2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

アガパンサス

6月28日(木)
当地方が梅雨入り宣言されてから数日後、台風4号と5号から変わった低気圧の接近で大荒れだった日もありましたが、所謂梅雨らしからぬ天候が続いています。
抜けるような青空こそありませんが空気がカラッとして梅雨独特のジメジメした感じが少ないのです。温湿度が低いのでしょうね、これはこれで過ごしやすく、ありがたいのですが農作物などへの影響が??です。

Img_7914
今朝も日課の早朝ウォーキングに出かけてきました。田んぼの苗も随分と生長し、田植えの早かった田んぼでは離れて見れば水が見えず、一面緑に覆われている様になってきた。
堤防のサクラの葉は先日の台風の塩害で茶色に変色し見る影もありませんが、被害を免れた季節の花々は今を盛りと元気に咲き誇っています。

Img_8008

梅雨時の主役、アジサイに変わって、アガパンサスが彼方此方で爽やかな薄紫の美しい花を咲かせています。帰宅後カメラを持ってアガパンサスを撮りに出かけ、花に纏わるナミアゲハ?と一緒にパチリ。
自宅のポット植えの二つのブーゲンビリアをPCディスプレイの前に置いてパチリ。でも、これでは背景が単純過ぎますよね。

Img_88919_2



-133- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月27日 (水)

柳の下のドジョウ

6月26日(火)
台風4号と5号から変わった低気圧の接近で大荒れだった余波も治まり久しぶりで望遠レンズを持って燐市の公園へ出かけてきた。

先週の台風4号はかなり強かった、近くの家でも瓦がずれた家もあり、海からの塩害で野菜類には随分と被害が出た模様です。我家の庭木も咲き始めたナツツバキの葉が萎れ花や蕾も全滅、梅やモミジにサツキ類、生垣の樫の葉も変色して随分と落葉した。
今年もグリーンカーテンとしてプランターに種を蒔いたアサガオも微妙なところ、無事なのはマツにマキぐらいです。

Img_7738 Img_7574

公園へ行く前に天竜川へ注ぐ小河川へアユの遡上シーンを見たくて小さな落差のある滝と堰のある場所に寄ってみた。台風前までは水が少な過ぎて上れなかった若アユたち、今日は濁りは無くなったが、大雨の影響なのか水量が多過ぎて遡上シーンは見ることが出来なかった。

双眼鏡を持って河川の周囲を毎日歩いているという人に出会った、その方の話ではアユも成長し大きくなり、水量が増えた今はジャンプしなくても泳いで上ってしまうと話してくれた。そして遡上も今月限りぐらいとも言っていた、梅雨に入りこれからは水位も下がることは無い、アユは又来年のお楽しみとなった。写真は先週撮ったもので今年はたったこれだけ、昨年は一度に20匹以上ジャンプするシーンを何度か見たがシャッターチャンスを逃し、今年こそはそのシーンを、と張り切っていたのですが。。。

Img_5875 Img_5927

アユは諦めて公園へ、前々回はあの美しいブルーバード、憧れのオオルリも撮ることが出来た散策道をテクテクと歩くも聞こえるのはウグイスとヒヨドリの鳴き声だけ。公園入り口近くで巣立ち前の雛鳥に餌を与えるツバメとアオサギも先週のものです。
今年から始めた野鳥撮り、初めてなのにサンコウチョウやキビタキ、そしてオオルリも・・・今までがラッキー過ぎていた。此処のところ2回連続で空振りばかり、柳の下にいつもドジョウは居ませんでした。
Img_5912 Img_5976

-132- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月25日 (月)

えんてつバス・レールウォーク 浜北~天竜バイパス

6月23日(土)
地元の私鉄である遠州鉄道、通称えんてつが開催する「えんてつバス・レールウォーク 祝!国道152号浜北~天竜バイパス開通記念ウォーク」に夫婦で参加してきました。静岡県西部地方の私鉄である遠州鉄道がバスや鉄道を使用したウォーキングイベントです。

コースは同鉄道西鹿島駅をスタートし、国登録有形文化財に指定された天竜浜名湖鉄道二俣駅と転車台を見学し、全長1.100mの飛竜大橋を渡り、新しく開通した新東名浜松・浜北ICに接続する152号バイパス沿いのウォークと、緑溢れる緑花木センターを楽しむ約11kmのコース。

P10206241 P10206232

梅雨の中休みのうす曇りで、適度の風もありウォーキングには絶好のコンディションです。スタート地は遠鉄西鹿島駅、フリースタートでもあり自分達夫婦は少し遅い9時過ぎのスタート。
歩き始めて最初の景観地、天竜川に架かる鹿島橋を渡る。通常ならば巨岩あり清流ありの美しい風景を眺められるポイントですが台風4号と5号から変わった低気圧が通過した影響か、清流で知られる天竜川も通常より随分と茶色く濁っていた。

P10206253P10206314

国登録有形文化財指定のレトロな第三セクター天浜線二俣駅で最初の休憩。転車台の見学は9時40分から、自分たちが到着したのは10時を少し過ぎており、残念ながら見学は不可能でした。

P10206345 P10206396

この後、橋の長さ1.100m「飛竜大橋」をてくてくと歩いて、再び天竜川を渡り浜北方面へ。真新しい新東名浜松・浜北IC脇と付随のバイパスを通り、「JAとぴあ浜松 緑花木センター」で昼食。
旧浜北市は植木の産地としても知られ、「花と緑のエンジョイスポット!緑のデパート」のキャッチフレーズどおり植木・花木の販売センターとして存在しており、かつては苗木や花を求めて随分と訪れたものです。

P10206557 P10206568

同センター内の日本庭園「百景園」は素晴しい。庭園前の木陰の縁台に座り、暫しこの美しい庭園を眺めた。此処で充分休憩をしてゴール地である遠州小林駅へと向かった。

本日は、何時ものとおり日課の早朝お散歩ウォークを歩いた後、このイベントに参加したので万歩計の累計歩数は24.428歩と、167kmぐらい歩いた可能性がある。
2年前まで所属していた歩こう会では常時178km歩いており、56年前までは30km位は自信があった。

齢と共に歩く距離も年々短くなり、最近では鉄道系のウォークイベント専門で、これは長くても15kmどまり、今の自分の脚力はせいぜい15km前後かな・・・とも思っていたが疲れも感ぜず、この分なれば20kmぐらい迄は未だ未だ大丈夫・・・と、一安心した今日のウォーキングでした。
-131- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月23日 (土)

睡蓮

6月22日(金)
前回に続いてスイレンのレポートで恐縮です。降り続いた雨も10 時前には上がり、天気予報も午後からは梅雨の一休みとなる模様とか。。。
雨上がりのスイレンを見ようと少し離れたお寺へ出かけてきました。
Img_7900 Img_7901

日曜日に浜名湖ガーデンパークのスイレンを見てきましたが、毎年この時期には隣市の通称睡蓮のお寺、「松秀寺」の睡蓮がTVや地元新聞で季節の話題として報道されます。そんなことから写真愛好家にもよく知られており、この日も菊川市から来たという男性と一緒になった。
この「松秀寺」、遠州三十三観音霊場のひとつでもありマイカーを使わず、ひとりてくてく歩いた観音めぐりで2回、スイレン見物では毎年訪れており自分には馴染みの深いお寺のひとつです

Img_7902 Img_7904

スイレンの葉は椿等と同様、陽が出てきてからではテカリが強く写真になり難い、出来れば天候が回復する前の曇っている間に、しかも雨に濡れた風情が残っているところを写してみたいと思い、早速行ってみました。

Img_7905 Img_7911

お寺の門前にある池には白・黄色・ピンク系のスイレンが咲いており、場所によっては花びらに朝まで降っていた雨の雫が残っているものもありなかなかの風情である。反射押さえのフィルターを最大限効くようにセットし、時折聞こえるウシガエルの大きな声にビックリしながらパチリパチリと撮った。

前回に続いての睡蓮レポートであり、勝手ながらコメント欄は閉じました。次回のコメントと、下記日本ブログ村への応援、「ポチっ」とを、お願い出来れば幸いです。
-130- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月21日 (木)

浜名湖ガーデンパーク・スイレン

6月17日(日)
ブログにアップされた皆様方の綺麗なスイレンを拝見し、自分たち夫婦もスイレンの花を見たくなり17日(日)、浜名湖ガーデンパークを訪ねてきました。浜名湖岸に位置するこの広大な県営公園は度々紹介してきましたが、何度訪れても期待を裏切らない素晴らしい公園です。

Img_70751 Img_70732

この公園を訪れるのは5月のGW以来です。入場料は無料、1800台収容の駐車場も無料、ベンチや東屋、トイレ等がふんだんに設置されており、浜名湖岸に面した一周約5kmの敷地内に広大な芝生広場をはじめ、四季を通じて花々が咲き、県民は勿論、県外からの来訪者も多い県西部の人気スポットでもあります。
Img_6021 Img_7064

園内を流れる水路の遊覧船ガーデンクルーズの乗船や、高さ50mの展望塔への入場、46人乗りファミリー自転車の利用以外の全て無料が嬉しい。
公園内は日曜日であり、幼い子供連れが多く、水遊び場や大型のネット遊具に滑り台がある広場では子供たちの歓声がメイン通路まで伝わってきた

Img_59973_3 Img_7062_2

どのコーナーにも花は多いものの流石にGW当時より花の数はやや少ない感じ。クレマチスやバラのコーナーも花期が終わりに近いこともあってやや寂しく、現在の主役はアジサイです。様々な美しいアジサイを眺めたり写真に収めながらスイレンの咲く目的地、花の美術館(旧名=モネの庭)へ。

Img_6030 Img_6027

池の各所に沈められた大きな壺状の容器で栽培されている赤・白・黄色・紫色のスイレンは美しかった。壺状のもので栽培されているのは「池一面にスイレンが繁茂しないようにしているのです」と、かつて作業中の管理人から聞いたことがある。

Img_6032 Img_7055

今回も沢山の写真を撮りましたが、やはり多かったのがアジサイです。アジサイはこのブログでも数回アップしており、アジサイはカットしてスイレンと園内の様子など紹介いたしました
-129- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月19日 (火)

ナツツバキ・ネジバナ

6月19日(火)
さして広くない我家の庭、常緑樹が主で花木は少ないのですが先日のクチナシに続いてナツツバキが開花しました。
このナツツバキ、別名をヒメシャラとも言い、初夏を代表する花のひとつです。落葉樹で幹がサルスベリの様に美しいのが特徴で、朝咲いて夕べには落花してしまう儚い花ですが、自分にとって姿形、その風情がたまらなく好きな花木のひとつでもあります。
30余年前、近くに住む庭師に築庭していただいた当初からの木で、一時は樹盛が衰え、枯れてしまうのではと心配した事もありましたが、昨年から再び沢山花を咲かせてくれるようになりました。

Img_7077 Img_7865

ナツツバキ、別名沙羅樹(シャラノキ)とも呼ばれている、図鑑によれば
本物の沙羅は「沙羅双樹」でこの言葉は平家物語の巻頭にある事や、釈迦所縁の樹としても知られているが熱帯植物であり日本では育たない。しかし葉が沙羅に似ていることからヒメシャラまたはナツツバキと呼ばれている。
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす・・・」

Img_6016 Img_7898

先日、コメントを寄せて下さったAさんからネジバナの話が提供されました。すっかり忘れておりましたがこの時期には、彼方此方にネジバナが咲いている筈です。
小さな花なので注意深く観察していないと見落としてしまう可能性が大であり、朝の早朝お散歩ウォーキングで例年沢山咲いている堤防や公園を探してみました・・・が、あるある。足を延ばさなくても我家の道ひとつ隔てた公園を始め道路脇など至る所にいっぱい・・・白色も見つけました、右巻きも左巻きも。

Img_7874 Img_7883

このネジバナ、注意していなければ見落としてしまう小さな花ですがマクロレンズで拡大して撮ればなかなか綺麗な花です。ついでに名も知らぬ小さな花々もパチリ。
Aさん、ヒントを頂きありがとうございました。
-128- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月17日 (日)

くちなしの花

6月14日(木)
昨日に続いて今朝も雨です。
3日前のレポートで恐縮ですが、庭のコクチナシが咲き始めました。通常のクチナシより名のとおり、やや小型で八重咲きの花ですが、開花直後の純白の花びらと好い香りが周囲一面に漂い、この花を見て今年もクチナシの季節になったな・・・と、梅雨の鬱陶しさをひと時でも忘れさせてくれます。
Img_7840 Img_7646

例年、コクチナシは梅雨に入って間もなくナツツバキとほぼ同じぐらいに咲いてくれるのですが、ナツツバキは未だ蕾の状態です。でも、
あと23日ぐらいで咲いてくれそうな気配です。
鉢植えのカラーや名前を忘れてしまった白い花(ニワナナカマド?)を撮った後、今年は未だササユリを見ていないことを思い出し、市北部に自生している場所を訪ねてみましたが、残念ながら花は殆ど終わりで写真に撮るような状態ではなかった。
ササユリの自生地に咲いていたアジサイをパチリ。(コクチナシのみ16日に写したものです)

Img_7639 Img_7654

白いクチナシを見れば、懐かしいあのメロディーが ♪くちなしの白い花 お前のような 花だった・・・♪
この歌詞をつい 口ずさむとは。。。(やはり 古いですね~)

Img_7659Img_7666

-127- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月15日 (金)

川辺に咲くゆり・紫陽花

614日(木)

掛川城前を流れる逆川堤防両岸に植えられたユリが見頃と聞き、夫婦で出かけてきました。
城前の両岸約600mの間には40品種、33.000球のユリが植えられており、昨年も此処を訪れその美しさを堪能しました.。
例年この季節にはJRのさわやかウォーキングで、可睡ゆりの園を訪れておりますが、今年は開花が遅れウォーキング実施日には未だ23分咲きとの情報もあり今年は入場を断念した。

P1020612 Img_7685 P1020603

昨日、毎年訪れているササユリの自生地に寄ったところ、花期は既に終わり、残念な思いをしていたので此方はどうかな・・・と思っていたが、花は満開に近く思わず「ウーン・・・」と唸るほど実に綺麗でした。

Img_7670 Img_7674

ユリの間には、この時期にふさわしいアジサイも咲いてユリとのハーモニーが趣を感じました。ユリとアジサイを楽しんだ後、今の季節を代表するもうひとつの花、花菖蒲を浜岡砂丘で見るために一路御前崎市へと向かった。

Img_7694 P1020615

砂丘前に設えた展望台より海岸方面を望めば右手に風力発電用のファンが林立、反対側には現在停止中の浜岡原発が見える、原発と風力発電、左右の対象が印象強く感じました。

Img_7715 Img_7724 Img_7764

砂丘近くのひょうたん池の花菖蒲は例年より随分少なく些かガッカリでしたが、池に続く松林の中を流れるせせらぎ沿いの花菖蒲は例年通りの美しさでした。
-126- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月12日 (火)

JRさわやかウォーキング・吉岡バラ団地と和田岡古墳めぐりウォーク

6月10日(日)
JR東海と天竜浜名湖鉄道共催の「吉岡バラ団地と和田岡古墳めぐり」が掛川市で開催され、夫婦で参加してきました。
コースはJR掛川駅から天浜線に乗り換え、同鉄道「細谷駅」をスタートし、バラ団地を経て和田岡地区に点在する5世紀前後のものと思われる6箇所の古墳群を訪ね、同駅に戻る約10キロのコース。なお、この6基中5基の古墳が国指定史跡となっている。

P10205401 P10205422

JR掛川駅に隣接する天浜線に乗換え「細谷駅」からスタート。お天気も暑からず寒からず絶好のウォーキング日和です。田植えも終わり早苗が風に靡く田園地帯を歩くが適度な風が心地好い。まさに薫風頬を撫でる・・・といったところでしょうか。

P10205443 P10205494

最初の訪問地吉岡バラ団地に寄り、ハウス内や出荷選別場を見学。この広い団地内では約76種、年間400万本のバラが生産され、主に東京の市場へと出荷されているという。

P10205545 P10205726

バラ団地を後にして、原野谷川堤防をのんびりと歩く。そして第二の訪問先、各和金塚古墳への坂道をてくてく。

P10205737 P10205768

森の中の高いところに位置する各和金塚古墳を見学後、木陰で小休止。此処は高台であり今まで歩いて来た田園地帯とは周囲の風景も一変し、一面のお茶畑に変わっている。
高台から平地に下り、再び田園地帯を次の行人塚古墳へと進む

P10205849 P102058210

行人塚、東登口古墳へ寄った後、お茶畑が続く高台の中央にある吉岡大塚古墳へ。古墳の周囲は全て樹木が伐採され塚の頂上から眺める風景は素晴しく、時間は早いが皆さん腰を下ろしてお弁当を広げている。自分たちも茶畑や遠くに見える山並みを眺めつつ早めの昼食に。

此処からの眺望は素晴しかった。高所であり吹き抜ける風が汗ばんだ身体に心地好い。遠方には粟ヶ岳や先日訪れたエコパスタジアムもハッキリ見えた。こういった素晴しい環境の下で食べるおにぎりの味は格別で、ウォーキングの醍醐味のひとつです。掛川城も見えたらしいのですが自分たちは全く気が付かずチョッピリ残念

充分休憩し、最後の春林院古墳を見てゴール地の「細谷駅」へ向かい12時を少し廻った頃、同駅にゴール。
早苗が靡く田園地帯から高台のお茶畑、そして幾つかの古墳群を訪ね、適度のアップダウンもあって心地好い汗を流すことが出来た好いウォーキングでした。
-125- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月10日 (日)

幽玄! 棚田であぜ道アート

6月9日(土)
今年もまた菊川市の棚田で開催された「棚田であぜ道アート」に写真仲間のS氏を誘い出かけてきました。
棚田のあぜ道にろうそくを灯し、幻想的な夕べの雰囲気を楽しむイベントです。
19時頃の点灯に合わせ昨年は3時間前の16時頃に現地に到着したが、撮影ポイントには既に三脚が立てられており、昨年の二の舞はご免、今年こそはと、昨年より1時間早い15時過ぎに現地到着。

Img_7377 Img_7481

驚いたことに昨年は何とか駐車出来た駐車場は既に満車、仕方なく少し離れた場所に駐車したが狙っていた撮影ポイントには入れずガックリ。
仕方なくポイントから少し離れた位置に入り此処で待つことに・・・隣の男性は地元の方で、今から2時間前にポイントに三脚だけを立てに来たが、既に入る余地が無かったと話してくれました

Img_7567 Img_7589

今日の日没は19時、その間、明るい棚田を写したり、露店の素麺等を食べながら持参のパイプ椅子に座り、この場で出会った皆さんと写真談義に花を咲かせ、ひたすら日暮れの点灯を待った。
昨年も曇り空で見られなかった夕陽、今年も棚田に映る夕焼けは雲に覆われてガッカリ。それでも今朝は雨で予報も芳しくなく、開催さえ危ぶまれていただけに雨の心配がないだけでも有難いと思わなければならない。

Img_7600 Img_7625

やがて田んぼの隅々に立てられたローソクに灯が灯され、刻一刻と薄暗くなる周囲に灯りが映えて幽玄な雰囲気に包まれてきた。周囲が真っ暗になる前の僅かの間、田んぼの水が蒼色に変わる美しい瞬間も見ることが出来た。この時が一番神秘的で美しく自分の最も好きな情景です(左上写真)
1.100本のろうそくと50本の松明の明かりが灯される中、初夏の訪れと美しい情景を鑑賞しつつ、カメラの露出を変え、補正を加えながらのパチリ・パチリでした。
-124- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月 8日 (金)

あじさい

6月8日(金)
九州に続き近畿地方も梅雨入りしたと伝えられている。西日本の所々で降らせている雨雲も夕方には東へと広がってくるという、そんな夕刊の記事を読んでいる時に、夕方のTVニュースで当地方の梅雨入りも報道されました。いよいよ梅雨入りである。

Img_7333 Img_7332

先日の地元新聞に、掛川市南部の「本勝寺」境内のアジサイが見頃との記事が掲載されていた。雨に似合う花といえばアジサイであるが見物するにはやはり雨でない方が何かと都合が好い。雨になる前にと、カメラ持参で妻とふたりで出かけてきました。

Img_7339 Img_7326

本堂脇の傾斜地を利用したアジサイ庭園は報道のとおり見頃を迎え、色とりどりの美しい花を咲かせて実に鮮やかです。アジサイ、公園や路地など何処に出でも植えられており特別珍しいものではありませんが、1ヶ所にまとまって植栽されたものは壮観で鑑賞価値も高く思わず「うーん・・・見事」の一言です。
傾斜地に設置された水琴窟の澄んだ音色に耳を傾けたり、手水鉢の水が花にかかり陽に反射したところをパチリ(右上写真)、小さいくて拡大しないと分かり難いですが分かっていただけたでしょうか?

Img_7341 Img_7125

下の二枚は場所を移動して撮ったコアジサイ、淡蒼色から白色の小さな花が実に清楚な感じです。ウィキペディアによればユキノシタ科アジサイ属の分類される場合もあるとか。近くに咲いていた本物のユキノシタ(右上写真)もパチリ。

Img_7350 Img_7351

-123- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月 6日 (水)

散歩 de! デジカメ・小笠山総合運動公園+金星通過

6月3日(日)
野鳥を探して小笠山総合運動公園を歩いた2回シリーズの後編です、前回は公園内で撮った野鳥の紹介でしたが今回は総合運動公園の様子を少し。
鳥撮り用の長いレンズでは公園内の設備や様子を撮ることが出来ないのでポケットタイプの全自動のコンデジも持参して撮りました、今回の掲載写真はコンデジで撮ったものです。
JR「愛野駅」から歩いて15分程の丘陵地に位置するこのスポーツパーク、公園のHPによれば

269ヘクタールもの園内には、5万人収容の県下最大エコパスタジアムや、1万人収容のエコパアリーナ、サブアリーナ、トレーニングルームなどがあります。また、ウォーキングや森林浴など、四季折々の自然とのふれあいを楽しめます。
また補助競技場では天然フィールドと全天候舗装6レーンを持つ第3種公認競技場。サッカー・陸上などができ、投てき練習場も併設しています。


P10205151 P10205202

広いスタジアム前の芝生広場には湿度が高い為なのかツバメが数羽地上すれすれにスイスイ飛んでいる。今日は静岡県高校総体サッカーの決勝が行われる日である、出場する選手たちが試合前のウォーミングアップの最中でした。
駐車場には高校名を記したバスや応援の父兄のものと思われる他地区ナンバーの車が多く駐車していた。


P10205263P10205314

スタジアムとアリーナの間、小高い山が野鳥散策のメインルートです(左上写真)。山頂には施設を見下ろす「エコパの丘」、「みはらしの丘」があり、其々直接登ることも可能ですが勾配もかなり急で、望遠レンズを装着したカメラ道具一式持って登るのはちょっと無理。補助競技場裏手にある周遊路から山頂目指し、野鳥の鳴き声を頼りにのんびりと歩く。

31日に訪れた時、周遊路を歩いていたウォーカーから「サンコウチョウを時々見かけます」と話してもらった区域で暫く佇んでみたが特徴のあるあの鳴き声は聞かれず緩い勾配の小径を進むやがて眼下に公園の施設が見えてきた、なかなかの絶景である。

P10205355 P10205366

景色に見とれていた時、美しい鳴き声が聞こえてきた。先月、浜北森林公園でベテランカメラマンに教えてもらった鳴き声に似ている、あの時は声はすれども姿は見せずだったあのオオルリかもしれない、静かに声のする方へと近づき少し離れた梢をみれば居た居た!青い綺麗な鳥が、まさにブルーバードである。逸る気持ちを抑え、逃げられないように静かにカメラをセットして後は一気に連写。
前回は「エコパの丘」から下へと降りたが今日は少し足を延ばして「みはらしの丘」から急勾配の坂道をゆっくりと降りた。

サンコウチョウは見られなかったが「幸せの青い鳥」オオルリも初めて見て、カメラにも収めることができた。
朝のうちは小雨のパラついた空模様も変えるときには青空も見え、足取りも軽く帰途につきました。なお、野鳥の写真は前回のブログにアップしてあります。

-122- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓
 
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます

Img_5841 Img_58601

 
10時過ぎまで曇っていた上空が晴れきました。先日金環日食で使用した観察プレートで太陽前を通過する金星を撮り、急遽追加アップいたしました。

2012年6月 4日 (月)

散歩 de! デジカメ・エコパの森(Ⅱ)幸せの青い鳥

6月3日(日)
31日に続いて今日も袋井市の小笠山総合運動公園を歩いてきました。
総合公園の写真と、撮ってきた野鳥の写真を合わせるとかなりの枚数と長い文章になってしまうので2回に分けてご紹介・報告してみたいと思います。ウデは悪くても最近面白くなってきた野鳥撮り、今回はニューレンズ購入後6回目の野鳥撮影です。

総合公園の紹介は次回にして先ずは野鳥です。
天気予報は曇り、公園到着後間もなく雨がパラついてきた。芝生広場の低い位置をツバメ達がスイスイと燕尾服を靡かせて舞っている。

ツバメは動きが早く、以前挑戦したものの全て失敗した経験がある、今回も駄目で元々とパチパチとシャッターを押したがやはり難しいの一語に尽きる。鳥撮り名人で鳥博士の「ソングバード」さんによれば、飛んでいるツバメはそれほど難しくないと仰っており、事実同氏のブログで見た飛翔中のツバメは全てバッチリと撮れている。しかし、ウデの未熟な自分にはやはり難しかった、ピントは甘いが何とかツバメと分かる一枚をアップ。

Img_5606Img_5659_2

スタジアム東側の山に入り散策道を野鳥を求めてテクテク、 雨は微かに降っている様だが上空は樹木に覆われ下には殆ど影響はない。野鳥に即座の対応出来るようとカメラを覆っていたビニール袋も取り外した。

山頂近く「みはらしの丘」近くで美しい鳴き声を聞いた。そっと近づいて見ればあの美しい青い鳥が高い梢で盛んに鳴いているではないか・・・
初めて見る野生の青い鳥、場所はやや暗くもう少し近づきたいところだが、近付きすぎて逃げられては一大事と、高鳴る胸にその場から夢中で連写。オオルリではないかと思いますがとにかく綺麗な鳥でした。
これがオオルリであればウグイス・駒鳥と共に三鳴鳥の代表とされ、コルリ・ルリビタキと三大ブルーバードのひとつにも数えられている鳥である。


Img_5743 Img_5812

その後、雨もすっかり上がりツグミらしき野鳥や花に群がるチョウを撮ったり、普段は地上で見かけることが多いハクセキレイが珍しく枝に留まって居るところ、ひょうたん池で遊ぶカイツブリ等をパチリ。

Img_5821 Img_5831

今日もサンコウチョウは現れなかったが、幸せを運ぶ「青い鳥」も初めて撮れた、ドシロートの野鳥撮影者としては大満足の1日でした。 
(※ 鳥博士の皆様からツグミらしき野鳥はホウジロとのコメントを戴きましたので訂正してお詫びいたします。青い鳥はオオルリで間違いないようでした)


-121- (写真はトリミングしてありますが、クリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

2012年6月 1日 (金)

散歩 de! デジカメ・エコパの森

5月31日(木)
日課のお散歩ウォーキング、今日は場所を変えて袋井市の小笠山総合運動公園を歩いてきました。
この総合公園はとにかく広い、2002年にワールドカップ開催時に使用された5万人収容のエコパスタジアムを中心に静岡アリーナや補助競技場等々があり周囲の森にはウォーキングコースやビオトープが整備され、多数の市民に利用されている総合公園です。

先月、日本野鳥の会「遠江」が発行したバードウォッチングガイドによれば四季を通じて探鳥が可能と記されている。少し重いが望遠レンズと一脚を持参して出かけた。

Img_5577 Img_5574


競技場近くの池で変わった鳥を発見、野鳥に疎い自分ですが本に掲載されている「バン」に似ている。二羽居り、つがいなのかもしれない。警戒心があまりないのか此方を見ても逃げようとはしない、これならば野鳥撮りのドシロートでも撮れると、池に浮かぶスイレンに近づいたところと、二羽揃ったところをパチリ。

Img_5463 Img_5474

此処からはビオトープの森を経て更に見晴らしの丘を目指して森の小路を歩く。周囲は薄暗いが稀にジョギングやウォーキングを楽しむ人たちも通過するので心強い。
1時間以上歩きましたが出会ったのはこの二人だけ、その内のひとりのウォーカーから、「最近サンコウチョウも見かけますよ・・・」と教えて貰い辺りをキョロキョロ。残念ながらサンコウチョウは見つからなかったが近くの枝に留まった「シジュウカラ」を見て慌ててパチリ。
今日の収穫はこの二種類の野鳥だけ、それでも野鳥撮影5回目でこれだけ撮れれば上出来と満足の1日でした。
-120- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ随分と励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

「ポチッ!」と、何時も応援をありがとうございます。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »