2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« つわぶき(2) | トップページ | JRさわやかウォーキング 森町と小国神社 »

2011年11月11日 (金)

コハクチョウ

先般、わが町に飛来した冬の使者コハクチョウ一家の事が気になり、翼を休めている市内の「鶴ヶ池」に今日も出かけてきました。

「鶴ヶ池」をねぐらとして、小さな山をひとつ隔てた隣の「桶ヶ谷沼」との間を時折行き来しているとも伝え聞いていたが今日も同池で美しいその姿を見ることが出来ました。

Img_2498 Img_0491

先日は、岸辺から離れた場所でしか見ることが出来なかった。

飛来直後でやむを得えないのかもしれないが、昨年はかなり至近距離でも見ることが出来た、少しでも近くに寄って来てくれれば・・・と微かな期待を込め、カメラには500ミリの長いレンズをセットし、近くに来てくれた時のことを想定し、通常のズームレンズのカメラと二つ持って出かけてきた。

Img_0447 Img_0548

池畔に作られた東屋風の展望台には既にカメラマンがふたり三脚を立てていた。挨拶を交わし仲間に入れてもらい待つこと1時間弱、葦の茂みの中から親子であろうか5羽がゆっくりと現れた。

Img_0551 Img_0555

ゆっくりと水面を移動するそのさまは実に優雅で美しい。遠くに居る時は500ミリでやや近づいてくれたときには広角レンズでと、夢中でシャッターを押した。日中は飛翔することは無く、飛びたつ時は日の出頃ですよと、顔見知りの野鳥専門に追い続けるベテランカメラマンの一人が教えてくれた。

「鳥専」カメラマンから見れば噴飯ものの写真ですが・・・

Img_2579 Img_2517

                                                       -21-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村  ←ブログランキングに参加しました。クリックしていただければ幸いです

« つわぶき(2) | トップページ | JRさわやかウォーキング 森町と小国神社 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

お見事!
観客席は総立ち ブラボーの嵐です
観客の一人 私はもう鳥肌立つくらい 感激しました。

まさに白鳥の湖の舞台です
五羽がユックリ現れた・・・上から三番目の左の写真
ゆっくり移動する姿、白いチュチュを着て踊るシーンです
バレエ大好き kumasan 早く来ないかな

この写真懇意にしている バレエの先生に見せてあげたいです。

このブログに音楽が流せたら・・・ デジブック いかがですか?

はなまりん 様
相変わらずの過分なコメントで恥ずかしいです。
曇り空で風が無く、白い主役達が黒い背景のお陰で目立ちました。
風がなかったのも幸いして、場所によっては映り込みも撮りこめました。
後は、飛翔するところですが、1日中飛ばない日も多くありこれが難物です。
デジブック、私の腕では些か・・・

countrywalkerさんへ
 いえいえ過分なコメントなんて とんでもございません。
本当に感激しましたのよ

白鳥の湖 バレエをご覧になった方は、びっくりなさると思います
この描写 

ここに黒鳥が現れれば・・・・ そんなことまで思いましたもの
説明もわかりやすく countryさんのご苦労で パソコンの前で拝見させていただき
喜んでおります。ありがとうございます

暗い水面に 白い白鳥たちが本当に映えますね!
ゆったりと優雅に 5羽がそろって水面に浮かぶ姿
とても美しいです。

500mmレンズ!
わたしが持ってる望遠200mmでさえも
重いな~~なんて思ってますのに・・・
さぞかし大きいのでしょうねえ・・・。

飛び立つ姿をものにしようと思ったら
本当に ただただ、忍耐 忍耐 なのですね(汗)。

はなまりん 様
いや~ 本当に有難うございます。
そこまで仰っていただければ嬉しい限りで、舞い上がってしまいそうです。
曇って、背景の山陰が水面に黒く映りこんでくれたのが幸いしました。
飛翔するところが見たいです!

くり 様
500ミリ、確かに重いです。
重いので三脚を立てて使用し、もう1台(18~200ミリ)は首に掛けての二刀流です。
200ミリもバッテリーブリップを装着しているのでこれも長時間では堪えます(笑)
でも、好きな事をしているので撮っている時は忘れてしまいますから不思議ですね。
 

本当に「はなまりん」さんの仰る白鳥の湖ですね。思わず口ずさみました。♪♪
宮本武蔵の二刀流で忙しかったですね。

本当、みなさんがおっしゃるように、白鳥の湖・・ですね。
優雅に水面を進む白鳥、ゆったりと時間が止まったような感じです。

あすか 様
「あすか」さんと同じ500ミリ、そして18~200ミリをふたつのカメラにセットして出かけました。
でも皆さん凄いです、フルサイズのカメラにに純正の大砲レンズ。
「鳥専」さんの装備は凄いと思いました。

とほ娘  様
何時も近くで見る白鷺は警戒心が強く、なかなか近寄れませんがコハクチョウ、人を疑う事を知らないかの如く、かなり近づいてくれました。
綺麗な眼が印象的でした。

初めてこちらにお邪魔いたしました。ここにはcountry walkerさんのすごい世界が広がっていますね。
ハクチョウの素晴らしい写真、はなまりんさんがおっしゃるように、まるでバレエ「白鳥の湖」の世界です。ほんとにバレエを見ているようです。
ハクチョウが人を疑うことなく、純真な目で、こちらに近寄ってきてくれる時は最高の気分になりますね。

kumasan77 様
拙ブログにお越しいただき有難うございます。
SNS閉鎖のニュースを聞いてから、彼方此方と探しましたが最終的にこちらに落ち着く事に決めました。
沢山の人達が移動した「蒲郡」ではウォーキングの記録や、従来の皆様方との繫がりを失いたくない気持ちもあり、ウォーキング関連は「蒲郡」。
写真のUPも沢山出来るので、外部発信はこちらと決めた次第です。写真の上でクリックしていただければ拡大が可能です。
思い出した時でも結構です、時々覗いていただけたなら本望です。

コメントが遅くなりましたが、白鳥の羽を広げた姿は何とも言えません。
実にすばらしいです。

白鳥ではなくカモの写真を何枚か撮影していますが、羽を広げている姿、動いている姿を撮影するのは難しいです。
カメラを持ってじっくり構えての撮影、必須かな?と思いました。

のりちゃん  様
有難うございます。
鷺や鴨達は人間を警戒してあまり近づいて来ませんが、このコハクチョウ一家、
かなり近づいてきます。
人を信じて疑う事が無いような綺麗な眼、優雅で美しいその姿・形がますます好きになりました。
出来る事ならば、何時までもこの地に留まって欲しいと思う一方です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コハクチョウ:

« つわぶき(2) | トップページ | JRさわやかウォーキング 森町と小国神社 »