2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 新緑の季節 | トップページ | 遠州大名行列 »

2012年4月29日 (日)

熊野の長藤まつりウォーキング

4月29日(日)

昨日(28日)、JR東海主催のさわやかウォーキング、「熊野(ゆや)の長藤まつりウォーキング」に夫婦で参加してきました。コースは磐田駅をスタートし磐田農高のバラ園に寄り、長藤まつり会場を経て豊田町駅にゴールする約11km。

降水確率はゼロ%、予想最高気温は25℃と少し歩けば汗ばむ陽気です。最初の訪問地磐田農高のバラ園には150種、1500株のバラが植えられており先生の指導の下、全てが生徒達
の手で栽培されている、此処へは毎年必ず訪れていますが、今年はウォークを兼ねて美しいバラが見られるなんて・・・と、期待しておりましたが今冬の寒さの影響なのか未だ開花に至らずガッカリ。

旧東海道見付宿から姫街道を経て磐田原台地へ、此処でも先日の牧之原同様、お茶の栽培が盛んで美しい茶畑が続いていた。

 昨日の静岡新聞には
「山々はすっかりさみどりに衣替えして、もえぎ色の茶畑に葉桜、間を縫って吹く薫風は緑の香りを含んで運ぶ・・・」とあり、流石は新聞社、季節感を文字に表現するのが上手いなぁ・・・と感心しましたが、まさにこの表現がピッタリの風景でした。
点在するお茶畑に沿って歩くが台地を吹き抜ける風が実に心地好い、「薫風頬を撫でる・・・」と言うところでしょうか。

Img_11 Img_22

長藤まつりが開催されている豊田熊野記念公園に到着。公園周辺の長藤は、担当者の話では八部咲きで今頃が香りも一番好い時期ですとの説明があった。
樹齢800年、国・県の天然記念物に指定され、平家物語所縁の謡曲「熊野」でも知られた伝説の藤です。
この藤、花房の長さが1.5mにも及ぶ見事な長藤である、辺り一面に芳香が漂う藤棚の下では多くの観光客が能舞台の歌や踊りを楽しんでいた。この一画に自分たちも腰を下ろし、持参の花見弁当を広げた。

Img_33 Img_44

花と香りを存分に楽しんだ後、ゴール地の豊田町駅へ。駅で参加照明スタンプを押してもらいながらJR担当者に本日の参加者を尋ねたところ「今日は2.300人を超えました」とニッコリ。

Img_55 Img_66 Img_77
-105- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ大変有難いです。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

« 新緑の季節 | トップページ | 遠州大名行列 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

綺麗ですね!

藤の花が大好きな母にも思わず見せちゃいましたhappy01

「いい物を見せてもらったわぁ~」と喜んでいました。
country walkerさんに感謝しなくちゃ!ありがとうございましたnotes

2人分のお礼をしたいのですが・・・有効1票なんですよねsweat01


早いもので桜が終わりかと思えばツツジ・・・そして今はもう藤の花・・・
月日の移り変わりは速いですね。
自分としてはチョット焦り気味 !(^^)!
歩けないもどかしさの中でひと時の安らぎと癒しを頂きました。

mahiru 様
ありがとうございます。
お母様、藤がお好きなのですね、写真だけで香りをお届けすることができないのが残念です。
此処は、かなり広い地域に藤棚が作られて辺りには芳香がいっぱいでした。
お一人様、1日一票なので・・・でも、お気持ちだけでも充分に嬉しいです。

あすか 様
季節の移り変わり、全く同感です。
こうして1年が経過して行くのですね。
焦ってはいけませんよ、気長にのんびりと・・・
それが結果的には早い回復に繋がるものと思います。
天が与えてくれた休養と読書三昧など如何でしょうか。

樹齢800年とはすばらしい ”藤” ですね。
花の大きさも見事です。 
ピンクの色のものもあるのですね。
好天に恵まれ、そよ風と藤の花と香り、そして花見弁当! 
良かったですね。

11km歩かれたそうですね 藤がすてきですね

たかchan 様
家から比較的近距離の「豊田熊野記念公園」には毎年訪れております。
国指定の古木であり「熊野御前」伝説も加味されて、この時期大勢の人達で賑わっております。
天竜川河川敷が、無料駐車場として解放されています、よろしければ一度如何でしょうか。。。

もう藤の花ですか!
「日本は本当に広い」と感じるばかりです。
藤の花を見ながらの昼食、きっとおいしかったことでしょう。

11kmで2300人とは多いですね。
札幌でも昨日JRヘルシーウォーキングが開催され、1000名を超える参加者だったと聞きました。
今日はあいにくの天気でしたが、総会を兼ねたウォーキングには220名の参加者。
春になって、ウォーキングが盛んになってきています。

あまなつ 様
かつては所蔵する歩こう会で、30km、最高では42km歩いたこともありましたが
今ではこの程度で充分となりました。

のりちゃん 様
名勝、さった峠と共に、JR東海定番のコースですが
今年もまた延々と続くウォーカーにビックリ。
GWの初日であり、好天と重なってのことだと思います。
自分たちがお話したグループは遠来の名古屋市からでした。
健康保持に欠かせないウォーキング、メイン目的に魅力があればなおさらですよね。
初めての人たちとの会話も弾みました、これなどもウォーキングイベントの楽しみのひとつでもありますね。

この日は暑かったでしょう!!
そういえば、もう藤の花の季節なんですね。
藤棚の下で弁当なんて贅沢ですね。
美味しさも倍増でしょう!!
私ならbottleがいいですが…・(笑)

ソングバード 様
やはり暑かったです。高台の風通しの良いところは良かったのですが
家が建て込んでいるところでは汗を拭きながらのウォーキングでした。
花の下の弁当、美味しかったですよ、ソングバードさんは左党の様ですね、
私もアルコール類は大好きで休肝日は健康診断の前日だけ、
酒量は大したことがありませんが364日は戴いております(笑)

今年も長藤が見事ですね。

藤の香りも一番良い時期、お天気にも恵まれて、
本当に良いウォークでしたね。

バラはもう少し先になりますか。
楽しみになりますね。

藤色の見事な長藤。素晴らしいですね。こんなに長い藤は初めて見ましたよ。

熊野を「ゆや」と読むのも初めて知りました。これぞ、「ブログの力」ですね。

平家物語であればあの「くまの」を連想してしまいました。

とほ娘 様
昨年の長藤レポート、覚えていて下さったのですね!
ありがとうございます。
この季節、自宅から近いこともあり毎年出かけています。
気温の変化に敏感な植物、カレンダーどおりに花を付け成長する植物と様々です。
藤はほぼ例年どおりでしたが、バラは開花が遅れているみたいです。
1500本のバラが咲き始めた頃、もう一度出直してみるつもりです。

ホロホロ  様
GW最初の日は、毎年開催される恒例のJRのさわやかウォーキングに参加してきました。
熊野長藤、当地方では伝説でも知られておりますが、花房の長い事でも話題に上ります。
昨年はこの花房が最長で、約180cmと一番長い花房の先に短冊が付けられていました。
平家物語では朝廷や清盛の熊野詣が知られておりますが、コチラは熊野(ゆや)御前です。
平宗盛ゆかりの女性です。
当地でも、宗盛は凡庸な大将としか評価されておりませんが、熊野(ゆや)御前は才色兼備の薄幸な女性とされております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/45064446

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野の長藤まつりウォーキング:

« 新緑の季節 | トップページ | 遠州大名行列 »