2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 初のトンボとサンコウチョウ | トップページ | JR東海さわやかウォーキング・島田 »

2012年5月15日 (火)

サンコウチョウ

5月14日(月)
一昨日に続いて今日もニューレンズ持参で浜北森林公園へ行ってきました。目的はこの時期にのみ出会えるサンコウチョウです。

前回、始めての対面ではシルエット写真になってしまったことの反省と、同公園一帯はアカマツ林が多く、マツクイムシ対策のためヘリコプターによる消毒液の空中散布が明日実施される。
明日以降は騒音や臭気等の影響で野鳥が公園内から出て行ってしまう可能性も否定出来ないと、自分なりに判断して今日行くことに決めました。

お目当てのサンコウチョウが現れるまで待つ覚悟でお茶・弁当をコンビニで購入し、パイプ椅子と虫除けの電動マットも用意して・・・

撮影ポイントには平日にもかかわらず、既に数人のカメラマンが三脚を立てている。顔見知りの方も居り、皆さんに挨拶して仲間に加えてもらった。
Img_5174 Img_5198
拙ブログにコメントしてくださる鳥博士で野鳥撮影の名人「ソングバード」さんに色々と質問したところ、数々の有益なアドバイスを頂戴した。前回の失敗を繰り返さないよう、露出補正、ISO 感度、シャッタースピードその他をチェック、待つこと約1時間半、特徴のある鳴き声と共に4羽が空中を速いスピードで飛翔してきた。
この場所に毎日来ているというベテランカメラマン氏も「この光景は珍しい、ペアリングの準備かな・・・」と語っていたが雄雌の区別も分からないドシロートな自分には分かる由もない。

この4羽は早すぎて写真にならず、やがて1羽のサンコウチョウが近くの枝に留まった。野鳥の本などによれば雄は尾羽が体長の三倍ぐらいだという、本の写真でもビックリするほど長いのでこれは雌かもしれない。ピントを合わせ夢中での連写連写でした。午前中に現れたのはこの二度だけ、撮った写真は前回よりはマシと思っておりますが・・・トリミングはしてありますがノーレタッチです。
Img_5246 Img_5258
下の2枚は、サンコウチョウを待っている間に知らない鳥をパチリ。ジョウビタキではなし、先日のキビタキとも違うようです、購入した本で調べましたがヤマガラ?でしょうか。
-112- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ大変有難いです。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 初のトンボとサンコウチョウ | トップページ | JR東海さわやかウォーキング・島田 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

サンコウチョウの子育てする巣が、神奈川の逗子にもあるんですよ。

ハイキング仲間とその山にサンコウチョウを見に行ったことがあります。
「フィフィフィ ホイホイホイ」の鳴き声と共に、尾の長いサンコウチョウをチラッと
確認することが出来ましたが、写真におさめることは出来ませんでした。

ダンナも仲間と6月にいきましたが、逆光で上手く写真はとれませんでした。
皆さん大型レンズのカメラで、辛抱強く待ちながら写真に撮るのですから
素人にはよぽど運が良くないと、無理かも知れませんよね~!

すごいですね。4羽も出てくるなんて、夢のようです。
昨日近くの公園に入ってるらしいので行ってみましたが空振りでした。
補正もうまく行ったようですね。前回より格段に綺麗ですよ。
なんだか負けそう!!!
待ち時間にヤマガラも出たんですねか。
ブログの写真、勝手に少しレタッチさせてもらいました。メールを見てください。

セロリさん 様
今まで使っていた望遠レンズを処分して新しく買い換え2日目の撮影です。
自分も野鳥撮影の経験は殆どゼロ、皆様方に教えて貰いながらの毎日ですが、自然の中での野鳥撮影は実に楽しいものです。
但し、重いのでウォーキングに持参して・・・と言うわけにはいかず、ウォーキングには何時もポケットに入る全自動のデジカメを使用しています。

またまた北海道では見られない野鳥ですね(^_^;)
この頃は、そちらではヤマガラの方が珍しいと言うことはないですね(^_^;)?

ソングバード 様
隣に居た毎日来ているカメラマン氏、かなりのベテランさんらしく、公園事務所の職員や写真を撮りにきた皆さん一様に丁寧に挨拶しておりました。今度発行された野鳥の本の写真も提供しているとのことでした。その方が「4羽揃って居ることは非常に珍しい、良い所を見ることが出来て良かったね」と話してくれました。

誉めて頂きありがとうございます。「ソングバード」さんにそう言われ本当に嬉しいです。補正値は現場に着いてから数枚、試し撮りをしてから補正値を決めました。
メールと添付写真をありがとうございました、添付写真を見ましたが「これが我が写真か!」と、驚くほどシャープな画像に大変身です。
サンコウチョウは明るさもありISO1600でしたが、ヤマガラは3200まで上げて撮ったので発生していたノイズが綺麗サッパリと消えている・・・自分も以前に購入したエレメンツを持っていますが使ったことがありません。これほど綺麗になるのであればエレメンツも活用していきたいと思いました。

鳥見人 様
サンコウチョウは北海道には居ないのですか。
この鳥は12日に初めて見て、今回が2度目です。
ヤマガラも今回が初めてといった野鳥には全く無知な自分です。
これからは少しずつでも覚えて行きたいと思っております。
野鳥の世界、花と同じで種類も多く、オスとメスの違い、季節により羽の色も変わるものもある様なので
覚えられるか心配しているところです。

忍耐力の必要な被写体・・・お疲れ様です。
さすが待った甲斐がありましたね。
花もそうですが 何て言う花かな?鳥かな?と百科事典やネットで後で調べるのもまた楽しみが倍加します。

あすか 様
野鳥撮影には全くの初心者ですが、野鳥はただひたすらに待つのみ、これが結論の様です。
勿論、野鳥の生態・習性を学んでおくことが前提となるでしょうが。。。
自分は、毎日この公園に来て大砲レンズを構えるベテラン氏がこの場所に居る限り、此処しかないと思ってのことです。
周囲の同好の人たちとの会話からも得るところが多く、退屈な中にも勉強になる事が多いことも事実です。大自然の中での野鳥観察・撮影本当に楽しいです。
あとは、不足しているウデを磨くことです(笑)

初めてお目にかかる鳥さんです
望遠レンズの効果が出ましたね
待つ って時間とても長くて僕はできないかもしれません

お見事! としか言えないですね

サンコウチョウ、ヤマガラ、家の近くにもいるのかしら、、
私も歩くときに出会えるのが楽しみになりました。

鳥の写真を撮られる方々、本当に辛抱強く待っておられますね。
うっかり、変な音を立てて逃げられたら申し訳ないので、
いつもドキドキしながら、近くを歩いてます・・。

一瞬のために辛抱強く待ち、鳥を撮影するなんて
私には無理そうです。

ノーレタッチでこれだけ美しく撮れるなんてすばらしいです。
苦労の甲斐がありましたね。

サンコウチョウは美しい鳥ですね。こんな尾の長い鳥が自然に飛んでいるなんて・・・、実際に見ることができたら本当に感動ものですね。写真でその美しさが十分分かりました。
下の二つの鳥も、たまたま待ち時間に撮影したとのことですが、キレイな鳥ですね。
あまり鳥に関心がなかったのですが、よく見るとキレイな鳥が結構人間の生息する地域にも飛んでいるものなんですね。

あまなつ 様
ベテランカメラマン氏も「じっと待つのみ・・・」と語っておられましたが、正直退屈です。
でも、その間に経験豊かな皆さんから様々な情報やテクニックを聞くメリットもあります。
撮るのは一瞬、待つのは半日でした。

とほ娘 様
自分も野鳥がこんなに近くに生息しているとは知りませんでした。
渡り鳥や年中居る鳥、様々ですが注意して見れば案外身近なところで見られる可能性が大きいです。
郊外へのウォーキングの時、きっと驚くような綺麗な野鳥に出会える可能性があると思います。

akiko21 様
好きなればこそでしょうか、一瞬の出合を待って数時間。
皆さん、そう話しながら気長に待っておられます。
昔、ハマっていた魚釣りに似ているな・・・と自身思っています(笑)

walkerZ 様
本で見るサンコウチョウの雄の写真はこの尾羽の倍以上あります。
したがってこれは雌なのかもしれません。自分も今回初めて見て感動しました、人里近い公園内にこんな変わった鳥が生息しているなんて・・・と。
カワセミなども魚が棲む池や川には必ずいます。ただ、小さいので見逃している可能性が多いのかもしれませんね。里山や郊外へのウォーキングでは少し注意して見れば美しい野鳥が見られるかもしれませんよ。

サンコウチョウ以外の鳥にも巡り合えて、ラッキーでしたね。
しかも、撮影のタイミングを選んた日に何枚も撮影できて、良かったことでしょう。
鳥の種類や名前はよくわからないので、このブログで勉強させて頂いてます。

のりちゃん 様
ハイ。自分は今のところ、野鳥撮影の超初心者の割にはツイていると思っております。
2日前には初めて出かけて目的のサンコウチョウをシルエットでも写真に収めることが出来、
今回も珍鳥と言われるこの鳥に出合うことが出来て。。。
しかも、待っている間にも外の鳥を見ることが出来たことです。
幸運は何時までも続かないと思いますが、自然の中で観察~撮影が出来れば好いな、と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンコウチョウ:

« 初のトンボとサンコウチョウ | トップページ | JR東海さわやかウォーキング・島田 »