すぐ脇には小川も流れている。庭で蛙は珍しくないが黄色の花の中にチョコンと座りじっとしている姿が可愛らしく急いでカメラを持ち出しパチリ。
蛙の緑と背景が同色なので主役が目立つ様に、もう少し横から撮りたいと静かに、慎重に鉢を動かしたがピョンと逃げられてしまった。主役が引き立つようにとの配慮なのになぁ・・・

Img_9573
逃げられて蛙クンの居なくなったチャールストンと赤いバラ、近くのレンコン田に咲いていたレンコンの花もパチリ。

Img_8111Img_8119

-144-  (小さい写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月21日 (土)

万葉の森公園

7月20日(金)
地元紙である静岡新聞の遠州版に、万葉の森公園の「イワタバコ」の花が見ごろ」と報道されていた。
「イワタバコ」、ハテ?全く聞いたことの無い名前の花であり、好奇心旺盛な我が夫婦はカメラを持って早速出かけてきました。
「イワタバコ」、薄紫色の11.5cmぐらいの小さな花で傍らの説明版には古名は「やまぢさ」とされている。万葉集にも「山ぢさの 白露しげみ うらぶれて 心も深く わが恋止らず」と詠まれた柿本人麻呂の歌が載っているという。葉の形がタバコの葉に似ているところからこの様に呼ばれているらしい。葉は花に比べてかなり大きく、昔当地方でも栽培されていたタバコの葉に成程似ていると思った。


Img_8024 園内の資料館には「ムラサキ」も見ごろと書かれており「ムラサキ」の咲いている場所へ。この花は昨年も見ており、初めてではない。
名前は「ムラサキ」でも花は白く、しかも小さい、根が紫色で生薬として使用されたり紫色の染料として用いられたのがその語源とか。
江戸時代には染められた絹鉢巻にして、病気平癒の為に頭に巻く風習が生まれた(ウイキぺディアより)。そう言えば時代劇で病気の殿様が紫色の鉢巻をしたシーンを何度か見たことがある


Img_8047 園内の鉢に浮かぶ真っ赤なスイレンと夏の花、ヒマワリもパチリ。

Img_8101_3 Img_80601_4

-143-  (小さい写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月19日 (木)

ハマボウ

7月18日(水)
コメントを下さる「とほ娘」さんのブログで「ハマボウ」が咲いていることを知った。毎年、この時期になれば欠かさず海岸の群生地まで出掛けているが今年はすっかり忘れていた。5月から始めた野鳥撮りに魅せられて夢中になっていたのかもしれない。
海岸まで行かなくても市中央部の川沿いの公園にも咲いていると妻から聞き早速行ってきた。自然公園ではないので公園へ人の手で植えられたものと思われるが、本数は少ないものの木もかなり大きく既に満開である。

Img_9360
一見ハイビスカスに似た感じがしないでもないが、フヨウやムクゲにも似ていると思いませんか?

Img_9371

「ハマボウ」撮ったあと、公園横を流れる川面の表情が面白くパチリと撮ってみた。もう少し細かい表情が現れてそれを写真に表現することが出来れば・・・レンズを通して見た水面と、実際に見えた水面の表情とのギャップの面白さ。これからは水模様も意識してみたい気持ちになりました。

Img_9382 Img_9384

-142-  (写真は下の2枚のみクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます

2012年7月17日 (火)

アサガオ

7月17日(火)
今年も漸くアサガオの花が咲きました。一昨年、中部電力の「緑のカーテンキャンペーン」に応募し、送って貰った朝顔とゴウヤの種、ゴウヤは育て方が悪かったのか実も小さく種を採るまでには至らなかったが、アサガオは種を採っては保存を繰り返し、今年で3年目となった。

Img_8244

今年は種を蒔くタイミングが少し遅れたが双葉から芽が出た直後、台風の塩害を受け、芽が茶色く変色したり萎れてしまい半ば諦めておりましたが再び芽を出したものや生き返った?ものもあり、蔓がやっとネットに巻きつき始めたと思っていたところ綺麗な花が咲き始めた。
蔓の長さはまだ長いもので50cmほどのチビさんですが健気にも花を咲かすその生命力には驚くばかりです。

Img_8000
生育が遅れ、緑のカーテンの役目を果たしてくれるのか気がかりですが蕾も沢山あり、こうして花を咲かせてくれるだけでも充分満足しています。

Img_8253 Img_7167

サギソウの花芽が随分と伸びてきました。4年前、友人から頂いた二つの小鉢、妻が毎年小分けして大小6鉢になりました。昨年は今頃開花していましたが今年は台風の影響なのか花芽もやや少ない感じです、でも間もなくあの美しい白い花を咲かせてくれるものと期待しております。
-141-  (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月15日 (日)

田舎の花火大会

7月14日(土)
今日は梅雨の中休みで朝から曇り、昼は市営球場で開催された高校野球の県予選を観戦、夕方からは直ぐ近くで開催された花火大会に夕涼みを兼ねて夫婦で出かけてきました。
花火大会といっても市内の一町内が単独で開催する夏祭りに併せて打ち上げるもので、規模はそれほどではない。それでも納涼気分で田んぼのあぜ道に座り、のんびりと今年初めての花火を眺めるのは悪くない。

暗い畦道で眺める為、蚊取り線香・電動防虫マットは必須、蚊に刺され易い体質なので、ふたり共防虫スプレーもしっかり吹きつけいざ出発。
打ち上げ場所までは2km以内と近く、自宅からでも何とか見られるが写真も撮りたいので周囲に建物や電柱の無い田んぼ道で毎年見ることにしている。

Img_93171 Img_9321_2

毎年見る場所で今年も眺めることにしたが今年も周囲には誰もいない。前後左右は全て田んぼ、カエルの大合唱を聞きながらの花火見物である。
パイプ椅子や
三脚をセット、リモートスイッチとバルブ撮影になるので花火用の黒ウチワ・ペンライトを用意して打ち上げを待つ。
やがて周囲は漆黒の状態に、天気は生憎の曇りで時折上がる大玉は半分雲に隠れてしまい、些か残念であるが雨が無いだけでもマシかもしれない。

Img_9332 Img_9337

打ち上げられる花火の間隔は1分に12発とかなり間隔があり、黒ウチワでレンズ前を遮ったり離したりしても45発が限度。沢山写し込んだ物は画面からはみ出したり、煙でハッキリせずまともな写真は無かったが、これからは彼方此方で大会もあり、好天に恵まれればもう少しマシな写真も撮ることが出来るかもしれません。
ローカルな花火大会ですが、今年初の花火を楽しみました。

-140- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月11日 (水)

再会・サンコウチョウ

7月10日(火)
梅雨明け宣言が未だ発表されていませんが、今日は朝から抜けるような青空が広がっています。日課の早朝ウォーキングでは堤防上から日の出も拝むことが出来た、湿度も高くなく、爽やかな感じの実に清清しい朝を迎えることが出来ました。

台風4号直撃でも無事だったサンコウチョウとその雛たちはどうなったかな?・・・と、近くの山へ出かけてきました。最近、沢の付近ではマムシも出没すると先日聞いてきたので長靴を履き、薮蚊予防の電動アースマットに小型のウチワも忘れず持参。カメラには長いレンズと照準器を、このほか三脚は勿論、パイプ椅子に食料・水筒・双眼鏡・・・と、結構荷物も多くなります。

Img_895711Img_89052

目指すサンコウチョウは特徴のある鳴き声で直ぐに分かるが、雛が分からず近くに居たベテラン女性カメラマンに教えて頂いた。逆光と高い梢付近にいるためなかなか撮れずに焦っていたが、それでも比較的低い場所に下りてきた雄の親鳥を漸く写すことが出来ました。

アイリングが特徴のサンコウチョウ、雄は長い尾をヒラヒラさせながらも実に動きが早い、カラスやスズメの如く一ヶ所にじっとしていない。しかも暗い場所ばかり瞬間的に移動するので野鳥撮影に新米の自分には本当に難敵です。

女性カメラマンは三脚にはデジスコを、デジ一は手持ちの二刀流。撮影した写真を見せて貰ったが、雛鳥は枝被りもなくコチラ向きでお眼目バッチリのキャッチライト入り、ウーン流石!・・・と、思わず感嘆の声が出るほどの素晴しい映像でした。この時ばかりは野鳥撮りのウデの差をまざまざと感じさせられました。
「ホラ!雛があそこにいるわよ・・・」と教えて貰い急いで写すも、親鳥以上にすばしこく動き回るひな鳥、それでも何とか撮ることが出来ましたが、ひな鳥が分かるでしょうか? 何だかスズメみたいですね

Img_85303 Img_90034

帰りにコアジサシの居る池に立ち寄った。先日は68羽飛んでいたコアジサシは、今日はどうした事かたった二羽だけ、ジャンプした瞬間は撮ることが出来なかったが小魚を銜えているところ、ホバリングの瞬間をパチリ。魚を銜えて飛んでいるところはブレてしまいました。

Img_89845 Img_90126

-139- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月 9日 (月)

高校野球県予選

7月8日(日)
今年もまた高校野球の県予選が始まりました。
毎年、この時期には市営球場へは12回出かけている、猛暑といわれた昨年も観戦した。熱中症が怖いから今年は止めておこう・・・と、思っていても新聞やTVで高校野球のニュースが報道されると行きたくなるのが不思議です。

天気予報は曇りで気温もさほどでないらしい、通常ならば水筒に弁当、麦藁帽子に長袖シャツ、アイスノンその他をリュックに詰込み、首には保冷タオルと、充分な暑さ対策をして夏のウォーキングスタイルで出かけるところであるが今日は暑くないのがありがたい。

Img_8541 Img_8655

真夏の暑さ対策は不要ですが、それでも麦藁帽の下に手拭を被り、長袖シャツに、水筒やカメラをリュックに詰込み、念のため傘や合羽など雨具をリュックに入れ、通常のウォーキングスタイルで出かけました。

今日は9時開始の3試合、第一試合から昼頃までの観戦予定で出かけたが二試合とも1点差のシーソーゲーム、試合内容が面白く、球場内で弁当を買い第二試合終了まで観戦してしまった。

Img_8753 Img_8779

登場した学校は、県内外から有力選手を集めた有力校ではなく、野球には無名校であるが、ひたむきに野球に取り組む選手たちと、応援するファンや父母・OB・生徒達がひとつになってスタンドから声援を送る、そんな雰囲気の地方予選が自分は大好きなのです。

Img_8792 Img_8795

観戦した試合は面白かったが今年の写真はいまひとつ、昨年は打った瞬間のバットとボールが張り付いた状態やスチール等のクロスプレーも撮れ、特にホームベース上のクロスプレーは市が開催する秋の芸術祭・写真の部に出品し、入賞の栄誉に感激したものでした。

Img_8827 Img_8847

何時もの事ながら、一心に白球を追う球児達、選手のプレーに一喜一憂しながらも声援を送り続けるスタンド。
チャンス到来となればブラスバンドのコンバットマーチが高らかに鳴り響き、太鼓が轟く、華やかなチアガールが舞い、そして応援団長の指揮のもとメガホン揺れる学生応援団、やはり高校野球は楽しい。
-138- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月 7日 (土)

コアジサシ(Ⅱ)

7月5日(木)
最近すっかり面白くなってハマってしまった野鳥撮り。ウデは相変わらずのヘボの域を脱していませんが先日は近くの池で「コアジサシ」のダイビングシーンを「まぐれ」でも写すことが出来た。でも、その時の「コアジサシ」は魚をゲットすることが出来ず所謂「空振り」でした。

Img_8474

何とかあのシーンをもう一度、今度は魚を銜えた瞬間を撮ってみたいものだと再度出かけてみた。
時折青空も見られるが風が強く池の水面にはかなりの波があり、目指す「コアジサシ」は池の上空をしきりに旋回すれどもダイビングの回数が少ない。水面が波立って魚が見難いのかな・・・と、シロートながら想像したが理由は分からない。
少し離れた杭の上に一羽の「コアジサシ」が留まっており、時々もう一羽が寄ってくる。巣立ち前の雛鳥に給餌中の親子なのかもしれない。
池の周囲の遊歩道をゆっくりと、なるべく警戒されないように腰を屈めて近づいてみた。ブッシュの陰からそお~っと覗いて見れば、杭に留まった「コアジサシ」に時折もう一羽の鳥がやってきて小魚を与えている。

Img_8480

鳥撮り名人の「ソングバード」さんのブログではカップル成立前の雄から雌へのプレゼントの記事が掲載されていたが、まさにこの状態なのかもしれない。
不漁なのか、小魚を運んでくる回数は早くて30分に一度ぐらい。目立たない様、木陰にカメラをセットした状態で待つこと1時間、この間に2回このシーンを見たがやがて杭に居た「コアジサシ」は飛び立ち、再び戻ってくることはありませんでした。
プレゼントの瞬間がハッキリせずイマイチのショットですが、野鳥撮り1年目の自分としては良い機会に出合えたことで満足しております。

Img_8448 Img_8496

帰りに池上空を悠々と飛ぶ「アオサギ」をパチリ。今日の「コアジサシ」の様に杭に留まっていたり、この「アオサギ」の如くゆっくりと飛翔してくれたなら自分でも何とかなるのですが・・・
-137- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月 5日 (木)

コアジサシ

7月4日(水)
何時もコメントを下さり、鳥撮り名人で鳥博士である「ソングバード」さんのブログに「コアジサシ」の記事が掲載されていました。
「コアジサシ」、カモメの仲間で「アジサシ」に似ていると言われるが両方とも見た事はなく、額の部分や嘴の色、そして脚の色が違うらしいのですが、自分ではよく分かりません。両者とも名前だけは聞いたことがあるが、その名前から海鳥だと勝手に思い込んでいた。
「ソングバード」さんのブログによれば、夏鳥として日本に渡来し、海だけではなく真水の湖沼でも見ることは可能だという。しかもコロニーを形成して日本で子供を育てるとの事です。

Img_8104

あの美しいカモメの仲間が近くで見ることが出来れば・・・と、早速近くの灌漑用の池へと出かけてきました。
この灌漑用池、日本野鳥の会「遠江」が発行したガイドブックによれば、広さは10ha程のかなり大きな池であり、池の水は淡水性ですが潮の干満により水位が上下する内陸性干潟という珍しい池である。冬季には数百羽のカモ類が越冬し、これを狙うオオタカやハヤブサを目にすることも可能で、春から夏にかけては「コアジサシ」が飛来するとも書かれていた。

Img_8166

池の周囲を巡る遊歩道に上って池周辺を見渡せば・・・いるいる!数は少ないが
「コアジサシ」らしき白い鳥が池の上空を下を見ながら5羽、6羽と・・・旋回しているではないか。。。
遠くを飛んでいる時はまだしも写程距離以内ではそのスピードはかなり速く、夢中でシャッターを押すも飛び物に初挑戦の自分では「ソングバード」さんの写真の様には到底行かない、それでも下手な鉄砲も数打てば当たるかも・・・と、シャッターを押し続けた。カメラの性能が良いのか、はたまたレンズのお陰か、まぐれで数ショット撮ることが出来た。

次回はダイビングして魚をゲットした瞬間が撮れたら・・・と、思っておりますが果たして。。。(マァ無理でしょう)
「ソングバード」さんのブログは、リンク集に掲載の「さきたまの自然日記」です。

Img_8284 Img_8230

-136- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月 3日 (火)

お散歩ウォーキング  カンナ

7月3日(火)
今朝も5時前に起床して外を覗いてみた。天気予報は芳しくないが雨は未だ降っていない様だ、それではと、何時ものとおり日課の早朝ウォーキングに出かけてきました。
通常のお散歩コースには二通りあり、今日のコースは風がないので堤防コース、風が強い時には少しでも建物が多い田んぼ道を歩くことにしている。

Img_7983 Img_7953

堤防には数日前から夏の花、カンナが咲き始めており、今日はこのカンナを撮るべくマクロレンズを持参しての早朝ウォーキングです。堤防の彼方此方にはオレンジ・赤・黄色と三色のカンナが自分たちの季節到来とばかりに咲いている。

早朝ウォーキングの好いところはなんと言っても朝露でキラキラ光る草葉を眺めたり、爽やかな空気に触れながら爽快な気分で歩けることです。そして夕方開いて翌朝には萎んでしまうオシロイバナやマツヨイグサなど夜咲く花等も見られること等もあります。

Img_7961 Img_7980

堤防横の樹木の上が賑やかで、覗いて見れば巣立ち前のムクドリの親子なのかペアリング前の状態なのか二羽が盛んに囀っていた。カンナを撮るために持参していたのはマクロレンズだけ、もう少し近寄りたいところであるが逃げられては仕方がないと大急ぎで写した。
帰り際に電線に留まって盛んに囀っている名も知らぬ小鳥も写したが電線が高く、画像があまりにも小さくまた鮮明ではない、野鳥には疎い自分であり本で調べてみましたがホウジロ???でしょうか。

Img_7947 Img_7939

堤防から100mほど離れた農家の生垣に夜だけ咲くカラスウリの花が沢山咲いていたと妻から聞き、チョットだけ足を延ばして一緒にパチリ。花弁に無数の白く細いひも状になった部分は早朝といえども既に丸く縮んでいた。(鳥の写真はトリミングしてあります)
Img_7958 Img_7977

-135- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年7月 1日 (日)

遠江四十九薬師巡り

6月27日(水)
腰痛を患って以来、せいぜい15km位が限度だったウォーキング。先日、久々に178km歩いたが疲れや腰の痛みも殆ど無く、翌日も日課の早朝ウォーキングを通常通り歩くことが出来た。
寒い時期に比べ、最近は腰痛の程度も軽く調子が良い、これが178km歩けるようになってきた原因かもしれない。かつては歩く速度は早くはないものの 30 km迄は自信があったし、万歩計が6万歩を超え40km以上歩いたこともあった。

体調が良いので久しぶりで「遠江四十九薬師巡り」を再開することにした。お寺巡りが好きで県西部に存在する二つの三十三観音巡りの内、遠江33観音は3巡の99ヶ寺、遠州33観音は2巡66ヶ寺と合計5回巡拝し、四十九薬師巡り51ヶ寺院も既に一巡、今は二巡目の途中でしたが腰痛の為中断していた。

「遠江四十九薬師巡り」の起源は古い時代からと言われているが、はっきりとした記録に残されたものによれば、江戸時代中期の享保年間には薬師巡礼が盛んに行われていたとの記録があります。

今日の予定は磐田市最北部の二ヶ寺と隣接する袋井市の一寺。都会の寺院なれば街中にも多く存在するが、地方のお寺といえば山の上や山裾の奥まった所と大体相場が決まっている。体調が良くなってきたとはいえ、公共の交通機関の全く無い地域であり無理は出来ないので、今回はこの三ヶ寺とし、念のためにハイキング用の杖も用意した。

P10206751 P10206602

スタートは天竜浜名湖鉄道「敷地駅」、簡易郵便局が同居する無人駅です。4月に開通した新東名の下をくぐり、最初の訪問先33番札所の「竜源院」、通称山田薬師に向かっててくてく。
梅雨時期とはいえ今日は気温も高く無し、風あり、うす曇の絶好のウォーキング日和。周囲は一面の田園地帯で早苗が風に靡き実に心地好い、まさに薫風頬を撫でる・・・状況である。

P10206649 P10206623

最初に訪れた「竜源院」では在宅中のご住職から、お釈迦様の教えや天井に描かれた二匹の竜の「阿吽の図」と白い宝珠の
意味、そして格天井の絵などの説明を、本堂でお茶を戴きながら丁寧な説明を聞く事ができました。
次のお寺は小高い場所にあり、今度は新東名を下に見て三番目のお寺へと緩いアップダウンを繰り返しながら歩いた。

P10206684 P10206695


二番目に訪れたお寺は残念ながら住職が不在でしたが最後の「一雲斎」ではご住職が在宅で私の風体を見て、歩いて巡っていることを知った住職は「それはそれは、よくお参り下さいました」と丁寧なご挨拶を受けた。

Dc062701_2 Dc062702

今日もまた、覚束無いながらも全ての寺院で「般若心経」を唱え、住職が不在のお寺を除いて御朱印も戴きました。
ありがたい法話を聞き、お茶やお菓子を戴いた上、参拝記念の品などの接待も受け、いつもどうり巡拝後の「爽やかさ」と「心安らぐ満ち足りた感じ」を存分に味わう事が出来た薬師巡りウォーキングでした。(合掌)

14時少し廻ったところでスタート地「敷地駅」に到着。万一に備え用意してきた杖を使うことも無く、一日歩くことが出来ました。
万歩計歩数27.068歩 推定距離は189kmでした。
-134- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »