2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

今年の1年

今年も残すところあと二日となりました。

庭の手入れは、本県を襲った台風15号の影響もあって庭師が超繁忙の為、来年へと持ち越しとなりましたが家の大掃除も終わり、昨日はお墓参りに菩提寺にも行ってきた。今年も何とか終わった感じで、年末に行う我家の諸行事も大体終了しました。

この1年を振り返り見れば東北大震災をはじめ、私事では身内の不幸や、自身の腰痛、軽度で済みましたが脳梗塞など好い想い出になるものが無かった1年でもあります。

それでも日課のお散歩ウォークを含めて、悪天候で休んだ2日間以外今日まで362日、ウォーキンクを楽しむ事が出来ました。昨年は4日間休みましたが今年は2日だけと、何とか歩くことが出来る毎日に感謝、感謝です。

1

本日のレポートが本年最後の投稿となります。

10月末に閉鎖となった前サイトからこちらに移転し3ヶ月弱、拙いブログではありましたが訪れていただいた方、暖かいコメントを寄せて下さった皆様、そしてブログ村への「ポチッ」と、クリックして下さった皆々様、本当にありがとうございました。来年もまた、是非宜しくお願い申し上げます。

皆々様方、良いお年をお迎え下さい。写真は過去に撮影したものです。

-45- (写真はクリックで拡大されます)

「日本ブログ村・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。拙ブログを何時も御笑覧ありがとうございます。
このアイコンをポチッとクリックしていただければ大変嬉しいのですが・・・本年最後の応援の一票、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2

2011年12月28日 (水)

お散歩ウォーキング  水仙・菜の花・山茶花

此処のところ続いていた日本列島を覆う寒波も一歩後退したのか朝から風もなく久々の好天気である。お寺へのお墓参りや汚れた車の洗車の合間に何時もの河川堤防を歩いてきた。

Img_3796

このコース、昨日までのように寒くて強風が吹いている日には到底歩くことは出来ない。そんな時には田舎道の少しでも家屋のある道を選んで歩いていますが、今日の様な好天日にはやはり長閑な堤防コースになります。

この時期、堤防に咲いている花は流石に少なく、秋から咲き続けているナノハナと、今が見頃のスイセンのみ、これらの花と堤防近くの公園に咲いているサザンカをパチリ。

直射日光が当たって反射が強く、反射抑えのフィルターを忘れたのが大失敗でした。

Img_3755

-44- (写真はクリックで拡大されます)

「日本ブログ村・ウォーキング」、ブログランキングに参加しています。拙ブログ、何時も御笑覧ありがとうございます。
このアイコンをポチッとクリックしていただければ大変嬉しいのですが・・・応援の一票、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Img_3782

2011年12月26日 (月)

ライトアップ・御前崎丸

12月25日(日)

幻想的「御前崎丸」光の海に浮かぶ

御前崎港の観光物産会館「なぶら館」前に展示されている御前崎丸が1月9日まで、約2万個の電飾でライトアップされている。
冬の風物詩となっている同市観光協会主催の恒例行事。御前崎丸は全長21メートルで、かつて県の漁業取締り船として活躍した。巨大な船体が幻想的な光の海に浮き上がり、見物客を楽しませている。

過日、地元紙である静岡新聞に以上のようなタイトルと記事が掲載されていました。

Img_0121 Img_0137

自宅から御前崎港までは往復およそ100キロ、記事を読んでから期間中に一度は訪れてみたいと思っていた。

退役人間でも年末は何かと忙しく、なかなか出かける機会が無かったが、御前崎海鮮市場へお正月用の冷凍魚貝類の買物を兼ね夫婦で行ってきました。

17時で終了する同市場でのショッピングに合わせて早めの出発。途中の御前崎海岸では強風の中、ウインドサーフィンに興ずる人達を暫し眺め御前崎港へ。

Img_0148 Img_0037

買物を終え、5時半からの点灯まで駐車場の車内で待機。今日は特に風が強い、海に近いこともあり強風が吹きまくり車がぐらぐら揺れる。やがて点灯したが周囲が暗いこともあり想像以上の美しさでした。強い風の為、波を表現する電飾がゆらゆらと揺れて、大波小波をイメージしている様なところがまた印象的でした。

折からの寒波襲来で殊のほか寒いうえに、妻の毛糸の帽子が吹き飛ばされる程の猛烈な季節風に持参した三脚も立てられず、風に飛ばされそうになりながら何とか数ショット撮り、早々に引き揚げました。

待ち時間は1時間弱、撮影時間は僅か数分のひと時でした。

-43- (写真はクリックで拡大されます)
「日本ブログ村・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンをポチッとクリックしていただければ大変嬉しいのですが・・・応援、宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

Img_0067 Img_0101

2011年12月24日 (土)

JRさわやかウォーキング 名刹・岩水寺と森林浴

12月23日(金・祝日)

JR東海と遠州鉄道、天竜浜名湖鉄道による3社共同開催開催のウォーキングイベント「名刹 岩水寺と森林浴ウォーキング」約10キロに夫婦で参加してきました。

比較的近い場所での開催であり、3社共同なので参加スタンプも3個貰える美味しい企画でもある。

寒波襲来で寒い日が続いておりますが天気は晴れ、天浜線二俣駅より乗車し、西鹿島駅で遠鉄に乗り換え、スタートは遠鉄岩水寺駅。

来春開通予定の新東名近くを歩きながら本日のみどころ、岩水寺、県立森林公園を目指した。岩水寺は現在巡っている途中の「遠江49薬師」のひとつであり好いタイミングと参詣し、薬師堂前で般若心経を唱え参拝の証、納経帖にご朱印を頂いた。

所々に名残の紅葉を眺めつつ広大な森林公園入り口に到着。この公園、とにかく広い、迷路のような散策コースが四方八方綺麗に整備されている。

1_3 2

最深部で48mの高さのある吊橋や美しい池を眺め、アップダウンの繰り返す美しい赤松林が続く中、木漏れ日を浴びて歩いた。舗装の無い土の遊歩道は気持ちが好い、落葉をカサカサと踏みしめながら存分に森林浴を楽しみました。

3 4

ゴールは天竜浜名湖鉄道宮口駅、此処からウォーキング用に増発された天浜線の臨時列車で天竜二俣駅まで乗車し、駅から比較的近い場所に四十九薬師の2寺院が存在していることもあり、好いチャンスと駅から再び歩いて参拝した後、帰宅しました。

天浜線では運転席横の窓から天竜川鉄橋付近をパチリ。本日の万歩計歩数 22.440歩 推定距離15~6km

-42- (写真はクリックで拡大されます)

「日本ブログ村・ウォーキング」ブログランキングに参加しています。このアイコンをポチッとクリックしていただければ大変嬉しいのですが・・・応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

5

2011年12月22日 (木)

新しいカメラ

新しいカメラを購入しました。

今まではカメラはキヤノン60Dをメインカメラとして、サブに40Dを使い分けていました。下手の横好きで写真が大好きな自分ですが、予てより欲しいと狙っていたカメラがあり、レンズは別で本体がある一定の額になれば買いたいなと思っていた。

所用でカメラ専門店の近くに行き、一寸覗いてみたところお目当てのカメラがレンズは別で本体のみ、期限付きで5桁の金額で販売されていた。

この価格はネット販売の価格情報を提供している価格・comの最安値と殆ど差が無い値段である。

古いカメラの下取り値が良ければ・・・と、自宅に戻り古い方のカメラ、40D本体とバッテリーグリップ、充電器・取り説やケーブル類一切を購入時の箱に入れ下取り査定に持って行った。

Img_3749

当初、予想していた価格より1万円位高い査定が出てびっくり。4年半前、妻と一緒に40Dを2台購入したので1台分のケーブル類やCD取り説も全く使用していない新品同様のビニール袋に入ったまま、それらも査定アップに若干繫がったらしい。

粘って交渉した結果査定額も上積みしてくれ、液晶部分の保護フィルムもサービスしてくれるというのでOKし、即日購入を決めました。

今回購入したEOS 7D、発売時の最高値より6万円以上も値下がりしている、これは新型の発売が近いのかも知れない。これからはバリアングル付のEOS 60Dは花撮影専用に、新しい7Dをメインカメラとして愛用していきたいと思っています。

-41-

「日本ブログ村・デジタル写真」

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。このアイコンをポチッとクリックしていただければ大変有難いのですが・・・応援、宜しくお願い致します。

2011年12月21日 (水)

プランターの花

寒い日が続いています。

今日も日課としているお散歩ウォーキングに出かけた。上空は晴れてはいるが薄くモヤがかかった状態である、それでも堤防上の富士山スポットからはやや霞んではいるが霊峰を望むことが出来た。

富士山が見られるとやっぱり嬉しくなります、富士山は日本人の心のふる里と言われていますが、まさに言い得て妙である。

Img_0986 Img_0991

この時期、流石に堤防の遊歩道脇に咲く花は少ない。今咲いている花は、随分前から咲いているナノハナと最近咲き始めたスイセンだけ・・・今朝の新聞に伊豆・下田の爪木崎の水仙まつりが今日から開催され、現在は3分咲きだと報じられていた。渇水期で水量が極端に減ってしまった川では4~50cmはあるだろう大きな鯉が背びれを出して泳いでいる。

ナノハナと水仙は過去にもアップしており、今日は自宅プランターの花をパチリ。

Img_0996 Img_1009

「日本ブログ村・デジタル写真」、ブログランキングに参加しています。このアイコンを「ポチッ」とクリックしていただければ大変嬉しいのですが・・・応援、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

-40- (写真はクリックで拡大されます)

Img_0994 Img_0995

2011年12月18日 (日)

さった峠・夜景

12月17日(土)

今日も寒い。上空の強い寒気と放射冷却の影響で県内は今冬一番の厳しい冷え込みと報道されていました。

日課としているお散歩ウォーキングに出かけた。朝から季節風が吹いて顔が冷たい、だが昨日とは一変して、地平線の彼方まで雲ひとつ無い快晴である。

散歩途中の富士見ポイントでは霊峰がクッキリと見ることが出来た、先週は所用で「さった峠」へのウォークイベントには参加出来なかったが峠は今日も素晴しいに違いない。午後になって外に出てみたが、四方の上空に雲は全くない、「さった峠」へ行ってみようと写真仲間のSさんを誘って出かけることにした。

Img_3678_3 Img_3686_4

静岡市内に入り、富士山が大きく見えてきた時点で南北の空に雲が見えてきた。あの雲で富士山が覆われることのないようにと、念じながら走った。

日没1時間前に峠に到着。撮影ポイントには早くも10人ほどのカメラマンが三脚を立てて日没を待っている。自分達ふたりも挨拶して仲間に入れてもらった。寒さに備え、毛糸の帽子に手袋、防寒用ジャケットに防寒ズボン、トレッキングシューズに使い捨てのカイロも忍ばせて準備万端日暮れを待つ。

Img_3714Img_3730

「日本ブログ村・デジタル写真」 ブログランキングに参加しています。下のアイコンをポチッとクリックしていただければ大変ありがたいのですが・・・応援、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

今日の目的のひとつ、日没前後の極めて短い時間に山頂付近がピンク色に変わる一瞬を撮れたならばと、常時使用のズームレンズに変えて単焦点の明るいレンズを装着。心配した雲も全く現れることもなく、刻々と変わる夕景~夜景を撮りながら峠の景色を楽しむ事が出来ました。

到着が少し早すぎたかな・・・と思っていたところ、千葉から観光バスで来た写真教室の一行や好天に誘われ地元のカメラマンが続々と集まり撮影ポイントは人の入る余地無し、早めの出発で早く到着して正解だった。

-39- (写真はクリックで拡大されます)

Img_3737Img_3741

峠付近には他県ナンバーの車も多く、千葉から来た中型バスも駐車していた。あの狭い峠道をよくぞ・・・と感心しながら帰途につきました。

2011年12月16日 (金)

遠州浜海岸

朝から季節風が吹きまくり、今も電線がヒューヒューと鳴っている。

今日も日課としているお散歩ウォーキングに出かけた。上空には部分的には青空も見られるが雲が低く垂れ込めている、時折陽が差すが気温も低く風が殊のほか冷たい。

Img_3529 Img_3584

雲に覆われた冬の海を見てみたくなり近くの海岸まで出掛けた。風は強いが海は想像していたより穏かだった。広い砂浜には釣り人がただ一人黙々と竿を振っていた。

風が強いのでフードを被り、カメラにはタオルを巻いて飛んでくる砂と潮風に備えた。10分ほど海を写していたが寒さと飛砂に耐えかねて早々に退散、近くの漁港で係留されている漁船をパチリ。

-38- (写真はクリックで拡大されます)

 「日本ブログ村・デジタル写真」ブログランキングに参加しています。このアイコンをポチッとクリックしていさだけたら大変あり難いのですが・・・ 宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

Img_3610 Img_3655

  

2011年12月14日 (水)

房総九十九里浜

12~13日、千葉で法事があり妻とふたり出掛けてきました。千葉には今年になって1月と4月にも行っており三度目の訪問です。

二日間ともに天気は快晴、往路の新幹線の車窓からは富士山がクッキリと眺める事が出来た。

Img_10

千葉の親戚へは東京駅からの高速バスが便利なので今回もバスに乗車、4月に訪れた時と同じスカイツリーがよく見える清洲橋付近でパチリ。4月の時には偶然、小船が白い航跡を描いてこちらに向かって航行しているところで、この写真を地元新聞社へ投稿したところ採用され、今年二度目の掲載になりました。

今回は船の航行もなく、しかも反対側のバスの窓が写ってしまい投稿できるような代物ではありませんでした。

Img_11 Img_12

法事の後は何時もの九十九里町「サンライズ九十九里」に投宿。夕食には義兄の特注で地元で獲れた美味しい海の幸を存分に味わった。

部屋から見える夕陽は美しかった、翌朝の日の出も期待していたが水平線には厚い雲があり、日の出時のダルマ太陽は残念ながら見ることは出来なかった。

Img_13 Img_14

岐阜から法事に参加した妹と夕食の際、戦後東京に住んでいた場所はどうなっているかな・・・などが話題になり、丁度好い機会であり明日一緒に行ってみようと意見が一致。

翌日、元住んでいた北区の十条を尋ねて行ってきました、この時に威力を発揮したのが妹が持参の「スマホ」。この「スマホ」、とにかく便利が好い、目的地までの交通手段は勿論、時間距離までたちどころに表示してくれる。

パソコンで利用する経路とカーナビを合体させ、しかもパソコン機能もあると言う。現代のケータイとPCを併せ持つスグレモノだと思った。

Img_15

十条までは京浜線を利用し東十条駅へ、帰りは埼京線で十条駅から東京駅に戻った。東十条駅では立ち寄った立ち食いうどん店の親父さんが偶然自分の通学していた中学の先輩で、住んでいた十条付近も環七が通り随分と変わりましたよ・・・と話してくれた。

元の居住地は、何人もの人に尋ねたが何しろ60年前のことであり、記憶に残る大きな目印は卒業した小学校と神社に交番だけ。交番は移転して元の場所には無く、彼方此方と乏しい記憶を頼りに歩くもなかなか分からず、諦めかけていた時、通りすがりの年配の女性に目印となる自転車屋さんの名前を聞いたところ「此処ですよ」と教えてくれた。

この付近は環七から僅かに入った小路が迷路のように続く場所であるが、元自転車屋さんから3軒離れた元の居住跡は区画整理の対象外であったらしい。記憶に残るご近所の表札も確認、妹はこの地で生まれただけに感慨もまたひとしおである。

帰りは埼京線十条駅から乗車。駅前銀座は平日にも関わらず随分と買い物客で賑わっていた。地方の○○駅前銀座はシャッター通り化したところが多い中、この賑わいはいささか驚いた。旧東海道を歩いた時の保土ヶ谷、松原商店街の賑わいを思い出した。

何時かは行ってみたいと長年思っていた懸案事項もこれで一件落着、今度の法事参列は特別な意味を持った千葉訪問になりました。

-37- (写真はクリックで拡大されます)

「日本ブログ村」、ブログランキングに参加しています。このアイコンをポチッとクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2011年12月11日 (日)

JRさわやかウォーキング 軽トラ市と皆既月食

冷たい風が朝からかなり吹いているが今日も快晴。JR東海が開催するさわやかウォーキング「みんなで軽トラ市・磐田駅前楽市ウォーキング」に夫婦で参加してきました。

軽トラ市とは荷台をお店に見立てた約90台の軽トラックが、野菜、花、衣類、雑貨など多種多様なものを対面販売する青空市場です。最近各地でこの様な催しが開かれることが多く、駅前通りは歩行者天国で毎年多くの人達で賑わっている。

P1010438 P1010432

磐田駅前をスタートした時には開場時刻前で未だ準備中の店が多かったが、帰りには大勢の買い物客でごった返すほどの人気でした。

コースは、かぶと塚公園~家康・信玄との古戦場である一言坂の戦跡~地元造り酒屋千寿酒造を経て磐田駅に戻る約8km。

農大前のイチョウ並木はすっかり落葉していたが、かぶと塚公園では名残の紅葉と富士山を眺め、千寿酒造では各種お酒の味見を楽しみ、妻はこれが美味しいとお正月用にイチゴのリキュール類を購入。ゴール前の軽トラ市でも花や野菜等々の買い物を楽しんだ。

P1010427 P1010424

ゴール後、JR担当者に本日の参加者を尋ねたところ約1.400人ですが昨日の「さった峠」では2千人以上が参加してくれましたと語っていた。

昨夜の皆既月食、準備しておりましたが月食の始まる時間に空は雲に覆われて月や星は全く見えず、諦めて片付けた後、就寝前に夜空を見上げたところ雲間に時々赤い月が現れ、慌ててカメラを持ち出し手持ちで撮影した1枚です。若干の手振れもありハッキリとした映像ではありませんがアップしました。

当初、月の周囲に金環食の様な輪郭が出来るものと想像していましたが、今朝の新聞によれば月食は真っ暗にはならず太陽光が地球の大気により屈折し、月に届く為オレンジ色や赤銅色に見える・・・とのことでした。

-36- (写真はクリックで拡大されます)

 「日本ブログ村」ブログランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

P1010418 Img_3509

2011年12月10日 (土)

お散歩ウォーキング 富士山

朝から快晴、何時ものように日課のお散歩ウオーキングに出かけてきました。自分の定番コースである堤防上から見渡す風景は、農村地帯でもあり田畑も秋の装いが終わり冬支度である。

Img_0832

今朝は、夏の間殆ど見られなかった富士山が東の方角にかなりハッキリと眺めることが出来た。山頂に雪を頂く霊峰は、この時期になれば遠く離れた静岡県西部地方からも比較的容易に見ることが出来ます。

本日はJR東海が主催するさわやかウォーキングが東海道の名勝「さった峠」で開催されている。出来ることなら参加したかったのですが、午前中に所用があった事や、「さった峠」には写真目的や旧東海道を歩いた時などを含めウォーキングでも十数回訪れており参加を断念しました。

お散歩コースから富士山を眺め、本日JRイベントに参加した人たちは、さぞ満足しているだろうなぁ・・・と思った。

帰宅後、カメラを持って再び富士山が見える自称「富士見堤」へ出かけパチリ。

-35- (写真はクリックで拡大されます)

 「日本ブログ村」、ブログランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Img_0834

2011年12月 8日 (木)

コハクチョウ(2)

12月7日(水)

市内に周囲4kmほどの鶴ヶ池と呼ばれる池があり、カモなどの水鳥が多く集まる源頼朝伝説の池でもあります。

この池に近年コハクチョウが飛来するようになり、昨年も5羽が確認されました。ツルやハクチョウが越冬のために多く飛来する有名な地域からみれば僅か5羽ですが、当地方では珍しいと毎年地方版の新聞記事になります。

今年も5羽がやって来て新聞でも報道された、早速自分もカメラを持ってコハクチョウを撮りにでかけ、過日このブログ上でも紹介させていただきました。また、撮影した写真を新聞社に投稿したところ採用され更に嬉しい思いもしました。

Img_0828_2 Img_0811_2

昨日、写真友達であるS氏からコハクチョウが更に4羽飛来したと連絡を貰った。温暖とされる当地方で9羽ものコハクチョウは極めて珍しい、同氏の話によれば隣の桶ヶ谷沼や、近くの田んぼへ朝7時前頃一斉に池を飛び立つことがあるという。

自分もコハクチョウの撮影は毎年行っているが、未だに飛び立つところは見たことがない、早起きして6時過ぎに池に行ってみた。驚いたことに未だ薄暗い撮影ポイントには既に6~7人のカメラマンが三脚を立てている。

7時半まで皆さんと粘ったが飛び立つ気配はなく、午前中に所用があるため一旦帰宅、午後から再び出かけてきました。全て後ろ向きでしたが、池の中で2~30mほど飛んだところをパチリ。

-34-(写真はクリックで拡大されます)

 「日本ブログ村」、ブログランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

Img_0748_2 Img_0781

2011年12月 6日 (火)

金波・銀波、ダルマ太陽

12月5日(月)

風はややあるが朝から上空には雲ひとつ無い晴天である。好天に誘われ近くの海岸へぶらりと出掛けてきた。

砂浜には先の台風で打ち上げられた流木が散乱しており、重機が入って流木の片付け作業が行われているが海が穏か過ぎるのか何時も見かけるサーファーの姿は全く見えない。

海辺には釣り人が数人、ルアーフィッシングを楽しんでいるだけ。砂浜に座り、目前に広がる穏かな太平洋を眺め、長閑でのんびりとしたひと時を過ごしました。

Img_1 Img_2

帰宅後の夕方、西空を見たところ昼と同じで雲は全く見られない。久しぶりで海に沈むダルマ太陽を見ることが出来るかもしれないと、太陽が西に傾く頃、再び海に行った。

水平線の彼方には微かな雲が浮かんでいたが影響も無く、期待どおりのダルマ太陽を眺めることが出来ました。

ダルマ太陽と金波を、昼には銀波と釣り人をパチリ。

Img_3 Img_4

-33-(写真はクリックで拡大されます)

「日本ブログ村」、ブログランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

Img_3244 Img_3304

2011年12月 4日 (日)

JRさわやかウォーキング 袋井の古刹油山寺と旧東海道

先月末、滋賀県の紅葉名所、湖東三山と永源寺を訪ね、1日には地元の紅葉名所と呼ばれている遠州森町、小国神社と大洞院、そして天竜二俣城址を今年の紅葉の見納めかもしれないと出かけ、期待にそぐわぬ見事な紅葉を満喫してきました。

P1010346 P1010367

本日は、JR東海主催の表記のさわやかウォーキングが開催されている、風雨の強かった昨日、紅葉は終わってしまったのでは・・・と、思いつつも夫婦で参加してきました。

今日のコースはJR愛野駅をスタートし、見どころである袋井市の古刹「油山寺」、「千鳥ヶ池」の紅葉と旧東海道の松並木を歩き袋井駅にゴールする13.5kmのコース。

P1010373 P1010391

天気は、やや風があるものの朝から雲ひとつ無い快晴。「千鳥ヶ池」はいまひとつの感じは否めませんでしたが「油山寺」の紅葉は未だ健在だった。掛川城大手門を移築した山門付近が紅葉ポイントであるが、逆光に輝く赤や黄色、そしてオレンジ色に緑も加わり美しい。

ウォーキングであり、持参したのは全自動のポケットカメラ、紅葉は太陽を真正面に受けての逆光撮影でした。

「油山寺」は、今秋から二順目を始めた「歩いて巡る遠江四十九薬師巡り」の第38番札所でもあり、丁度好い機会である。

本堂前でご本尊である薬師如来に参拝し、何時ものとおり覚束なくも「般若心経」を唱え、納経帖にご朱印を頂いた。

途中、ウォーキングにはよく参加するというJRの参加バッジを付けたワンちゃんに出会いパチリ。

P1010355 Dc120401

今日のコースから少し離れたところには39番、40番札所が有り、足を伸ばし歩いてきました。膝の良くない家内は通常コースを歩きゴール地へ。自分は途中で道を間違え想定外の時間がかかり、ゴール地の袋井駅では寒い中を1時間ほど待たせてしまい悪いことをした。

JRのコースは13.5kmでしたが足を伸ばして歩いたこともあって、万歩計は30.970歩と3万歩を超えました。推定歩行距離21km。

-32-(写真はクリックで拡大されます)

「日本ブログ村」、ブログランキングに参加しました。ポチッとクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

2011年12月 1日 (木)

紅葉散策、遠州森町・小国神社と大洞院、そして二俣城址

今年の紅葉も終わりに近い、一昨日は滋賀県の紅葉名所、湖東三山と永源寺を訪ねました。今日は地元の紅葉名所と呼ばれている遠州森町、小国神社と浪花節で御馴染み、遠州森の石松の墓がある大洞院、そして徳川家康の長男、信康哀史で知られる天竜二俣城址へ紅葉の見納めかもしれないと出かけてきました。

1 2

今年は当地方を直撃した台風の影響もあり、紅葉の遅いところ、既に終わってしまったところ等々諸説紛々でした。訪れた何れのところもでも赤色のモミジは盛期を越えた感がありましたが、イチョウ始め黄色のモミジはこれからといったところもあり様々な状況でした。

小国神社では地元森町出身の書の大家、杭迫柏樹氏の書道展「ふるさとの詩」が開催されており入場してきた。書は全く分かりませんが、同氏のにこやかな応対が印象的でした。

3 4

予報は朝のうちは曇りで午後からは雨、実際に二俣城址を後にする頃にはパラパラと降ってきた。それでも今年最後となるかもしれない地元の紅葉を楽しむことが出来ました。

(写真はクリックで拡大されます)

5 6

-31-

「日本ブログ村」、ブログランキングに参加しました。ポチッとクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »