2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« やってきました! メジロ君 | トップページ | 花瓶の花 »

2012年3月 6日 (火)

岸和田訪問

3月6日

4日(日)、大阪・岸和田に住む妻の叔父の卒寿と事業の記念日を兼ねたパーティが催され、夫婦で出席の為、先週末から昨日まで岸和田を訪問して来ました。
岸和田を訪れるのは3年ぶり、今までは全て車で出かけたが脳梗塞を患ったこともあり、新幹線で行く予定でしたが、着替えやその他の荷物も多く、彼方此方見物しながらゆっくりと行けば・・・ということになり今回もマイカーで行くことに決定。

Img_11 Img_12

東名・伊勢湾岸・東名阪と乗り継ぎ、途中で奈良市の月ヶ瀬梅渓へ立ち寄ることに。
この梅渓、関西地区の梅の名所として有名ですが自分達夫婦は未だ訪れたことが無く、前から一度行って見たいと思っていた。今年は異常低温で梅の開花が随分と遅れたが我家の梅は既に満開を過ぎ少し散り始めた、月ヶ瀬梅渓をウエブで調べたところ梅まつりは2月12日から開催されているので期待していた。

駐車場で料金を徴収するアルバイトらしき青年に開花状況を尋ねたたころ「それがあんまり・・・」と口をモゴモゴ。
眼下に五月川を見下ろす抜群のロケーションであり、梅祭りの幟は林立しているが梅は全く咲いておらずゼロ。これではあの青年もモゴモゴとするわけである。それでも次から次へ観光バスが入り、皆異口同音に「なぁーんや、未だ咲いてないやんか 残念やね~」

咲いているのはロウバイにマンサク、そして福寿草が咲いていた。此処はやはり気温が低いのかもしれません。

Img_13 Img_14

この後、西名阪・近畿自動車道・阪和と乗り継いで岸和田着。

岸和田と言えば「だんじり祭り」が有名で、かつて自分もこの地区で10年生活したこともあり、何度もまつり見物はしていますが「だんじり」が疾走し、道を曲がる時の迫力は満点です。

翌朝、お散歩ウォーキングを兼ね久しぶりで岸和田城周辺を散策した。今年はNHKの連続テレビ小説「カーネーション」の主人公の街として話題も豊富である、主人公の店は「コシノギャラリー」として無料開放されていた。亡くなった叔母もこの商店街の直ぐ近くで営業をしていた関係上、主人公との交友もあったと叔父から聞いた。
Img_15 Img_16

記念パーティも無事終わり、会場出口で見送ってくれた和服が似合う、笑顔がステキな美人の女将さんをパチリ。このお店のホームページには「テレビ小説の主人公小篠綾子さんの妹を祖母にもつ女将のお店で、撮影には店の料理も参加」と書かれていました。写真のブログアップについて尋ねたところ構いませんとのご返事でした。
会場となった「うおり」の料理は美味しかった。
此処のお料理、とっても美味しいですよ~!

Img_17 18

-77- (写真はクリックで拡大されます)

「日本ブログ村・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければこれからの励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« やってきました! メジロ君 | トップページ | 花瓶の花 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、おかえりなさい

蝋梅・万作・福寿草
この季節、黄色のお花が多い事に改めて気づかされました^_^; 
…不思議ですね

お料理のお写真もちょっと見たかったです♡

お疲れさまでした~!

奈良市での梅林観賞は、天候不順で開花が遅く残念でしたね~!
でもマンサクの花アップ 細い花びらと、紫色の萼片の特徴が良くわかり
嬉しい一枚です。happy01

毎朝この番組を時計代わりに見ているファンとして
コシノギャラリー・・・くいいるように見てしまいましたよ。eyeeye

あめぶる 様
寒い時期でもロウバイや福寿草は綺麗な花を咲かせてくれますね。
当地では、流石にこの二種は終わりましたがマンサクやボケ、馬酔木などが近くのお宅の庭先で咲いていました。
お料理、食べる方に夢中で(笑)、申し訳ありませんでした。

セロリさん  様
今年の異常気象で花の観光地は随分と予定が狂ったと思います。
岸和田市、今までは「だんじりとお城の街」でPRでしたが
今年はカーネーションの看板やポスターが彼方此方貼ってありました。全国ネットのNHKの威力は凄いですね。

おつかれさまでした。

月ヶ瀬梅林は景色の良いところですね。
梅の色添えがあればより一層美しいでしょうね。

コシノギャラリーのお写真を見られて、嬉しいです。
糸子(綾子)先生はここでお店をやっていらしたのですね。
明日からまた違った感じでドラマが楽しめます(*^-^)

岸和田とその周辺の繊維産業華やかなりしころのことをcountry walkerさんは良くご存じのことと思います。できればアーカイブの形でもご披露願いたいものです。
つい「うおり」さんを検索してしまいました。とても美味しそうですね。

岸和田と聞けば 真っ先にカーネーション 朝ドラの威力の凄さを感じます(笑)
カーネーションで一躍有名になった 岸和田 私も少しおこぼれいただきました
岸和田城 初めて知りました

お疲れ様でした。 私の娘婿の実家が和泉市で、
一度伺った事がありますが、岸和田の近くだと思います。
聞くところによると、いろいろな行事がたいへんハデに
行われる地域のようですね。
マンサクは湖西市の神座にトキワマンサクというのがありますが、
先日のウォーキングで行かれた摩利支天のところですから、
たぶんご存じでしょうね。

ホロホロ 様
月ヶ瀬梅林。かなり高所にあり、下には五月川と呼ばれる川が流れその斜面一体に1万3千本が植栽されていると案内には書かれておりました。江戸時代には10万本も植えられていたとか・・・
写真のコシノ洋装店、このお店で綾子(糸子)さんは営業されていたとの話です。かつて妻の叔母は同じ商店街のしかも直近で商売をしていたのでお付き合いは頻繁にあったと叔父から話を聞きました。

kumasan77 様
私のアーカイブは人様に到底披露できるようなものではなく、冷や汗と懺悔の他何物もありません。
それでも昭和33年から43年まで在住した本当に懐かしい場所です。
今回は事業所が在った地区を中心に歩いて見ましたが関空が出来たことにより交通網も変化が著しく、あまりの変わりようにただたた驚くばかりでした。
「うおり」さん、料理が美味しく、実に感じの好いお店でした。

はなまりん 様
岸和田市、若かりし頃、仕事の関係で10年この地で過ごした懐かしい所です。
何処の土地も同じですが現在と過去とのギャップにただ驚くばかりです。
岸和田城、復興天守ですが綺麗なお城ですよ。

たかchan 様
娘さんのご主人が和泉市なのですね。
和泉市には事業所の支所が在り6年間通勤した懐かしい地区です。
トキワマンサク、大田交差点から摩利支天方面に向かい、小さな川沿いに右折して見に行ったことがあります。ウォーキングコースに入っていたように思います。その時は大森駅ではなくJR新所原駅がゴール地でした。最近このコースが見当たりませんが懐かしい思い出のコースです。

叔父の卒寿と事業の記念、おめでとうございます。
月ヶ瀬梅林は静かな景色のいいところですね。
梅が咲いていれば、一層華やかだったことでしょう。
今年は、東京のほうでも梅は開花が2~4週間遅れているようです。
お花関係のお祭りに行く時には、開花状況のチェックは必須ですね。

車でのロングドライブお疲れ様でした。
私もできるだけ車は避けてとは思いますが、荷物のこを考えると やはり・・・ですね。(笑)

岸和田といえばやはり「だんじり祭り」が有名ですね。京都の祇園祭とは対照的なお祭りです。
機会があればぜひ行きたいです。

walkerZ 様
開花状況のチェック、大事なことですね~
自分も観光協会のサイトは覗いたのですが・・・
梅まつりの期間とアクセス方法を確認しましたが開花状況は見落としたのか
観光協会も開花ゼロとは書けなくてそのままになっていたのかもしれませんね。

あすか 様
そうなんです。今回は割れ物を始め、持参する手荷物が多く車で行くことになりました。
土地勘が無いので関東地方へは躊躇わず新幹線で行くのですが、
関西へは何度も往復しており若干慣れていることもあります。
それでも次々と新しく道路が開通し、ナビ無しでは到底無理です。

岸和田ですか、懐かしいですね。
私も実家が大阪だったもので、よく東名・東名阪のコースで帰ったものです。
岸和田はまさにカーネーションブームで賑わってるようですね。

ところが、岸和田に近い所だったにも拘らず、「だんじり祭り」は見たことないんです。weep
一度見てみたいですね。

ソングバード 様
ソングバードさんも大阪ご出身なのですね。
自分は岸和田を中心に丁度10年暮らした関係上、非常に懐かしく
想い出深い土地です。
岸和田まつり、自分が過ごした頃より荒っぽさはなくなりましたが
それでもコーナーを曲がる時の迫力は凄いものです。

長距離ドライブ お疲れ様でした
カーネーションギャラリー いい雰囲気です
うおりの料理はとても美味しかったのではないでしょうか
おかみさんもサービスいいですね 美しい!

あまなつ 様
岸和田市、自分が住んでいたころは南海沿線では堺の次に
賑わっておりましたが、関空が開港されてから少し静かになってしまいました。
NHKテレビ小説の威力は凄い、カーネーションギャラリー周辺にはカメラを持った
多くの人達で賑わっていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/44389629

この記事へのトラックバック一覧です: 岸和田訪問:

« やってきました! メジロ君 | トップページ | 花瓶の花 »