2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« お散歩ウォーキング・ご近所の花 | トップページ | 新東名開通記念特別ウォーク »

2012年3月19日 (月)

ジョウビタキと一輪だけのチューリップ

3月19日(月)

今日は晴れ、自宅から少し離れた地区に存在する鳥羽山城址公園に出かけてきた。戦国期の歴史上にも登場するこの城は、家康が武田氏と争いの際に築城したと伝えられており、今では地区の桜の名所として整備されています。城跡の本丸付近には土塁や石垣などの遺構も現存しており、城好きな自分としても過去に数回訪れたことがあります。

先日、妻が趣味の押し花の材料として紅葉した羊歯の葉先を採集する為にこの城跡公園を訪れた。
自分は押し花には全く関心がありませんが、当人が彼方此方と探している間に本丸一帯をゆっくりと散策した。その際、コゲラや変わった綺麗な野鳥を見た。
今まで野鳥などには全く関心が無かった自分ですが、心境の変化なのか毎日のウォーキング途中でも鳥を見つけると、何故か気になるのです。ブログで野鳥の素晴しいショットを紹介して下さる人の影響かもしれません。

その日は長いレンズを持参していなかったので写真に撮ることは出来なかったが、今日は晴れ、望遠レンズを持って再度の訪問である。

Img_2536 Img_2505

偶然に野鳥と出合った前回でしたが、張り切って出かけて来た今日はヒヨドリとメジロの鳴き声ばかり、諦めて南向きの暖かいベンチで座っていた時、少し前の枝にジョウビタキが留まった。
花や鳥の名前に疎い自分であるが、我家の庭にもメジロ同様よく訪れてくれるこのジョウビタキだけは知っている。

我家へ来るジョウビタキはもう少し胸のオレンジ色がハッキリしているが、こちらは少し地味な感じである。鳥は雄が派手で雌がやや地味だという。と、すればこれは「ジョビ子?」さんかも・・・
結局、写真に撮ったのはこのジョウビタキのみ、それでも野鳥撮りのドシロートな自分には、偶然ですが囀りのため嘴を開いているショットが撮れたことが自分には大収穫でした。

Img_5899 Img_5915

帰宅後、たった一輪だけ咲いた鉢植えの黄色のチューリップとクリスマスローズ、そして未だ咲いている水仙をパチリ。

Img_5903 Img_5907

-84- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村、ウォーキング・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ!」と、クリックしていただければこれからの励みになります。応援の一票、どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« お散歩ウォーキング・ご近所の花 | トップページ | 新東名開通記念特別ウォーク »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

鳥の撮影にも意欲的に取り組んでますね。鳥は小さいし、遠いし、動くので、撮影は難しいですね。でもとても良く取れていて、私まで鳥好きになってしまいそうです。
country walkeさんの花の撮影はプロ級ですね。花の写真でいつも和んでいます。

二三日前の新聞にバードウォッチングの会の記事が掲載していました。
やはりスコープを一眼カメラに取り付け撮影するとの記事でした。
上手な方がたくさんおられるが恥ずかしがらずジャンジャン投稿してくださいと書いてありました。

ジョウビタキは北海道人にはうらやましい野鳥です。
北海道は、快速の止まらない駅のように通り過ぎて行ってしまうので、見つけたらラッキーです。
私も2買いだけでしょうか(^_^;)

walker Z 様
プロ級なんてとんでもありません。
今はカメラやレンズがよく出来ているので花などは自分の様なシロートでも比較的簡単に撮れます。
ウデ3、器具7、ぐらいだと思っています。
でも鳥は本当に難しいです、何しろ小さくて動きが早いうえ、直ぐ逃げられてしまいます。
鳥に関しては全くのドシロートです。

あすか 様
スコープの威力、凄い物がありますね。
自分はデジスコまでは経済的にも技術的にも余裕が無く、出来れば明るい超望遠レンズが欲しくなってきました。
でも純正の明るいレンズ、超高価なので手も足も出ません。

鳥見人 様
野鳥に疎い自分ですがジョウビタキだけは一目で分かります。
毎日歩く堤防でも見かけますし、稀に自宅の庭にも飛来するので・・・
この鳥は寒冷地には棲まないのでしょうか、そう言えば
よく見かけるのは冬季ばかりです。。。

こんにちは。
いよいよ鳥人間に変身中ですか?(笑)
ご推察通り、「ジョビ子さん」ですね。
オスは頭が白髪頭なのですぐ分かりますよ。
黄色いチューリップがいいですね。淡い黄色が綺麗です。

ジョウビタキ子さんが口を開けて歌っている姿がなんとも可愛いです。
しかもその瞬間をバッチリとカメラに収められた腕前は流石です。
一芸に秀でた方はなんでもござれですね。

ソングバード 様
はい、「ソングバード」さんの影響が大です(すみません)
あの素晴しい野鳥の画像と動画、敵わぬまでもせめて足元ぐらいに何とか・・・と思ったのは事実です。
でも難しいですね~ 野鳥の撮影は。
レンズ沼地獄には堕ちたくても先立つ物が無いので安心です。。。
それでも白いレンズの誘惑に日夜悩まされております(笑)

やはり、「ジョビ子さん」ですか、オスメスの区別がつかずにいましたが鳥博士の、「ソングバード」さんにお墨付きを頂き一安心です。
ありがとうございました、これからも宜しくご教示の程お願い致します。

kumasan78 様
ジョビ子さんの囀りの一コマ、偶然でしたが撮ることが出来ました。
自分の野鳥撮影は野鳥の習性も名前すら知らない全くのドシロートです。
上手い人から見れば噴飯ものです。
でも、カメラを持って鳥を待つ、魚釣りの心境に似ているかもしれませんがレンズの前に鳥が来てくれた時の緊張感は格別でした。
野鳥撮影には高度な技術と機材が必要です。ドシロートなりに楽しんでいきたいと思っております。

囀っているジョビ子さん、お目目もぱっちりで嬉しそうに歌っていますね。

楽しむ気持ちが、見ているこちらにも伝わってきますよ。

鳥さん撮影も頑張ってくださいね。

名前忘れました。ごめんなさい(^-^;

ホロホロ  様
鳥さん撮影、本当にドシロートですが、大いに関心はあります。
もう少し好いレンズが欲しいのですが、高価なこと、それに技術がなかなかでついていけなくて・・・
手近な野鳥から少しずつ楽しんでみたいと思っております。
名前忘れ、自分は常習犯です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョウビタキと一輪だけのチューリップ:

« お散歩ウォーキング・ご近所の花 | トップページ | 新東名開通記念特別ウォーク »