2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 佐鳴湖一周ミニウォーキング | トップページ | 紅白、梅開花 »

2012年2月13日 (月)

JRさわやかウォーキング 富士山満喫ウォーキング

2月12日(日)

JRさわやかウォーキング「富士川駅発・富士山満喫ウォーキング」に夫婦で参加してきました。このコース、過去にも単独で参加したことがあり、ほかにも写真撮影や旧東海道を歩いた時の部分が多く含まれている。自分にとっては既知の場所であるが妻は初めて。

富士山がメインであり、長時間電車に揺られて参加しても富士山が見られなければ参加価値も半減してしまう。予報は午後から雲が出やすいと、ベストではないのがやや気がかりなところ。

最寄の駅からスタート地の富士川駅までは2時間弱、県内を走るJRは競合する私鉄が無い為JRの寡占状態で、車両も地下鉄の様な縦座席のロングシート。同じJR東海でも名古屋地区は横座席2人掛けのシートでエライ違いです。

窓の外の景色を楽しみたくても正面の人との睨み合いになってしまい所在が無い上、発・停車時の横揺れも気になり、「休日乗り放題切符」はありがたいけれど、この齢になれば長時間の乗車はウォーキングより疲れるのです。

かつては度々利用したこの切符も最近では久々の利用です。鉄道の旅を楽しみたくば新幹線に乗って下さい、とのことかもしれませんね。

ネットで富士山ライブカメラを調べたところ県内の全ての場所でハッキリと見えている。今迄にも朝は雲ひつ無くとも現地に到着後に雲に遮られたことが何度もあるが、そのような事を思っていては際限がない。「よし、行こう!」と自宅を出た。

P10108651 P10108711

大井川を通過した時点で車窓からは綺麗な富士山が時々見られた、この分なら先ず大丈夫とひと安心。さった峠下のトンネルを出た所で車窓から体をひねって先ず1枚(左上写真)、このロングシートは車窓からの撮影も非常にし難い。揺れが大きくても昔の電車が懐かしく思った。

駅からは新幹線沿いに歩いて富士川河川敷へ、此処へは写真撮影のために数回訪れているが広々とした河川敷から正面に見える富士山は何時来ても素晴しく満足できます(右上・右下)。持参したのは何時ものポケットタイプの全自動コンデジ、新幹線の様に動きの早い対象物にはレリーズラグが禍しシャッターを押すタイミングが難しかった(左下)。

P10108751 P10108861

今日の見どころのひとつ、富士川楽座へ行く前に寄り道をして東名富士川SAの下りエリアに行き高速道と富士山を(右下)、そして上り方面の楽座から蛇行して流れる富士川と富士山をパチリ(1段下左)。

少し早いが楽座で富士山を眺めながら早めの昼食、少し雲が出てきたので気になっていたが食事が終わる頃には見えるのは山頂のみ、あまりの風景の変わりようの早さに驚くばかりでした。

P10108881 P10109001

コースはこのあと僅かに頂上のみ見える旧身延街道を歩き(右下)、旧東海道に合流。小休本陣常盤邸を見学し、岩淵一里塚を経て富士川駅にゴール。ゴール時点では富士山はすっかり雲に覆われてしまい何も見えない状態でしたが帰りの電車に乗って車窓をから見れが由比付近では綺麗な姿が見えた。

富士山から少し離れたので見えるようになったのか、それとも気象条件が変わったのか・・・

それでも午前中、本当に美しい霊峰を拝むことができ大満足の二人組でした。

今日のコースは約9kmですが、河川敷や東名SAでコースを離れ、寄り道をしたので万歩計は2万歩を超えていた。

参加者をゴール地で尋ねたところ2千人には僅かに届かなかったとの回答でした。

-67- (写真はクリックで拡大されます)

P10109051 P10109341

「日本ブログ村・ウォーキング」、ブログランキングに参加しています。

このアイコンを「ポチッ!」とクリックしていただければこれからの大きな励みになります。応援の一票、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

« 佐鳴湖一周ミニウォーキング | トップページ | 紅白、梅開花 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

ここ2~3日、こちらでも風が強かったお蔭で富士山が奇麗に見えましたよ。
富士山って面白いですよね。
光線の加減なのか、周囲の景色によるのかわかりませんが、同じような距離なのに、場所によって大きく見えたり小さく見えたり。

(追伸)
リンク貼って頂き有難うございました。

ソングバード 様
午前中は素晴しい状況で大満足のウォーキングでした。
ポケットタイプの小型コンデジなので、以前使っていた口径の小さいPLを持参し、
時々レンズの前にかざし、片手で撮ったのでブレたショットが随分出てしまい空の色もマチマチになりました(笑)
リンクの件、此方こそ有難うございました。

♪富士は日本一の山〜♪

お写真を見て、口ずさんでしまいましたfuji

どのショットも素晴らしい富士山ですね。電車・川・雲 どれも富士山には

とってもお似合いです。憩いの広場の写真はお風呂屋さんに行った気分です(o^-^o)

ホロホロ 様
有難うございます。銭湯の絵と言えば白砂青松に富士山が定番でしたね。
白砂青松はありませんが何度訪れても素晴しい風景でした。
午後からは雲に遮られてしまいましたが、富士山が正面にデンと見えるコースは午前中に歩いてしまったので、午後からは見えなくてもあまり関係なく、結果的には大満足の1日でした。

たくさんの、しかも、大きくて綺麗な富士山に密かにはしゃいでいます。

こちらからも富士山は見られましたが、こんなにくっきりとは見えませんでした。
やはり、間近で見る富士山は違いますね。

奥様共々、富士山を眺めながらのウォーク、大満足の様子が伝わってきました。

いつになるかはわかりませんが、こちらの2人組も間近を歩きたいです。

冨士を眺めながらウォーキングなんて贅沢なものですね。
奥様も満足なさったことでしょう。
私は相変わらずライブカメラの映像を眺めて満足しています。

うあ~、富士山がいっぱい。しかも、大きくてくっきり。
ブログ拝見していてテンションあがってしまいました。
このコースは、「富士山が見られなければ参加価値も半減してしまう」というのはもっともですね。

数々の霊峰 富士山
おなじみの河川敷からの眺めや さった峠での眺めまたまた堪能しました。

とほ娘 様
自宅付近からも好天の日には富士山を望むことが出来ますがかなり小さく、大井川を越えた時点からだんだんと大きく見えてきますが、やはり近づけば近づくほど素晴しいですね。
ただ自宅からは100km以上離れており、天気予報は降水確率0パーセントでも見えたり見えなかったりと終日一定していないので、出発時にはハッキリ確認できても現地に到着した時には全く見えないなんて事もしばしばです。富士山天気予報が欲しいです(笑)

kumasan77 様
これほど近くで富士山が眺められば文句のつけようがありません。
ウォーキング冥利につきます、家内も大満足でした。
除雪作業で苦労されている地域の人たちを思えば自分たちばかりはしゃいでしまい申し訳なく思います。

walkerZ 様
そうなんです。到着したならば山が見えずではガッカリを越えて歩く気力も失せてしまいます。
それだけ富士山の存在価値が大きいっていうことでしょね。
でも本当に良かったです、こんな素晴しい景色を眺めながら歩くことが出来て。。。

あすか 様
近くで見れば見るほど、偉大でやはり日本一! が実感できます。
四季を通してこの美しい山を眺められる地元の人たち、本当に羨ましいですね~


どの富士山も素晴らしいです。
「送水管」は、送水管の下から撮影したのですか?
とにかく、寒さの中での撮影は大変だったと思います。
四季を通じて富士山を見ることが出来るのは、本当にうらやましいです。

のりちゃん 様
有難うございます。
送水管、工業用水道の「富士川水管橋」で高さも新幹線や在来線鉄橋並で下から近づいて撮りました。
>寒さの中で・・・と仰られると申し訳ないのですが、汗かきの自分は厚い上着を脱いで長袖シャツにベストの格好で歩きました。北国の人達には考えられないかもしれませんが・・・
それでも山手に入り、日陰の道では持参した薄い方の上着を着ることになりました。

回るの風景でいろいろな姿に変わる富士山に

とっても嬉しくなりますよ。ありがとうございます。

あっという間に、雲が湧いて裾野が見えなくなったり刻々と変わる日も多いです。

12日は、こちらでもくっきりと晴れた富士山を見ることが出来ました。fuji

ただ午後に湘南海岸より眺めた富士山は、少し霞んで見えましたが・・・。

セロリさん 様
富士川楽座で食事中、あれほど綺麗に見えていた山頂付近が
見る間に隠れてしまいました。
山のことは全く分かりませんが、登山記などで山の天候が一瞬にして変わる・・・が納得できました。
でも、午前中ハッキリ見ることが出来ただけで充分でした。

見慣れた風景ですが お写真はまた違って見えて 新鮮です。
岩本山にいましたが ホント 一瞬だけ 富士山が見えただけで
午後からは あっという間に雲がかかり ガッカリしました。
毎日、まいにち 富士山を見上げる生活をしていますが
雨や曇りで しばらく富士山が見えないと なぜか元気がなくなります。
雨上がりに 富士山が見えると 自然と笑顔が出ています。
すっかり 静岡県人となったようです(*^^)v

真っ青な空をバックに
堂々とした富士山の姿が映えますね~~(^^)。

毎回 確実に見られるわけではないだけに
見ることが出来たときの感動が大きいのでしょうね。

みるくぱん 様
富士山、静岡県人のそして日本人の心のふるさとですね。
自宅からは冬季限定で、条件の好い晴れた日のみ見ることが出来ますが
それでも見えたときは何故かホッとして嬉しくなります。
そちらでは当方と違い、スケールの大きい霊峰が拝めて、その感じも格別なものがあることと思います。
仰るとおり「みるくぱん」さん、すっかり静岡県人になりましたね。

くり 様
そうなんです。朝、自宅から見えて天気予報を確認して出かけても、現地に到着時には青空なのに雲に覆われて見られない・・・そんな事がしばしばあるのでクッキリした富士山が確認できた時の感激はまた別です。やはり感動します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/44099016

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング 富士山満喫ウォーキング:

« 佐鳴湖一周ミニウォーキング | トップページ | 紅白、梅開花 »