2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

« ウォーキング・薬師巡り | トップページ | 妻入選、我落選 »

2011年11月 1日 (火)

市・芸術祭 入選

Dc110101 今日からは11月。紅葉には些か早い当地方ですが秋は本番、食欲の秋、芸術の秋である。日頃、ゲイジュツには縁遠い自分ですが、知人に勧められ磐田市芸術祭美術部門・写真の部に初めて出品する事になりました。

写真は好きであるが本格的に習ったわけではなく、所謂「下手の横好き」は自他共に認めるところであり、芸術祭出品など無縁のものと思っていました。

昨年も知人から強く勧められましたが、自信も無い上、写真の記録画質もラージサイズではない為、出品用に大きく引き伸ばした場合の影響も心配とお断りした。

知人はハイアマチュアカメラマンとして市内有数の人で昨年は県知事賞も受賞したほどの腕前の持ち主です。

今年も出品を勧められ、同氏のアドバイスをいただきながら生まれて初めて展示会に参加する事になった。

出品用の額縁を購入し、引き伸ばした写真には表装店で「裏打ち」をして、一昨日午前中に写真を市・中央図書館展示場に搬入してきました。

出品作品は一人1点、出品作品が多数の場合、自分の写真は選考時点で落選するのでは・・・との不安もありましたが、午後になって知人から「入選ですよ!奨励賞です」と一報を頂き、夢ではないかと驚きました。

搬入時、16時から審査をした先生から講評をしていただけると知り、その時間に再び出かけてきました。審査員は、将棋に興味をお持ちの方なれば誰でもご存知、羽生善治王位・棋聖がプロ中のプロと激賞する棋界写真家の第一人者で東京にお住まいの中野英伴先生。

先生は、出品者の質問に分かりやすく実に丁寧な言葉で回答をしてくれたのが強く印象に残りました。

P1010045 写真とは・・・から、始まり作品と記念写真、作品と絵葉書的写真の違い、見せたいものを強調する、余分なものは隠す、写真は引き算である・・・如何に作者の意図を訴えるべきか等々、作品を前にして具体的に説明して随分と参考になる話を多く聞く事が出来ました。

今日から始まった磐田市芸術祭、写真の部は市・中央図書館展示会場で会期は6日(日)16時までとなっております。

                                                  

P1010041  Dc0311

-15-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ  ←ブログランキングに参加しました。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村

« ウォーキング・薬師巡り | トップページ | 妻入選、我落選 »

デジカメ」カテゴリの記事

コメント

奨励賞ご受賞おめでとうございます

時間がとまったかのような息をのむ瞬間
選手諸君は勿論のこと、球場全体が注目し、
この時ばかりは大スターの青色の主審の裁定は 
大きく手を広げて。
物語りがありますね
甥っ子の試合も少年野球から高校野球まで
殆ど見ていましたが
このような写真は アハハ、とんと。

海の子 様
有難うございます、自分でも驚いている次第です。
何回か通った市営球場の一コマです。
先生の講評は、あと数分の1秒早ければもっと良かったとも
話してくれましたが、夢中で連写でした。
ゲームセットの瞬間喜ぶ姿、負けてうなだれる球児たち
高校野球は本当にドラマがありますね。

おめでとうございます。
あと数分の1秒早いと、どんな作品になったのでしょうか。
想像したけど、わかりません(^-^;

数ある写真の中から、この作品を選んで出品したのは、countryさんの自信作だったのですね。

いや~流石ですね。
おめでとうございます。
どんな光景でも写真は瞬間の切り取ですね。勉強になりました。

おめでとうございます
 お友達の受賞 ことのほか嬉しく感じます。
SNSで皆さんの素晴らしい写真に出会うまでは、興味をさほど示さない自分でしたが
一枚の写真から届けられる 感動に写真の素晴らしさを教えてもらった次第です。
クリックして大きくしました。
セーフ! 迫力感じます
応援している皆さんの 拍手や歓声 ブラスバンドの音が聞こえてきそうです
一生懸命は 伝わってきます

おめでとうございます

素敵なことですね~ country walkerさんのお写真には
物語性があって、いつも想像力を掻きたてられて
います。

写真は引き算、これは短歌でも俳句でもいえることですね
芸術とは引き算でしょうか。
人生も、でしょうか?

ホロホロ 様
あと数分の1秒。このシーンは見る人には結果が分かっています。
審判の判定が下される瞬前なれば、その画面を見てこの後の結果はどうなったのであろうか?と
想像することに別のドラマ性を感じるでしょう・・・との事でした。
たった一枚の写真いろいろ考えると面白く、奥が深いな・・・とも思いました。

あすか 様
こちらへも、お訪ね頂き有難うございます。
スポーツ観戦、実に面白くカメラを忘れ次の瞬間を目だけで追ってしまいます。
このシーンは偶然に近いもので連写・連写のカメラの性能の賜物です。

はなまりん 様
有難うございます。嬉しいですね~
ひとコマの写真から球場の雰囲気まで想像していただけるとは。。。
超過分なコメントと知りつつも舞い上がってしまいます。
これからも、ますます写真が楽しくなってきそうです。

なるほどcoldsweats01
やはり、その道の専門家は見るところが違いますね。
わくわく感が大事なのですね。

daruma 様
写真を本格的に学んだ事はありませんが、どの本を読んでも引き算の事は書いてありますね。
我々シロートはどうしてもあの景色もこれもと写しこみたくなります(笑)
「daruma」さん俳句も嗜まれるのですね。短歌・俳諧の世界は全く分かりませんが、俳句などはあの17文字の中に季語を含め情景や詠み人の気持ちを表現するのですから凄いと思います。
人生は???
幾つになっても暗中模索です。

ホロホロ 様
自分達シロートは美しい風景を目前にしたとき、全てを写したくなりますが
その中で一番美しいと思ったところのみ切り取って、後は見る人に想像してもらう・・・
仰るとおり「わくわく感」が大事だと話してくれました。

お写真 入選おめでとうございます
初めての出品で慣れない作業もあったでしょう
よかったですね

おめでとうございます!
この写真の直後、一瞬静まり返った球場から大歓声が聞こえてくるようです。

入選おめでとうございます。
写真のシーンがそのまま再現されそうな、素晴らしい作品ですね。
更なる素晴らしい写真を期待しています。

明日からしばらく留守します。
時間が出来れば、実家から訪問します。

入賞おめでとうございます!

まるでドラマのワンシーンのように
物語の感じられる作品ですね。

素晴らしいです。


あまなつ 様
はい。
展示用の額から中枠の効用、ガラスを外す・・・
写真の裏打ちまで、知人からアドバイスを受け、
何とか出品できました。
とにかく初めてのことなので戸惑いました、
でも、ありがたいですね皆さんのご親切が。。。

親子ウォーカー 様
コメントを有難うございます。
野球観戦と、写真の両方が楽しめるので、
高校野球観戦は大好きで毎夏市営球場へと出かけています。
プロ野球に無い、あの独特の雰囲気が好きでなりません。

のりちゃん 様
有難うございます。
旭川から現在地へ移られたと聞きましたが、ご実家は関東地方だったような??
記憶違いならばお許し下さい。
しばし、ご実家でのんびりとお過ごしになるのですね。


くり 様
有難うございます。こうして皆様から祝福して頂き、嬉しさも倍増します。
これがひとつの節目となり、励みになる事は間違いありません。
これからも宜しくお願い致します。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585241/42792487

この記事へのトラックバック一覧です: 市・芸術祭 入選:

« ウォーキング・薬師巡り | トップページ | 妻入選、我落選 »