2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 梅 蕾膨らむ | トップページ | JRさわやかウォーキング 新春祈願七草粥と遺跡を訪ねて »

2012年1月 7日 (土)

JRさわやかウォーキング 新春開運宝林寺初詣ウォーキング

日課としているウォーキングは元日以降も毎日続いているけれど、ウォーキングイベントへの初歩きとしてJR東海、天竜浜名湖鉄道共催のさわやかウォーキング「新春開運宝林寺初詣ウォーキング」に妻と二人で参加してきました。

コースは天浜線「金指駅」から同線「気賀駅」までの約8kmと短い。天気は上々であるが風が強く、奥浜名湖に注ぐ都田川河口付近ではかなり寒く、汗かきの自分でも汗が出る事もなく上着を着たままのウォーキングでした。

P1010513 P1010518

最初の訪問地「宝林寺」へは過去にも数回訪れており、初詣も2日に近くの神社その他へと済ましているのでパス。この後、都田川堤防上を歩くことになるが奥浜名湖が直ぐ近いこともあり湖上を渡ってくる風が強く冷たい、帽子を飛ばされないようにして次のポイント「澪つくし橋」(右上)を目指す。

堤防には水仙が咲き、畑にはミカンの木が・・・暖かければゆっくりと鑑賞しながら歩きたいところですが寒さもあってパチリと撮っただけ。

P1010514 P1010511

遊歩道である「澪つくし橋」を渡り終え、もうひとつの見どころ、復元された「気賀関所」へ。

この関所、東海道の付属街道である「本坂道」に設置されていたものであり、気賀は街道の宿場として「本坂道」に位置してる。

本来、東海道五十三次では浜名湖今切れ口を船で渡るが、船旅を避ける人や、今切れのネーミングが不吉との理由で浜名湖を迂回する旅人の為のバイパス的街道であった。女性の利用が多かった事から通称「姫街道」と称され、現在では「姫街道」が一般的な呼称となっています。

「姫街道」、自分もかつて歩いたことがありホームページに残してあります。この街道に関する詳しいことは、リンク集掲載の「東海道五十三次東下り旅日記」に「姫街道旅日記」としてリンクしてあります、宜しければ覗いてみて下さい。

P1010523 P1010532

関所に隣接する「奥浜名湖田園空間博物館」では「新春つるし飾り展」が開かれており、美しいつるし飾りを楽しみ、ゴール地である「気賀駅」へ。

「気賀駅」には、登録有形文化財・この建造物は貴重な国民財産です -文化庁- の、金看板が貼ってありました。

-49- (写真はクリックで拡大されます)

日本ブログ村・ウォーキング」、ブログランキングに参加しています。拙ブログ、何時もありがとうございます。

このアイコンを「ポチッ」とクリックしていただければ幸いです。応援の一票、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

P1010503 P1010506

« 梅 蕾膨らむ | トップページ | JRさわやかウォーキング 新春祈願七草粥と遺跡を訪ねて »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

いや~!すごいですね。
東海道五十三次東下り旅日記の旅のサイトも、ちょっと覗かせて頂きました。
ビックリです。eye
私なんか、家の周りを歩くだけでも3日坊主です。weep
私の友人も中山道を制覇した人間がいますが、とても真似できそうにありませんね。(笑)

今年も元旦から休まず歩かれているのですね。
私は、イベントがないとサボってしまい反省です。

水仙やミカンがあって、気分良く歩けそうですね。

おはようございます。
東京ではウォーキングイベント情報はあまり収集出来ません。(在るのでしょうが)
また現在の自分の状況ではその気力も今の所・・・
部屋でcountryさんの早春の景色やイベントを拝見している時が一番安らぎます。

強い風が吹く中を良く歩かれますね。
昨日12時前の天気図で遠州地方に強風が吹き抜けている状態を示す雲の流れが写っていましたので、もしやと思っていたところでした。
ご無事で何よりでした。
つるし雛は九州の筑後地方も盛んですが、そちらも美しいですね。

空は青空なものの、風が強くて寒かったんですね。
風が強いと歩くのも一苦労、お疲れ様でした。

そんな風の様子がわからいくらい、のどかな風景です。
つるし雛も一足早い春の訪れを感じますね。

ソングバード 様
拙、ホームページご覧になっていただきありがとうございます。
写真は下手ですが歩くことが好きで、今日も夫婦で出かけてきました。
歩いた後の満足感と爽やかさは格別です。

akiko21 様
毎日歩いておりますが、距離は8kmを午前と午後に分けて歩いています。
以前はもう少しぐらいは歩けたのですが、今では自分の体力を基に
マイペースで歩くことを心がけております。

あすか 様
今は腰痛の克服、体力回復に尽きます。
少しづつ、ゆっくり、のんびりと治癒に向けてお過ごし下さい。
お若い頃から鍛えれれた身体、必ず元のようになる事を信じて・・・
生意気なことを書いて申し訳ありません。

kumasan77 様
心配していただきありがとうございました。
天気図は全く解読できず、新聞・TVで気象予報士の話や説明を見たり聞くだけ。
今回の予報は100㌫近い的中率でした。
つるし飾り、今では全国的に広がっているみたいですね。

とほ娘 様
当地方は降雪も殆どなく、まして積雪など数年に一度ですが季節風が強く、電線が鳴るなど日常のことです。
建物の陰になれば気にならない気温ですが、堤防上など風のとおりがよいところでは本当に寒く感じました。

「散歩・ウォーキング部門 4位」 すごいですね。
だんだんとcountryのブログファンが増えてきましたね。

「澪つくし」橋。。。沢口靖子さんの朝ドラを思い出しました。
なにか、関係あるのでしょうか。

「新春つるし飾り展」  良いですね。こういうの見てみたいです。

ホロホロ 様
「ポチッ」と! ありがとうございます。
毎日変動し、ブログアップの間隔が空くとランクが直ぐに下がってしまいます。
それを毎日見ては一喜一憂の繰り返しです。(笑)
「澪つくし」橋、ウイキペディアによれば
「澪つくし」とは、浅海を通行する船に、通りやすい水路すなわち澪(みお)をさししめすために立てた杭のことで、正確には「澪標」と書き「澪の串=杭」を意味する。
と、ありました。
ドラマは千葉県とされており直接の関係はないと思いますが、詳しいことが分からず申し訳ありません。
これからも宜しくお願い致します。

8kmのウオーク、お疲れ様でした。
もう水仙の花が咲いているのですね。
コメントが出遅れてしまいましたが、前の記事の梅のつぼみの膨らんだ姿・・・などを見ると、春の足音が近づいているように感じます。
見所が多いウオークだったように思いました。

今日の月例会は風邪の為欠席してしまい、回復したらイヤーラウンドから復帰する予定です。

いつもとは趣の違う写真・・・寒さが伝わる内容でした(笑)
つるし雛は稲取が有名ですね。
こちらでも7年ほど前から古い民家が軒を連ねる海沿いの集落で徐々に規模を大きくして展示されるようになり、人が集まるイベントとなっていた中で・・・地域が大きな津波被害を受けてしまいました。
ただ、今年も規模を縮小してでもなんとか開催すると聞いています。

のりちゃん 様
水仙は12月頃から咲き出し、今が見頃かもしれません。
梅の蕾も膨らんできましたが、早咲きで有名な熱海梅園でも
今年は寒さのためやや遅れ気味と報道されていました。
季節は春でも未だ未だ寒いです。
でも北国の人たちから見れば笑われるかもしれませんね。

親子ウォーカー 様
つるし雛は県内では稲取が有名です。
自分も河津桜が咲く頃、訪れたことがあります。
今回見た会場では「つるし雛」ではなく「つるし飾り」になっていました、
双方、それほど変わりがないように思いますが、何処か違うのかもしれませんね。
尋ねてみればよかったと今頃になって後悔しているところです。

強い風の中、ウォーキングお疲れ様でした。約8キロと比較的短めもイベントとのことですが、結構見所は多いと感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/43657883

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング 新春開運宝林寺初詣ウォーキング:

« 梅 蕾膨らむ | トップページ | JRさわやかウォーキング 新春祈願七草粥と遺跡を訪ねて »