2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« カワセミ | トップページ | 姫街道サミット »

2012年1月26日 (木)

しらさぎ

今日は朝から雲ひとつ無い快晴。

それでも朝は冷え込みが厳しく、風もややあり相変わらず寒い。日課としているお散歩ウォーキング、風のある日には何時も歩く堤防上は避け、建物が比較的多い田舎道を歩くことにしているが、目標としては毎日1万歩以上が自分で決めたノルマです。

加齢と共に真夏時等、一度で1万歩以上は疲れる時もあり、夏以降は午前と夕方に4キロずつ二回に分けて歩いています。

天気は好いが風が少しある、どちらのコースを歩こうかな・・・と、思案していたところ、堤防上を先に歩いて帰った妻が「川に白鷺が沢山いるよ・・・」と教えてくれた。「よーし、それでは・・・」と、カメラ持参で堤防を歩くことに。

Img_1518 Img_15191

自宅から20mほどのところを流れるこの川、清流とは到底言えませんが水質の浄化が進んでいるのだろう、橋の上から小魚の群れを見る時もあり、この魚を狙ってアオサギやシラサギ類が集まってくる。鷺は先日、鳥博士さんに教えていただいたダイサギであろうか。

橋の上から、そして何かに驚いて舞い上がったところをパチリ。

-59- (写真はクリックで拡大されますがトリミングしてあります)

「日本ブログ村・ウォーキング」、ブログランキングに参加しています。何時も御笑覧有難うございます。
このアイコンを「ポチッ」と、クリックしていただければ幸いです。応援の一票、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Img_1528 Img_1539

« カワセミ | トップページ | 姫街道サミット »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

シラサギ飛行隊、青空を気持ち良さそうに飛んでいますね。

鳥が飛行中を撮るのは難しいのに、とてもきれいに撮影されていますね。

countryさんのお住まいはいろいろな自然に触れられていいですね。


つい白鷺の数を数えて楽しみました。20羽もいるなんて、小魚も沢山泳いでいるのですね。
以前撮られたアオサギのクローズアップの写真を思い出しましたよ。

ホロホロ 様
鳥が白いので、上空に雲があるとハッキリしないのですが
青空だったので飛翔中の鷺を何とか捉えることが出来ました。
自分が住む地域は典型的な農村地帯で、幸いにも未だ自然が僅かに残っております。
今では、この田舎暮らしに満足しています。

kumasan77 様
シラサギ、家内が私に教えてくれた時にはもう少し多かったと言っておりましたが。。。
それほど綺麗な川ではありませんが魚が棲む、鳥が来る・・・
嬉しいことですね。もう少し水が綺麗になれば・・・と、念願するところです。

白鷺、大群ですね。白鷺の飛ぶ姿のびやかでいいですね。このまま絵ハガキに使えますね。青い空に白い翼が映えますね。

飛翔する白鷺 いいですね~~~!
わたしのカメラとウデでは 
どんなにがんばっても飛んでいる鳥は写りません(^^;)

特に右下のお写真 素敵です。

晴天の中、白鷺の乱舞。。。なかなか見られません。
青空に透けた白鷺の羽がまた何とも言えません。 素晴らしい!

walkerZ 様
白鷺、居ない日には一羽の姿も見られないのに
狭い川に時々多く集まってくることがあります。
今年は小魚が多いのかもしれません。青空に白いサギ、とても綺麗に思いました。
田舎故に時々こういったシーンに出会うことがあります。

くり 様
「くり」さんの写真の腕、凄いなと何時も感心しています。
咄嗟のシャッターチャンスを逃がさない、あのセンスは真似ができません。
ずっこけ鴨ちゃんの映像が特に印象強く残っています。
右下の写真、シラサギが旋回して逆光になったので丁度良かったです。

あすか 様
何かに驚いて舞い上がってたタイミングが良くラッキーでした。
太陽の下方面へ旋回してくれたので逆光気味となり、
飛び物はプラス補正と、鳥博士さんから教わったあの一言が役立ちました。

美しいです、ただ美しい。
我が家も大小の川に挟まれた場所に位置しますが、このように自然溢れる場所ではありません。
きっと周囲の環境が守られているからなのでしょうね。
ほどよく自然と対峙する…それが人間の役目かも知れませんね。

あめぶる 様
過分なコメントに痛み入ります。
写真を始めて数年経ちますが、鳥類は本当に駆け出しのドシロートです。
仰る程の清流とはお世辞も言い難い川ですが、魚が増えてきたことも事実です。
これ以上悪化させない、もっともっとキレイな川に戻すのが自分たちの役目です。
シジミが獲れ、素足で川に親しめる川こそ本来の川だと思っております。

青い空に白鷺がお似合いですね。
ウォーキングの途中でこの光景を見られるのでしょうか?
まだ寒い日が続きますので、寒さにも気をつけてください。

先週から週1回10kmほど歩いていますが、途中の路面がツルツル(スケートリンク状態)なので、神経を使いながら歩いています。

のりちゃん 様
はい。この川の堤防上が何時も歩いているホームコースです。
自宅直ぐ横を流れるこの川には時々このように沢山のシラサギが集まっています。
こちらでは雪はありませんが、今の時期は季節風がかなり強く吹き、電線が鳴るのは日常茶飯事です。それでも道が凍結することもなく、歩くには一向に差し支えありません、やはり恵まれていると思います。

今晩は。ご無沙汰しています。
白鷺、青サギは我が家の近くにもいますがあまり飛んでいる所は見かけません。
サギは泳げないので満潮の時には陸地に上がっています。
ところで先日からまたミカンを梅ノ木に吊るしているのですが今年はまだメジロが
来ません。師匠のところは如何ですか?

yokkun 様
「 yokkun」 さん、コメントを有難うございました。ご無沙汰ばかりで申し訳ありません。
そうなんです、今年に入ってメジロの「メ」の字にも出合っておりません。
先日、カワセミを撮りに出かけましたが、其処で出会った「鳥専」の人も今年は異常で
野鳥の数も少ないと話してくれました。
我家のささやかな庭に植えてある紅白の梅、昨年は1月の14日に紅梅は開花していますが、今年は未だ一輪も開花に至っておりません。
したがってメジロの「メ」にも全く縁がありません。
例年、梅が開花すれば「メジロが来る~みかんを置いてカメラを構える」が通常のパターンなのですが。。。
自分の庭に来るメジロ君は福岡の「 yokkun邸」を経て来るものと信じております(笑)
メジロ君来訪の節はご一報いたします。

 飛ぶ白鷺の姿を見るのは、大熊町の田んぼを貫く農道を歩いていた時以来です。
 首をたたんで飛んでいる白鷺の様子は、何か悠然とした雰囲気を醸し出していました。自身自身もかくありたいものです。

翼を大きく広げ 優雅に飛んでいく姿を 撮れるなんて うらやましいです。
私は 動きの少ないカモ専門です(>_<)
それでも 十数枚に1枚 ぶれるかぶれないか・・・。
やはり レンズがバズーカ砲のような 飛び出たのでないとだめですね。。
そろそろメジロも見たいところですが・・・
なかなか 会うことができませんね。。。

八木浩明 様
私が住む地方は田舎なので未だ自然が少し残っており、
白鷺は最近その数が増え、ごく普通に見ることが出来ます。
川の水質改善が最大の理由でしょうか。

みるくぱん 様
白鷺は通常装着している18~200ミリレンズの最望遠端で200ミリです。
川幅が狭く、近くから飛び立ったので大砲レンズでなくても撮ることが出来ました。
メジロ、今年は未だお目にかかっておりません。
普通ならば梅が咲き、それにつられてやってくるのですが・・・
寒さの影響でしょうね。

青空を飛ぶ、鷺が本当に綺麗ですね。

本当にたくさんの白鷺が思い思いに過ごしている様子も
のどかな雰囲気でよいですね。
一足先に歩かれてきた、奥様のおかげですね。

はじめまして、ウォーキング犬の飼い主です。
今日、名鉄ウォーキングに参加した際、「やっぱりあの犬」とつぶやいた人がいたので、気になり「さわやかウォーキング 犬」で検索すると、ブログにうちの柴犬が・・・・載ってる。
名前は、「こ豆」と呼んでます。(本当は、豆福ですが・・・)
「さわやかウォーキング」で、見かけたらお声かけください。

とほ娘 様
白鷺は暗い山の手前などを飛んでくれると絵になるのですが青空でも美しいです。
やはりあの純白の姿が何と言っても良いですね~
固体がカワセミの様に小さくなく、撮り易いのがいちばんです。

こ豆のとうさん 様
コメントを有難うございました。
「ウォーキング犬の飼い主さん」と言えばJRさわやかウォーキング「袋井」でお目にかかった「飼い主」さんでしょうか。
「こ豆」くん、今度出合えたなら必ず声を掛けますよ~ 忘れずに・・・

おはようございます

青空に舞う白鷺ですか
飛ぶ姿はきれいですね
川に集まってきてますね
餌取りでしょうか

たなちゃん 様
自宅周辺では時々この様な風景を目にすることがあります。
川に集まったのは多分餌取りだと思いますが。。。
この様な風景が何時までも見られるような環境でいて欲しいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しらさぎ:

« カワセミ | トップページ | 姫街道サミット »