2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« みかんの里三ケ日文化財めぐり | トップページ | しらさぎ »

2012年1月24日 (火)

カワセミ

今朝は冷え込んで寒かった。朝のTVニュースでは関東地方に雪が積もったと報道していた、寒いわけである。

昨日、久しぶりに市内の池にコハクチョウを見に行ってみたが、コハクチョウは不在、近くの田んぼか池に出かけたのかもしれない。

それならばと、ひとつ小さな山を超え、ミニハイキングで山に囲まれた山中の沼に行ってみたが此処でも見当たらず、居るのは数百羽以上の数え切れないほどの鴨ちゃんばかり。

Img_1156 Img_1113

沼に隣接する小さな池に行ってみたところ大砲レンズを構えたカメラマンがひとり。此処では過去にも数回カワセミを撮ったところである、挨拶して「いますか?」と尋ねたところ、向こう岸にカワセミが枯れ枝に留まっていることを教えてくれた。

Img_1129_2 Img_1263

居た居た!久しぶりのご対面である。カワセミ君が居る所までは35m位であろうか、少し遠いが先ず一枚と急いでシャッターを押した。

隣のカメラマン氏のレンズは凄い、超大砲である「何ミリですか?」と尋ねたところ「600ミリです」。「重いでしょうね?」、「レンズだけでも5kgあり、三脚やカメラ諸道具一式で約10kg担いで此処まで来ました。。。」

レンズには使用カメラの純正品マークが・・・重いレンズを載せるための三脚も凄い、一式で7桁の金額には充分なるだろうな~

ビンボウ人の悪い癖で直ぐにそんなことを考えてしまうのでした。

Img_1276 Img_1287

  コハクチョウを見に来たので本日は三脚は持参せず一脚のみ。距離はやや遠かったがカワセミ君は何度もダイビングと大サービスしてくれたが、ドシロートの悲しさで早い動きについていけずピンボケの山・・・

この池、魚は居ないのかカワセミがゲットする獲物はザリガニばかり(左上写真)、それともカワセミはザリガニの方が好きなのかな。ザリガニだって海老に似ており海老ならば美味いに違いない、自分たちも戦後、食糧難の時代に随分とこのザリガニは食べた記憶がある。

立ってばかりの上、一脚でも前後左右に振れない様力を入れ過ぎた為か結構疲れた、今度は三脚・レリーズ・パイプ椅子等々を持参し、叶わぬまでも再度挑戦してみたいと思った。

カワセミが見えなくなった時、上空には名も知らぬ野鳥が(右上)・・・飛び方から鳶ではなさそうだが、かなり上空を飛んでおりこれもピンボケ。

自衛隊浜松基地所属のAWAXが低空で飛んできた、着陸態勢に入っているのであろうか既に車輪も出ている。このぐらい的が大きければドシロートでも写せるのですが。。。

-58- (写真はクリックで拡大されますが、ヒコーキ以外はトリミングしてあります)

「日本ブログ村・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。何時も御笑覧有難うございます。
このアイコンをアイコンを「ポチッ」とクリックしていただければ幸いです。応援の一票、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

Img_1288 Img_1304

« みかんの里三ケ日文化財めぐり | トップページ | しらさぎ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

生きた宝石 カワセミですね〜
一度は撮りたくなる鳥ですが、色々な道具が必要となりウナダレテしまいます。
貴殿が撮影されたカワセミさんは色が綺麗ですね
次回はダイブするところをぜひ見せてください

あまなつ 様
なんと言っても被写体が小さいこと、そして腕の悪さも手伝ってなかなか上手く撮れません。
ダイブした瞬間もあるのですが肝心、要のピントが・・・
今日も再び出かけてきましたが、昨日同様のものばかりでした。

カワセミくん、素敵ですね。
特に4枚目の飛んでるカワセミくんが格好いいですね。

35mも離れている被写体を、これだけはっきり撮れるのなんて
さすがcountry walkerさんですね。

毎日寒いです
雪が地面にうっすらと白く残るぐらいふりました
ふるさと山形に比べれば降らないと同じです

カワセミみごとに撮られました
おみごとです

カワセミ君との久しぶりのご対面ですね。

確かにい一脚はカメラは支えられますが前後左右ふらつきますね。

私はあまり高価ではありませんが(高価なものは買えません)軽いごく普通の三脚を持参し、
風等でブレる時はバックを重りがわりにぶら下げます。

なきうさこ 様
コメントを有難うございます。
各地で大雪の便りが聞こえる中、
のんびりと撮り撮影を楽しんでいては申し訳ないような気持ちです。
もう少し・・・この次は・・・と2時間以上も粘ってしまいました。
枯れ枝がバックの時にはもう少しアンダーにすればよかったかな、反省ばかりです。

たなちゃん 様
雪は降らなかったのですが本当に寒いですね。
年齢のせいもあるかもしれませんが今年は特に寒い日が多いように思いますね。
昨年は14日に咲いた我家の梅も、今年は未だ一輪も開花しておりません。

あすか 様
カワセミ君とは本当に久々の対面でした。
一脚でも夢中になって長時間構えていると結構疲れます。
やはり三脚は必須でした。自分も高価な三脚は持っておりませんがストーンバッグに物を居れ使用することもあります。

カワセミ君も見事なショットで撮って貰い、満足していることでしょう。
ほんとに美しい写真ですね。
私も一度はこんなに美しいカワセミ君を撮ってみたいものです。

kumasan77 様
いえいえ、お隣のカメラマン氏に撮ってもらったカワセミ君の方が
はるかに美しく写っていることでしょう。
自分としては久々の対面なのでカメラに納まっただけでも満足です。
鳥専のカメラマンからみれば笑われるかもしれませんが・・・

こんばんは。
オスのカワセミですね。
ダイビングシーンよく撮れてますよ。
これだけ枝などがバックにあると難しいですね。
AFがなかなか合わないですね。私なんか、ピンボケの連発ですよ。
飛び込む場所が大体決まってると、置きピンのほうが確立が高くなるので、今度試してくださいね。
今の時期は魚の動きが悪いのでザリガニが多いですが大好物ですよ。??
写真の鷹は、多分ハイタカだと思います。(間違ってたらごめんなさい)

翡翠色と黄色でとても美しい鳥ですね。

ころころと丸こっい姿がとてもかわいいですね。

羽ばたいているショットもきれいに撮れていますよ。

大空高く、ゆうゆうと羽根を広げている鷹もよいですね。

ソングバード 様
カワセミのオス・メスの区分は全く分かりませんが雄ですか。
鳥撮影のプロフェッショナル「ソングバード」さんにダイビングシーンの事をお世辞でもそう仰っていただけると舞い上がってしまいそうです。
レンズが暗いので早いシャッタースピードを稼ぐ為ISOを上げ、アップした写真はトリミング済なので眠い画像は否めません。笑ってご覧になったことと思います。
距離が遠いことと、背景が枯れた樹木がやはり気になります。カワセミはやはりザリガニが好物なのですね、今度は置きピンにしてチャレンジしてみます。被写体がもう少し近ければ暗いレンズでも、もう少しシャープに撮り込めるのではないかと期待しているところです。
ハイタカですか。。。隣のカメラマン氏も鳶ではないと言っておりましたが・・・でも咄嗟のプラス補正が出来ませんでした。未だ未だ駆け出しのドシロートです。
これからも宜しくご指導の程お願い致します。

ホロホロ 様
有難うございます。写真を始めて数年、これと言ったジャンルもなく
それでも風景やら季節の花をメインに撮って楽しんでおりました。
鳥は全くの超初心者で、皆様方に教えを乞いながらチャレンジ真っ最中です。
「ホロホロ」さんの夜の雪、本当にステキでしたよ。

カワセミ、素敵ですね。
こちらの地元の狭山湖あたりにもいるそうですが
私には待つ根性はなさそうです。

カメラ代で7ケタですか・・・
世界が違いますね~

country walkerさんのお写真はいつも素敵ですが
三ヶ日のお話を読んでいると、文章もとても素敵です。
country walkerさんには学ぶことが多いです。

このキレイな鳥がカワセミですか。羽を広げた姿もキレイですね。大砲のような望遠鏡を使わずに撮影したとのことですが、よく撮れてますね。35メートル離れて、この小さな鳥をここまでキレイにとれたのはひとえに、country walkerさんの腕ですね。

akiko21 様
その方の持っていた大砲レンズの価格だけでも7桁ぐらいですから、カメラや高価な三脚代を含めればもう少し・・・です。仰るように世界が違い、自分には到底手も足もでません(笑)
拙い文章に過分なコメントを有難うございます。
妹から文章が途切れ「です、ます」が多すぎると注意されたことがあり、気をつけているのですが・・・PCに疎く、文字の変換間違い等日常茶飯事です、お気付きの点多々あることと思います、ご指摘いただければ幸いです。

walkerZ 様
カワセミ、昨年ウォーキングに出かけたとき、こんな所に・・・と言う場所で見かけたことがあります。かなり町の中で幅5~6mほどの小さな川でしたが、魚が生息している場所には棲んでいるみたいです。
案外思いがけないところで見かけることがあります、生活する為の適応性が優れているのかもしれませんね。
写真はトリミングしてあり、実際の鳥の大きさはもっと小さいものです。

とてもステキに撮れていますよ
カワセミの姿・色合い・その鋭敏な動きまでも人を引き付ける魅力がありますね
拡大して何度も見せていただきました
これからも楽しみにしております
ブログ人気ありますね

あめぶる 様
カワセミ、実に美しく魅力的な鳥です。
>拡大して何度も・・・
有難うございます。
鳥までの距離が遠かったこと、レンズと腕が今ひつなので画像がやや甘く、上手い人から見れば笑止ものです。
「あめぶる」さんのお手製のミニチュア、素晴しいを超えて感嘆の声が出ました。
「日本ブログ村」へ参加してみたなら如何でしょうか、断然の人気だと思いますが。

あわわ、そのような…私ごときには
まだ初めて一月とたっておりません
皆さまのお部屋にお邪魔して修行を積ませていただきまする

あめぶる  様
「あめぶる 」さんのページにお邪魔して、寄せられたコメントの多いこと、そしてその内容から多くのファンがいらっしゃることを知りました。
これは全て貴方様の紹介する作品の特別に優れていること、思わず引き込まれてしまう軽快な文章の賜物です。
これ以上の修行はなさらなくとも・・・と、私は思っておりますが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワセミ:

« みかんの里三ケ日文化財めぐり | トップページ | しらさぎ »