2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

置手紙

  • 置手紙

リンク集

無料ブログはココログ

« はじめまして | トップページ | 絵画展 »

2011年10月 8日 (土)

JRさわやかウォーキング・浜松の史跡めぐり

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

 

 

108日(土)

10月に入り、当地方は過ごしやすい爽やかな日が続いています。今日から三連休となる職場も多いようですが、自分が居住する静岡県西部地方ではこの間に秋祭りの開催されているところが多い。
居住する地域の鎮守の森には祭りの幟が立ち、笛や太鼓の音と共に山車が町内を練りまわし、普段は長閑な片田舎の町も賑やかな空気に包まれています。
昔懐かしい「村祭」の歌詞 「♪村の鎮守の神様の 今日はめでたい御祭日(おまつりび) ドンドンヒャララ ドンヒャララ・・・」まさにこんな雰囲気である。

 

 

 

祭典の方は息子夫婦に任せ、自分は浜松で開催の「JRさわやかウォーキング」に妻と共に参加してきました。
コースは浜松駅をスタートして家康が17年間過ごし、出世城とも呼ばれる「浜松城」に寄ったあと、家康の正妻「築山御前」を殺害し、血のついた太刀を洗ったと伝えられている「太刀洗いの池」、家康が信玄に敗れた三方原合戦ゆかりの犀ヶ崖古戦場ほかを見て浜松駅に戻る約11.5kmのコース。

 


P1000862

 

 

かつて旧東海道を歩いた時には6万歩余も歩いた日もありましたが、最近では歩く速度も遅くなり1日20km位が限度で、膝の悪い妻とゆっくり歩くには手ごろな距離でした。
好天の下、駅近くのアクトロードに付随した公園のベンチで早めの昼食を済ませ、12時前浜松駅にゴール。

 

 

 

                                         

 

 

 

 

P1000870 

 

 

 

コースには市の設定した「家康の散歩道」も含まれ、数回訪れたところも多かったのですが、浜松城内北側、作左の森やテレビ発祥の地、NHK浜松放送会館など初めて知ったところも多く、気持ち好いウォーキングを楽しむ事が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000857

 

 

« はじめまして | トップページ | 絵画展 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

JR爽やかウォーク、天下統一した家康もそれまでは苦難の連続であったことを思い出しながら想像して楽しく拝見しました。

ありがとうございました、波乱万丈の戦国を生き抜いた家康。
正妻や長男をを殺さなくては生きていけなかった時代。
自分たちの環境では到底考えられない状況ですよね。
戦国の世に生まれなかった現在に乾杯です。
もし、生まれていても一般庶民には無関係 かもしれませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング・浜松の史跡めぐり:

« はじめまして | トップページ | 絵画展 »