2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« 緑のサクラと花筏、キビタキ | トップページ | 新緑の季節 »

2012年4月25日 (水)

公園の野鳥

4月24日(火)

先日、少し離れた公園に「花筏」を見に行った時、偶然にも野鳥のキビタキをマクロレンズで撮ることが出来た。その時に聞いた話では渡り鳥なので一週間程度は同じ場所に留まっている可能性もあるとか。
2日間降り続いた雨も上がり天気も回復した、先日の公園に柳の下のドジョウを期待して今回は望遠レンズ持参で出かけてきました。

Img_4647_2 Img_4651_2


公園内には大砲レンズを三脚にセットしたカメラマン氏が二人。挨拶してお話を伺ったところ、「青い鳥」御三家のひとつであるオオルリを先ほど見たという、 この人たちは野鳥の会に所属しており、見間違えではではないらしい。自分も仲間に入れてもらいオオルリを待つことに。

Img_46881 Img_47092

自分が居る間にオオルリは現れなかったが、公園内の流れには色々な野鳥が水を求めてやってくる。ヒヨドリ、ムクドリ、キツツキの仲間のコゲラ、アオジ、メジロ、ツグミ、カワラヒワにハトやスズメと次から次へとやってくる鳥達に全く退屈しない。

Img_47123 Img_47204

アオジやカワラヒワは初対面であるが、600ミリの大砲持参のお隣のカメラマン氏がその都度教えてくれた、親切な人でこの方から鳥の名前や照準器のこと等々、野鳥撮りの知らないことを随分教えて頂いた。

柳の下にドジョウはいませんでしたが、野鳥を見ているだけでも全く退屈することはなかった。野鳥の世界、知らないことばかりですが、益々関心が増してきました。
-103- (写真はクリックで拡大されます)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければ大変有難いです。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。

« 緑のサクラと花筏、キビタキ | トップページ | 新緑の季節 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

まだツグミがいるんですね。

> 野鳥の世界、知らないことばかりですが、益々関心が増してきました。

それで私は、野鳥とウォーキングの両立、夜も眠れないぐらいいつも悩んでいます(^_^;)
特に、今から5月いっぱいは、いい季節です(^_^)

写真を拝見していると、鳥さん達も可愛いですね。

そして生き生きしていますね。メジロちゃんがころころして、まん丸なお目目もとっても
可愛いですね。

下右の写真は「なんとか 花鳥図」のようで素晴らしいですよ。

鳥見人 様
コメントをありがとうございます。
野鳥に詳しい「鳥見人」さんからみれば、な~んだという野鳥ばかりかもしれませんね。
野鳥に疎い自分にはハトやスズメはともかく次々に飛来してくる野鳥は新鮮そのもの・・・でした。
シャッターを押すのに夢中でアンダーの写真ばかりになってしまいました。

ホロホロ 様
野鳥って本当に可愛いものだな・・・これが偽らざる心境です。
特に小鳥は・・・
背景が暗いので野鳥が目立ちませんがそれは写した自分のウデの問題で申し訳ありません。
自分ばかり喜んでしまったブログになってしまいました。

いろいろな野鳥に会えて良かったですね。
だんだんとバードウォッチングの世界に入っていって、
楽しそうな雰囲気が伝わってきます。 
きっと、ウォ-キングの時も野鳥の見方が変わってきた事でしょう。

こんばんは。
いろんな鳥が見れて、いいフィールドですね。
季節の鳥が途中下車するような林もあるようですから、マイ・フィールドにされては如何でしょう。
日頃から、双眼鏡を持ってウォーキングついでに観察されてれば、いろんな情報が入ると思います。
キビタキやオオルリなどは、山に向かって移動中です。
途中立ち寄った環境が良ければ1週間近くいてくれる時がありますよ。

おおるりは裏磐梯の観察会で見ましたが、色が美しく、鳴き声も素晴らしいものでした。
昨日の白虎隊慰霊祭ではウグイスの鳴き声がずーっと続いて、なかなか風情がありました。
country walkerさん撮影の鳥の写真が拝見できて、一層楽しみが増えました。

公園による小鳥も良く見るといろいろな種類が訪れるんですね。
よく見ると本当にかわいいですね。日常、あまり野鳥に関心がなかったのですが、こうして見ると皆、色、形、表情がさまざまで、飽きませんね。
country walkerさんは周りの人と直ぐ打ち解けて、楽しい輪がいつも広がっていますね。そして、知識も広がって、ますます博識になりますね。

お久しぶりの投稿です。
相変わらずの素晴らしいショットに感動しました。
所で、我が家はニコン党ですが最近のニコンはちょっと寂しくなりました。
一眼レフはD4とD800のフルサイズとD5000クラスと3000.クラスの4種類になってしまいました。
やはりアマチュアにはキャノンでしょうか。

たかchan 様
野鳥、梅の季節に家に飛来するメジロやヒヨドリ以外無縁のものと思っておりましたが
一寸足を延ばした公園には色々な野鳥が・・・
自分にとっては随分新鮮な感じでした。
これから時々此処へ足を運んでみるつもりです。

ソングバード 様
アオジやカワラヒワ、初対面でしたが横にいたカメラマン氏に色々と教えていただきました。
自分のレンズ、やはり暗い上に望遠端では2段ぐらい絞らないと画像が甘く、絞ればSSが稼げず、この日もカワラヒワの水浴シーンは全滅と限界を感じました。大砲レンズには到底手も足もでませんが昨日レンズを注文してきました。
サンヨン+1.4テレコンにするか、ヨンゴーロクにするか随分悩みましたが「価格com」のクチコミ等でも評判も良く、ソングバードさんが所持される位のレンズなら間違いがないだろうと、焦点距離の長いヨンゴーロクに決めました。レンズ沼には絶対・・・と、堅く誓っておりましたが少しだけはまりこみました、でもこれ以上は絶対に・・・です(笑)。
これからも色々とご指導の程お願いいたします。

kumasan78 様
自然界にいるオオルリは未だ見たことがありません。
以前鳥篭で飼われていたのは見たことがありますが・・・
最近、野鳥に関心が増してきました、大砲レンズには手が出ませんが
新しいレンズも昨日注文してきました。少しずつ野鳥に親しんで行きたいと思っております。

walkerZ 様
街なかの公園ですが、じっくり見ていれば実に多くの野鳥が居るものです。
野鳥に関しての知識は全くありません、専ら近くにいる人に尋ねるように心がけております。
自分が全くのドシロートであること、色々と教えて下さいと頼めば皆さん実に親切に教えてくれるものですね。

あすか 様
コメントをありがとうございます。
快方に向かっておられる由、一安心いたしました。
ニコンのことは全く分かりませんがハイアマチュアの方はニコン党が多いですね。
カメラメーカーも、ミラーレスとかフルサイズカメラに方向が向いているように思えてなりません。自分は現在使用中のAPS-Cサイズのカメラで充分満足しております。

無理をなさらずに、少しずつ、少しずつ・・・それが一番だと思いますよ。

おはようございます
季節の変りめで野鳥もたいへんでしょう
メジロもアオじもいますね
野鳥の写真きれいに採られてますね

それではポチットしていきます

たなちゃん 様
ありがとうございます。
野鳥の知識はゼロ、何も知りませんが陽気が良くなったこの時期、
芝生に座って鳥が来るのを待つ、のんびりとした時間を過ごすことが出来ました。
何時も「ポチっと」、ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

これだけきれいにとれていると、メジロって本当にめの周りが
白いのだと分かりますね。
鳥たちが生き生きしてますね。

akiko21 様
お天気でしたので何とか撮れましたが、それでも自分が持っているレンズではこれが精一杯でした。
もう少し良いレンズが欲しくなり、ついに注文してしまいました。
新しいレンズ、手元へ届くのは1ヶ月位先になるそうですが今から楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公園の野鳥:

« 緑のサクラと花筏、キビタキ | トップページ | 新緑の季節 »