2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« JRさわやかウォーキング 新春祈願七草粥と遺跡を訪ねて | トップページ | ロウバイ・水仙・寒椿 »

2012年1月11日 (水)

お散歩ウォーキング 野鳥

日課のお散歩ウォーキングに出かけてきた、今日も朝から風が強く、何時もの堤防上は到底歩けそうにもない、風を少しでも避けるため家屋や温室などが点在する田んぼ道を歩くことにした。

秋に刈り取られた後の稲株が残ったままの田んぼ、トラクターによる田起こし作業が始められている田と、田んぼの表情は様々である。農作業は全く知らない自分ですが、田植え時期の春は未だ遠くとも既にその準備作業に入っているのだろう。

稲株が残った田んぼに珍しい鳥たちが集まっていた、大きさは鳩ぐらいでもう少しスマート。地上にいる時は一見地味な鳥であるが舞い上がった時の羽の色が白と黒で実に綺麗だ、少し前頃から時々見かける様になったが、鳥の名前は野鳥に全く無知な自分には知る由もない。

Img_9 Img_10

帰宅後カメラを持って鳥たちが居た田んぼに行ってみたところ鳥は未だ居る、田んぼの中に餌となるものがあるのだろう、近づくと逃げてしまいそうなので電柱の陰からそーっと撮り、ふと上を見れば電線にこれまた見慣れない鳥が。。。

嘴を見れば猛禽類にも見えるが名前は全く分からない。ブログ上で紹介していただいた鳥に似ているように思えましたが・・・何とか知っていたのは尻尾を忙しく上下に振りながら早足で歩き、近くまでやってきたハグロセキレイ?だけでした。

電線に留まっていた鳥が飛び立つ時と、田んぼの鳥達が飛ぶ時、慌てて追従連写しましたがピントが合わず全てボツ。鳥撮影の難しさがよく分かりました。

-51- (ピントがイマイチですが、写真はクリックで拡大されます)

「日本ブログ村・ウォーキング」、ブログランキングに参加しています。何時も拙ブログをありがとうございます。
このアイコンを「ポチッ」と、クリックしていただければ大変嬉しいのですが・・・応援の一票を宜しくお願い致します。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Img_111  Img_12

« JRさわやかウォーキング 新春祈願七草粥と遺跡を訪ねて | トップページ | ロウバイ・水仙・寒椿 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

いつもコメントをありがとうございます。
上の野鳥は、ケリかな?と思います。
そちらでは年中いるとなっていますが、北海道ではたぶん、ニュースになります(^_^;)
下の右側は、目線が黒いので、ハクセキレイですね。
目線が白く、ハクセキレイの顔の白い部分が黒かったら、セグロセキレイです。
左下のは、、、「かな???」と思うのはありますが、自信がないので内緒です(^_^;)

セキレイ以外は初めて見る鳥達です。

鳥の撮影は難しいと思いますが、見事ですね。

上の写真の鳥さんはとてもおしゃれ〜! なシックな色合いの装いですね。

なまけ者鳥見人 様
野鳥には全く無知な人間であり、恥ずかしながら
「ケリ」、生まれて初めて聞いた名前です。
当地方には年中居ることも・・・(汗)
セキレイ、これだけは・・・と自信満々でしたがこれも違っていたようですね。
(汗・汗)となりました。
これからも野鳥を見つけたならば撮ってみたいと思っておりますが、間違いが多々あることかと思います、その都度ご指摘いただければこんなに嬉しいことはありません。
宜しくお願い致します。

ホロホロ 様
自分もセキレイ以外の鳥は初めてです。
鳥を撮る為の腕はありませんが、自然界で生きる鳥達には美しさと
その生命力には驚く事が多いのも事実です。
大海原を渡って移動する渡り鳥など、驚嘆を超えて崇敬の念を抱いてしまいます。
鳥を撮る為に熱心な人たちの心境が少し分かった様な気がしました。

なかなか鳥類を撮影するのは大変ですが、羽を広げた鳥さんの写真はいいですね

amanatsuFox 様
鳥を撮影するのは本当に難しいな・・・が実感でした。
下手でも少しづつ。。。とは思っておりますが
あの動きの早い野鳥ではいささか難しいです。

動いていないものも上手に撮れない私には
鳥は難易度高すぎます。

地味な様子なのに、羽を広げると美しくなるなんて
鳥は奥が深いですね。

一見、鳩のような雰囲気なのに羽を広げると本当に綺麗ですね。

私も鳥は詳しくないので、勉強になります。

鳥の写真、特に羽を広げた写真は素晴らしいです。
新しく購入したカメラは慣れてきましたか?
寒い時期で撮影するのは大変だと思いますが、体調に気をつけてください。
(札幌は今日1日マイナス5度以下でした。)

akiko21 様
写真は好きで彼方此方と撮りに出かけますが、今までも鳥は殆ど撮ったことがありません。
撮ってもコハクチョウとか白鷺の様に大きな被写体ばかり。
野鳥の飛翔する姿は本当に難しいと思いました。

とほ娘 様
地上に居ればハトかな?
と、思うぐらいの地味な鳥ですが飛翔姿が鮮明なので驚きました。
まさに七変化ですね。

のりちゃん 様
新しいカメラ、機能は十二分あるのですが使いこなしに四苦八苦・・・今のところ これが現状です。
札幌は今日1日マイナス5度以下とは・・・
カメラなど屋外で使用できるのかなと、一瞬思いました。
バッテリーなどの働きは?? 
自分にはマイナス5度以下とは南極か北極がイコールに思えてなりません。
そのように寒い中で生活を送る人々、凄いを超えて畏敬の念でいっぱいです。
そのように寒くてもウォーキングイベント等実施されるのでしょうか。。。

おはようございます。
すごいですね、面白い鳥を撮ってこられましたね。
最初の写真はケリですね。1年中田んぼなどで見かけるのですが、結構気性が激しい鳥なんです。
体は大きいですが、チドリの仲間ですよ。
下の左の写真も珍しいですね。背中が青灰色なので多分コチョウゲンボウだと思います。(断定はできませんが・・・)
普通のチョウゲンボウは比較的見られるのですが、コチョウゲンボウは珍しいですよ。
下の右の写真は、ハクセキレイですね。お尻をフリフリしながら歩くのが面白いですね。

散歩でこのような写真が撮れるなんて、羨ましいです。

ソングバード 様
早速のコメント有難うございました。(実は、ソングバードさんならばご存知かと期待しておりました)
ケリ、年中近くに居るのですね。今まで鳥に関心が薄かったので居ても目に入らなかったのかもしれません。あんなに大きくてもチドリの仲間とは・・・
猛禽類らしき電線の野鳥、先日ソングバードさんが紹介していただいたチョウゲンボウかな?と、内心は思いましたが私如きに分かるはずがなく、前述の様に貴方様のコメントを密かに期待していた次第です。
セキレイも見事に間違えました(汗)
自宅周辺は、田畑のなかに住宅が存在する典型的な農村地帯です。小川や灌漑用の用水路もあり、自然が残っているので野鳥達も棲んでいるのかもしれません。
これからもご指導の程宜しくお願い致します。

おはようございます
私のカメラはコンデジ。ですので
ファインダーがなく
動きのあるもの。特に鳥の撮影は難しいですね
一眼は散歩には辛く これも、また難しい
で、
コチョウゲンボウ
また、調べる楽しみが増えました
ありがとうございます

コチョウゲンボウ

これでしょうか?
http://www.yachoo.org/book/view/kotyougenbou

今日の東京は殊の外の寒さです。(全国的にだそうですが)

現在我が家の手直し部分の修理が行われています。

やはりだんだん慣れて来るとあそこもここもと色々

注文や修理個所が見つかるものですね。(笑)

年が明けると自然界はもうそろそろ春の準備ですね。
木の芽も小さく色づき始めて来ました。

海の子 様
鳥には全く疎い自分です、わざわざ調べていただき有難うございます。
鳥は雌雄で羽の色が異なる場合もあり、婚姻色とか季節によっても色が
変わる場合もあるとか・・・しかも動きが早く到底手に負えるものではありませんね(笑)
でも、こうして名前等教えていただき本当にありがたいと思いました。


あすか 様
腰痛改善の兆し、本当に良かったですね。
当地も今冬一番の冷え込みとか、それでも風が無かったので体感的には過ごしやすい1日でした。
住んでから、いろいろと気になる事が出来て工務店に改良を依頼する・・・ありますね~
平面図と立体図の感覚的な違いに気付かず、自分たちも大工さんにいろいろとお願いした記憶があります。随分昔の話ですが。。。

ハクセキレイくんはこちらでも見かけますが
「ケリ」&「コチョウゲンボウ」は 見かけたことありませんし
名前も初めて聞きました~!

「ケリ」 羽を閉じているときと
広げた時のギャップがいいですね~。
広げた時の羽の配色が とても綺麗です。

コチョウゲンボウも かわいいです!。

くり 様
自分は野鳥を撮った経験も僅か、昨年暮れのコハクチョウと、カワセミだけ。
後は梅の時期に自宅にやってくるメジロぐらいです、野鳥の名前も殆ど知りません。
でも、こうして知らない鳥を偶然でも写し、アップすれば皆さんに教えていただけるので本当に助かります。
庭の梅の開花も間近、あの可愛いメジロ君が飛んで来てくれるのを楽しみにしています。
今年はお散歩途中でもあまりメジロの姿を見かけないので少し気がかりです。

鳥博士が何人もいらして心強いですね。
ケリもコチョウゲンボウも初めて見ました。楽しみが増えましたね。

kumasan77 様
前のSNSではお花博士がおられましたが、こちらでは鳥博士がいらっしゃいます。
心強いですね~
自分の様に何も知らない者でも丁寧に教えていただける、本当に有難いと思います。
他人様に甘えてばかりではいけないとは思ってはおりますが・・・

country walkerさんはいつも鳥も花もステキに写真を撮られていますが、はやり動く被写体(鳥)は上手くうつすのが難しいんですね。私なら、ブレブレになってしまいます。

walkerZ  様
鳥はあまり撮ったことがなく、皆さんに教えていただきながら目下挑戦中です。
花と違い、相手が早く動くので急がねば・・・と慌ててしまいます。
余裕がないんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お散歩ウォーキング 野鳥:

« JRさわやかウォーキング 新春祈願七草粥と遺跡を訪ねて | トップページ | ロウバイ・水仙・寒椿 »