2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« しらさぎ | トップページ | 姫様道中 »

2012年1月30日 (月)

姫街道サミット

129日(日)

本日、姫街道サミットが浜松市北区細江町の「みをつくしセンター」で開催されることになり、姫街道ファンの一人として傍聴してきました。

募集定員200名の会場には10時の定刻に満席状態となり、地域代表者によるリレートーク、他地区の姫街道を代表して中山道大田宿、上州の下仁田地区から其々代表者が講師として出席され、最後に豊橋市美術博物館長の講演と盛り沢山の有意義なサミットでした。

姫街道とは、東海道五十三次のうち舞阪宿~新居宿間に存在する浜名湖今切れを避けて浜名湖を北に迂回する街道を指し、現在ののバイパス的要素を兼ねた東海道の付属街道のことです。

名称の由来は様々で、定かではありませんが、女性に対し厳しい取調べのあった新居関所を避けるためとか「今切れ」のネーミングは縁起や迷信的な事を信ずる当時の女性から忌み嫌われた・・・等が一般的であり、5代将軍吉宗の生母や、薩摩の(あつ)が将軍家輿入れのため江戸に向けて大行列が通った事、実際にも女性の通行が多かった事等々、女性の印象やイメージが強く残されている事も事実です。

歩くことが好きな自分も東海道五十三次を往復歩いた後、この姫街道を磐田市から三州御油まで約60kmを三日かけて歩きました。

姫街道のうち静岡県浜松市西気賀~愛知県豊川市当古区間が平成8年、文化庁より「歴史の道百選」に選定されました。東海道の箱根や鈴鹿峠同様の古い石畳も存在しており、昔の風情をそのまま今に残す素晴しい街道であることに間違いありません。

P1010728

今日(30日)の静岡新聞にはその様子を以下の様に報じていた。

姫街道の魅力に触れる

姫街道沿いの各種団体でつくる姫街道連絡協議会「姫街道未来塾」は29日、浜松市北区細江町の、みをつくし文化センターで「歴史の道姫街道サミット」を開いた。約200人が来場し街道沿いの文化や魅力に触れた。

「遠州・三州の姫街道」としたリレートークでは、見付から御油までの宿場町など7ヵ所でそれぞれ活動する会員が、街道沿いの史跡などを写真で見せながら、順番に説明した。群馬県や岐阜県で「姫街道」と呼ばれる街道の紹介や豊橋市美術博物館の後藤清司館長の記念講演も行われた。

姫街道検定の成績発表も行われ満点合格者が代表で認定証を受け取った・・・


P1010737

姫街道検定は今年で3回目、自分は前回同様、100問中3問間違えた。前回は3問違いでも春に行われる姫様道中に警護の侍役として平笠に羽織袴、白足袋に草履履き、腰に両刀を差し、扇も帯に・・・と、桜満開の都田川堤を歩く道中絵巻に出場させて頂きましたが、今年は上位の成績者が多く残念ですが今年の出場は到底無理と諦めざるを得ません。

それでも地元の姫街道は江戸後期には既に通称として呼ばれていたことに対し、他地区の姫街道は近代になって呼称された事も知り、元祖姫街道は此方だと少し嬉しく思いました。

-60- (姫街道に関しては、拙ホームページ「姫街道旅日記」に詳しく記載してあります。宜しければ覗いてみて下さい  http://www16.ocn.ne.jp/~toukaido/hime00.html

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

「日本ブログ村・ウォーキング」、ブログランキングに参加しています。何時も御笑覧、有難うございます。

このアイコンをポチッとクリックしていただければ幸いです。応援の一票、宜しくお願い致します。

 

« しらさぎ | トップページ | 姫様道中 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

本家の姫街道は多くの人々の熱烈な愛情で守られているのですね。
前回警護の侍役として出場なさったときのcountry walkerさんの写真をぜひ、ちょっとだけでも見せていただきたいものです。country walkerさんファンとして、今までの写真は大体記憶に残っていますが、姫街道のときの侍役のイメージが残っていません。

姫様道中に参加されていた様子を思い出しました。
なかなか素敵な侍さまでしたね。
次回は参加できるとよいですね。

姫様街道、60 kmですか。
一日で歩きたいと言い出す人がいそうです。

なるほど・・・姫街道にはそんな奥深い経緯があるのですね。
いつか行けたらいいなぁ。
少しでも歴史を知っていると訪問も一味違うものになりそうです。

姫街道は恥ずかしながら初耳なので、「姫街道旅日記」でお勉強させていただきました。結構見所も多く、あちこち寄っているとそれなりの歩くのに時間がかかりそうですね。姫様道中の参加は検定試験の成績によって参加の可否が決定するんですね。厳しい選抜ですね(笑)。

country walkerさんのブログを拝見するようになったのが
こちらになってからですので、残念ながら警護の侍役をされた
country walkerさんのお姿を拝見していません。
是非、ちらっと拝ませていただけたらと思います。

それにしても3問間ちがいでも出場できないかもという
ハイレベルな方たちの集まりなのですね。

PCの調子を崩し遅れました。

東海道を歩かれたcountryさんには懐かしい場所ではないでしょうか。

そろそろ第二東名も開通しますが 当時の面影をしのびながらの旧街道散策もまた楽しいですね。

kumasan77 様
姫街道サミット、入場は無料でしたが200名収容の会場は満席と大盛況でした。
昨年は災害発生により、姫様道中は中止になりましたが一昨年の様子を今度アップいたします。
さえない侍姿ですが御笑覧下さい。

とほ娘 様
姫様道中、覚えていてくださり有難うございます。
今年は高得点の人が多いので無理だと諦めています。
姫街道、素晴しいところです、浜松市北部から愛知県嵩山町までは山道が多いですが、
それだけに昔の状態がそのまま残っております。案内板もバッチリで迷うこともありません。
>一日で歩きたいと言い出す人がいそうです。
是非その方とお二人で歩いてください。貴方方ご夫妻なれば充分可能です。
スタート地点まではご案内いたします。

Ramyy* 様
気候の好い時に野山をハイキングしあたり、一般道を気軽にウォーキングする事も大変楽しいものですが、歴史が好きな人には昔を偲び、先人たちが歩いた道を辿って史跡に触れながら歩いてみるのも実に楽しいものです。
観光バスが入れないところ・・・鄙びた田舎にも探せば沢山素晴しいところが残っております。
楽しいですよウォーキングは。

walkerZ 様
「姫街道旅日記」、御笑覧下さり有難うございます。
旧東海道53次は日本橋から京都三条まで53の宿場を通りますが、このコースは浜名湖口を船で渡ったり、名古屋から桑名までは海上七里の船旅があります。
船酔いする人や荒天時のためにこの「姫街道」や、名古屋~桑名間を迂回する「佐屋街道」が迂回街道として存在していました。
姫様道中でもお姫様や腰元衆は一般公募ですが、供侍など一部はこの検定で上位に入ると出場できます。

akiko21 様
「kumasann77」さんも、同様のリクエストがありましたので、次回さえない侍姿をチラッとアップいたします。笑わないで見てください。
この祭典は合併前は細江町が、現在は浜松市と観光協会が主催しています。したがって浜松市民から毎年公募して出場者を其々選定していますが、この検定合格者には市民以外でも参加出来るような仕組みになっているようです(詳しい事はわかりませんが)

あすか 様
その後、腰の状態は如何でしょうか? 寒さの為か自分も毎朝の起床時が痛く辛いのですが、早く温かくならないかな・・・と毎日そんなことを思っております。
この姫街道、自分にとりましても懐かしい道であり、好きな道でもあります。
新東名は4月14日開通と決まった様です。これで現東名の慢性的な渋滞が改善されたならと大いに期待しております。

 姫街道サミットご来場ありがとうございました。沢山の人に来ていただきたいへんうれしく思います。
スタッフが不足で細かなおもてなしが出来なくて申し訳ありませんでした。
上州姫街道(群馬県下仁田町)や美濃加茂の中山道太田宿に出向き現地調査と講師の依頼をして講師の皆様には町上げて快く引き受けていただきました。全国に姫街道と名の場所があるということは心強い気もします。これからいろいろと交流もしていきたいと考えます。

また、2月26日には細江町観光協会主催の長楽寺の梅を見ながらのウォークがあります。是非ご参加ください。定員100人。姫街道検定と同じように問題を解きながらのウォークです。楽しいですよ。

姫街道連絡協議会 姫街道未来塾

旧東海道巡りで姫街道のさわりだけ歩いたことを
思い出しました。
その時いろいろな場所に姫街道と名付けた場所もあることをも知りました。

姫街道検定 3問間違いで姫様道中参加は無理なのですか~。
皆さまのレベルが高いのですね。

私も鎌倉検定(小さな声で言いますが)を受けてたいと思い参加している
講座がありますが、皆さん 世界遺産への思い入れや、愛する気持ちの
深さ、何度も1級を受け(合格済みなのに)日々勉強している姿に
圧倒されてきました。
でもまず一歩からと・・・・・頑張ってみます!

姫街道連絡協議会 姫街道未来塾 様
コメントを有難うございます。今、そちら宛にお礼のメールを致すべく用意をしていたところでした。
改めましてサミットの大盛況と大成功、おめでとうございました。
開催に至るまでの準備、そして当日は何かと本当に大変であった事と推察いたします。お陰さまで好い企画にめぐり合え、1日有意義に過ごすことが出来ましたこと、厚く御礼申し上げます。

26日のウォーク、梅とのタイミングも良く、参加したいのですが、当日は他に予定があり残念ながら参加ができません。次の機会には是非参加出席したいと思っております。
今後とも宜しくご指導の程お願い致します。

セロリさん 様
姫街道、見附から御油間で時々目にしたり耳にした街道名だと思います。
この街道、浜松北部の気賀宿(姫街道にも宿場が4箇所ありました)から嵩山宿までの間が特に素晴しく絶対におススメの街道です。あの「篤(あつ)姫」や将軍家献上のゾウの一行も通りました。
鎌倉検定、難しそうですが是非とも頑張って下さい。
先日、東海道検定のニュースも新聞に掲載されておりましたがなかなか難しそうでした。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/43921217

この記事へのトラックバック一覧です: 姫街道サミット:

« しらさぎ | トップページ | 姫様道中 »