2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

置手紙

  • 置手紙
無料ブログはココログ

リンク集

  • 鳥撮り運まかせ2
    ご夫婦揃って野鳥撮影。 現在は「鳥撮り運まかせ」からPart IIに。
  • さきたまの自然日記「別館」
    鳥博士の「ソングバード」さんがデジスコと超望遠レンズを駆使して素晴しい映像を紹介してくれます。野鳥ファン必見のブログ。
  • セロリさんのブログ
    お花博士で、ウォーキングをこよなく愛する「セロリさん」のブログです。
  • 日々の出来事♪:So-netブログ
    旅の思い出や趣味のウォーキングを中心に日々の出来事を綴った超健脚「ジャランこ」さんのブログ。
  • take a walk3
    ウォーキングイベントに参加された記録を中心に綴られた超健脚の「walkerZ」さんのページ
  • Simpl Life
    「くり」さんが綴る、おさんぽやひとりごと、日記、食べ物、料理など多彩なカテゴリーが魅力です。
  • とほ娘の徒歩歩日記
    「日々のお散歩とトホホな出来事」を綴ったスーパー健脚「とほ娘」さんの日記
  • つれづれなるままに・・北からの便り
    ウォーキングが大好きな「のりちゃん」、日々の出来事をほぼ日刊で発信されている北の大地からの便りです。
  • 歩け歩け
    音楽を聴きながらウォーキングと、写真が趣味の「AmanatsuFox」さんのページ
  • 親子ウォーカーの「風の色を求めて」
    親子でウォーキングを楽しむ「親子ウォーカー」さん。福島発、ほのぼのブログです。
  • 遊歩人 あすかの日記
    ウォーキングと写真、そして旅行をこよなく愛する江戸っ子、「あすか」さんのブログです。

トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

ウォーキング・薬師巡り

久しぶりにぶらりと寺院めぐりに出かけてまいりました。今日のコースは「遠江四十九薬師」に設定されたお寺のうち、磐田市内から浜松市東部に位置する八ヶ寺。

P1010029 旧東海道五十三次を単独で往復歩いた後、近年は寺院巡りに関心が増え、地域に存在する「遠江三十三観音」巡りを3回、「遠州三十三観音」を2回、「遠江四十九薬師」めぐりを各1回巡拝しました。

これまでも最初の目的地近くまでの公共の交通機関は利用してもマイカーは一切使わず、寺から寺への移動は全てテクテクと歩いた。

「遠江三十三観音」は平安末期から、薬師巡りは江戸中期から地域住民に親しまれた庶民信仰のひとつとされています。

信仰心の希薄な自分ですが、寺院めぐりの良さはなんと言ってもお参りした後の清清しさと満足感に尽きます。

江戸中期に制定されたと伝わる当地方の薬師巡りですが、お寺には明治初期の廃仏毀釈の影響や、お寺自体の栄枯衰退もあり、寺勢盛んな寺院、ひっそりとした佇まいのご住職のいない無住のお寺等様々です。

観音巡りと重複したお寺もあり、歩いて巡る自分が珍しいのか、なかには「お久しぶり、よくお参りくださいました」と、自分を覚えてくれたお寺もあり、お接待を受けたり、お寺での会話も弾んでこれがまた実に楽しい。

P1010034 お寺参りの証、ご朱印をいただく為、無住のお寺では管理人檀家を探し尋ねるなど、予定外の時間を要したが、全ての寺院で拙いながらも「般若心経」を唱え、管理人が留守の1寺を除き、ご朱印も頂くことができました。

快晴の下、浜松市東部地域への移動では久しぶりに天竜川橋を歩いた。旧東海道を歩いた時には2本ある橋には歩道が無く、随分怖い思いをした天竜川の橋も現在では3本になり、片側4車線の下り道路には4m位の広い歩道も設置され、車を気にする事も無くのんびりと歩く事が出来ました。

この後、旧東海道中野町の天竜川治水に私財を投じた偉大な郷土の慈善家、金原明善翁の改修された生家を見学し帰宅した。

遠江四十九薬師巡りも今回で二巡目、道筋も大体分かっており、大きな迷いも無くお参りが出来ました。

無住のお寺では管理人が年番で変わるところが多く、管理人宅を探すために手間取った事もありましたが、快晴の天気の下、清清しさと満足感を存分に味わい、気持ち好いウォーキングを楽しむ事が出来ました。

本日の万歩計歩数 32.345歩 推定歩行距離22km。

-14-

Dc102901 P10100371

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

2011年10月27日 (木)

サンセット(Ⅱ)

此処のところ、朝夕は随分と涼しくなってきましたが好天続きである。

3日前、好天につられ久しぶりに近くの海岸へ夕陽を眺めに行ってきました。東の空から朝日の昇る瞬間も好いものですが、茜色に染めて陽が沈む風景もまた素晴しい。今日一日が何事もなく終った安堵感と感謝の気持ち、そして明日への期待を込めて思わず手を合わせたくなる時でもあります。

Img_2231

昨日もあまりの好天に、美しい夕焼けを期待して再び海へと行って来ました。波が穏か過ぎるのかサーファーの姿は見かけられなかったが、海岸には釣り人が数人竿を振っていた。

その中のひとりにスズキ釣りですかと話しかけたところ、ルアー釣りで狙いはヒラメだと話してくれました。

綺麗な形の雲は無かったが今日も夕焼けが美しかった。

Img_2405_3

-13-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2011年10月25日 (火)

サンセット

昨日は晴天で風がなく気温も高く、長袖シャツ1枚でも暑く感じた、所謂夏日である。あまりの好天に夕方、近くの太平洋を望む海岸へ美しい夕景を見てみたいと行ってきました。

海岸から西方を眺めた時、夏の間は陸地に沈む太陽が冬季は海上に落ちてくる。もうボツボツ海に沈む風景が見られるかもしれない、晴天であり綺麗な夕焼けも見られればと、ひそかに期待していた。

海は穏かだった、それでも数人のサーファーが少し沖の僅かに波の立つ付近で波乗りを楽しんでいる。

時期が未だ早いのか太陽は陸地の外れ付近に沈んでいった。夕焼けは期待したほどではなかったが、風のない暖かな海岸で夕陽を存分に眺める事が出来ました。

Img_2176

Img_2157

海岸ではケータイで写真を撮っている若い女性に出会った。自分がこの海岸に来た時には既に誰もいない海岸にひとりで佇んでいた、沖で波乗りをする人を待っているのかな・・・と思ったが違った。

「こんにちは」と挨拶したところ、返ってきた言葉のアクセントが明らかに関西風である。驚いたことに京都から一人旅で昨日、この地にサーフィンと海鮮料理を楽しみにやって来たという。穏かな話し方であるが意思の強い、聡明な感じの女性でした。

サーフィンは御前崎や愛知県の伊良湖海岸が有名である。此の地が隠れた穴場なのかもしれない、彼女はサンセット風景を撮ってこれから京都まで帰るのだとも話してくれました。

海岸の駐車場には京都ナンバーのワンボックスが駐車されていた。

Img_2211  Img_2219

-12-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2011年10月24日 (月)

JRさわやかウォーキング・新居

昨日はJRさわやかウォーキング、「あらいじゃん(産業まつり)と史跡探求ウォーキング」に夫婦で参加してきました。

当初、23日の予定は浜松基地航空祭(エア・フェスタ浜松2011)見物であったが、メインのブルーインパルスやF15の飛行が今年は無い事を知り断念した。ブルーインパルスの展示飛行の中止理由は不明ですがF15は燃料タンクの問題が原因でやむを得ない事かな・・・と思った。

青空高くブルーインパルスの描く数々の曲技飛行はとにかく素晴しく、ここ数年、自分達夫婦も都合の付く限り見物に出かけていました。一昨年は、アメリカ空軍のアクロバットチーム・サンダーバーズも飛来、その見事な曲技飛行に感嘆したのも記憶に新しい。

各種の自衛隊機が並んで見られる航空祭はそれだけでも楽しいものですが、ブルーインパルスの展示飛行のない航空祭は魅力が半減である。

当日のもうひとつのイベント、遠州の酒蔵「花の舞酒造」の新酒味見会に参加できる遠鉄のウォーキングであるが、こちらには毎年参加している事や天候が不安定な事、会場の大混雑を思い今年は参加を諦めました。

結局、参加したJRのさわやかウォーキング。コースは過去訪れた既知のところですが歴史あり、浜名湖の美しい景観ありの好いコースです、好いコースは何度訪れても満足できるものです。

新居町駅をスタートし、旧東海道五十三次、関所、新居宿内を経て太平洋沿いに走る国道1号線バイパス側道を歩き、白砂青松の太平洋を望む新居浜海岸で小休止。

明応の大地震で浜名湖が太平洋と繫がった今切れ口、そして本日のメイン「あらいじゃん、産業まつり」会場の賑わいを楽しみながら新居町駅に戻りゴール。

関所西側の山すそを通る寺道付近で、かなり激しい雨にも遭遇しましたが、その後天気は回復。

ウォーキング案内に記されたとおり歴史あり、海あり浜名湖の景観ありの満足ウォーキングを楽しむ事が出来た1日でした。

新居町駅にゴール後、今日の参加人数をJR担当者に尋ねたところ千人を僅かに下回りましたとの回答でした。静岡県内では清水でも開催された事、遠州地区ではイベントが重なった為に参加者が分散したのでしょう・・とも語ってくれました。

P10100151 P10009861

P10009921  P10100061

P10009821   P10009901

-11-

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

2011年10月22日 (土)

今日は朝から雨が降ったり止んだりの一日だった。天気予報も終日雨、日課の早朝ウォーキング時には雨がかなり強く降っており、お散歩ウォーキングは中止。

Img_0107Img_0195_2

日中は時折空が明るくなり天気は回復かと思えばまた降りだす・・・こんな1日でしたが、それでも小止みになった時に歩き、日課としている自身のウォーキングのノルマを達成する事は出来ました。

庭の千両や百両の実が少し色づいてきたが万両はまだ青々としている。何処から来たのか久しぶりにカタツムリを見た。ナメクジは庭やプランターの陰でしばしば見つけるがカタツムリは珍しい。殻に斑点があり、詳しいことは分からない日本古来のものではないかもしれない。

ナメクジは嫌われるがカタツムリは歌にも歌われるぐらいで「カメ」と共にのんびり動く代名詞になっている。

雨の合間を見て蹲に落ちる水滴や、万両・百両等の下草をパチリ。

Img_9988 Img_9995

-10-

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2011年10月20日 (木)

秋の花

太陽の出る時間が遅くなり、日没時間も随分と早くなってきた。

朝夕はめっきりと涼しくなり、秋を肌で感じるようになってきました。日光の中禅寺湖付近では早くも紅葉の便りが・・・やがて平野部でも紅葉のニュースが彼方此方から届いてくることでしょう。

Img_99531 Img_99231

春から夏には沢山の草花が目を楽しませてくれましたが、季節の変わりと共にその種類も随分減ってきた。久しぶりで浜松市の緑化推進センターに出かけてきました、

1年を通して常にいろいろな花を楽しませてくれるセンターですが流石に花の種類は少ない。台風15号が直撃した遠州地方ではその被害も大きく、センター内の大木が根こそぎやられたものが多く、立ち入り禁止の黄色いロープが目立った。

Img_99011 Img_98781

それでも満開のジュウガツザクラや草花、葉先が僅かに色づいてきたニシキギなど数枚をカメラに収める事が出来ました。

-9-

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

2011年10月18日 (火)

黄昏時・・・

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

</a>1018日(火)

日曜日に隣町の田んぼに植えられたコスモスとヒマワリが見頃と聞き夫婦で出かけてきた。休耕田であろうか広大な農地にはコスモスとヒマワリが丁度見頃で美しく咲き揃った花々を存分に楽しんできました。

Img_2113_2 Img_2107_2

昨日、隣町に所用が出来、用事を済ませた帰りに再びコスモス・ヒマワリ畑に寄ってきた。一昨日は風があり、コスモスのクローズアップ写真は難しかったが昨日はそよ風程度。

Img_2031 Img_2047

夕焼けとお花畑を期待して夕方立ち寄ってみましたが、雲が多く綺麗な夕焼けには至りませんでした。

それでも日没近く、オレンジ色に変わった西の空とヒマワリ、そして日暮れを待つ間、風に揺れるコスモスをパチリ。

Img_2080

-8-

2011年10月16日 (日)

コスモス・ヒマワリ畑

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

1016日(日)

隣町の田んぼに植えられたコスモスとヒマワリが見頃と聞き、好天の今日早速夫婦で出かけてきました。

一昨日の強風と雨の影響が心配されましたが、広大な2ケ所の田んぼには期待していた以上のコスモスとヒマワリが今を盛りと咲いていた。

ヒマワリは種まきの時機を遅らせてコスモスと一緒に見られるように工夫してくれたという。

Img_1778_2 Img_1788

道路に面した目立つ場所には「水田を守ろう! 農地を大切に! 4万㎡のコスモス畑」の大きな看板が・・・

Img_1946_2 Img_1941

昨年は少し離れた場所でしたが、今年は一昨年と同じ場所である。農作物の中には連作を嫌う作物もあると聞く、その為に場所を変えたのか詳しいことは分かりませんが一昨年と同じ場所に戻っていた。

今日は朝から快晴、コスモスやヒマワリは青空が良く似合う、隠れた観光スポットでもあり三々五々訪れる人達が絶え間ない、風があって、コスモスの花をひとつひとつクローズアップで撮るにはピントが合わず難しかったが、この時期の花を存分に楽しむ事が出来ました。

   -7-

Img_1976_4 Img_1806_3

2011年10月14日 (金)

お散歩ウォーキング -秋曇-

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

1014日(金)

好天が続いていたが、当地方も今日夕方からは雨の予報である。

朝夕、近くの小川の堤防を歩いていますが、午後から雲が広がってきた。雨にならぬうちにと夕方のウォーキングを早めて何時もの堤防を歩くことにした。

P1000955_4

黄金色に輝いていた田んぼは一部を除き殆ど稲刈りも終わり、来春の田起こしまで冬眠に入る。

田植えが始まり一面青々とした春から夏の風景、黄金色に色づく秋の景色、田んぼの顔は季節と共に変わってくるが、刈り取られた稲株だけの田んぼも悪くない。

P1000963_4

P1000967_4

小川にはカモ達が増えてきた、白鷺も遊んでいる。舗装のない堤防から移りゆく長閑な田舎の風情を楽しみながら、のんびりと歩きました。

P1000968_4

 

P1000962_4

-6-

2011年10月12日 (水)

浜松ガーデンパーク

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村

1012日(水)

自分のお気に入りの公園、浜松ガーデンパークのコスモスが見頃との情報を得た。

今日は快晴、広い公園内を散策の為ウォーキングシューズを履き、コンビニでお茶と弁当を購入し、コスモス見物に出かけてきました。

コスモスの花期は様々で、夏の終わりと共に咲くところ、これからのところ等様々である。種類が異なるのか、種まきの時期によるものか分かりませんが秋を代表する花のひとつです。

浜松ガーデンパーク、2004年に開催された「浜名湖花博」跡地に設置された県営の大規模公園です。

いくつかのエリアに別れ四季折々の花が絶え間なく咲き、入場料無料、1.800台駐車が可能な駐車料金も無料と文句無しに素晴しい公園です。

コスモスは丁度見頃であろうか、花ひろばの案内板によると花はメキシコ産で約40万本が植えられているという。

コスモスを見た後、同公園のシンボル「モネの庭」(現在、花の美術館と改名)を廻ってきました。モネと言えば象徴的な花はスイレン、「モネの庭」ではスイレンが未だ咲いていた。

芝生広場には大勢の幼い子ども達が引率の先生と共に元気よく遊んでいる。バス専用駐車場に愛知県ナンバーの観光バスが数台駐車していた、子ども達はあのバスで訪れたのかもしれない。

花が比較的少ない時期ですが花壇には様々な花が植えられ、コスモスと共に存分に鑑賞して帰途につきました。

Img_1576_2 Img_1553_2

Img_1523_2  Img_1555_2

Img_1507_2  Img_1508_2

2011年10月10日 (月)

絵画展

1010日(月)

知人が今年も「労美展」に出品されるとのはがきを頂いた。同氏が毎年出品されているこの「労美展」、今年は会の創設50周年を記念して大々的に開かれているという。最終日の今日、浜松市・遠鉄浜北駅前の「なゆた浜北2F市民ギャラリー」に出かけてきました。

50周年記念とされているだけに会場のスペースも広く、今回は出品作品もかなり多い、通年の34倍ぐらいは展示されているように思った。

知人の作品は直ぐに分かった。30号の大きなサイズの裸婦、同じく裸婦を描いたデッサンが5点、風景画10点である。絵画には全く無知な自分ですが、流石に力作揃いの見事な作品ばかりでした。

芸術の秋である。絵画には無縁の私でも素晴しい作品の数々を鑑賞し、心身ともにリラックスしたひと時を過ごすことが出来ました。

                                                        -4-

Img_1470  Img_1468_2

Img_1476  Img_1474

2011年10月 9日 (日)

JRさわやかウォーキング・SLフェスタ2011

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

109日(日)

今日も快晴、昨日に続きJRさわやかウォーキングに夫婦で参加してきました。

本日のコースはJR島田駅から島田市北部バラの丘公園を経て旧東海道53次の大井川、川越遺跡を通り、全長1026.4mの旧国道1号「大井川橋」を渡り、金谷駅に至る約12kmのコース。

コース内の見所は市内で開催されているSLフェスタ。SLが毎日運行されている大井川鉄道新金谷駅に新しく転車台が設置され、それに伴う記念行事である。

国内の彼方此方で記念行事としてSLが運転されることはありますが、毎日の通常運行は全国でも珍しいと言われている。大井川鉄道の転車台は終点の千頭駅にのみ設置され、SLは下りが正面を向いて、上りがバック運転になっていましたが新金谷駅転車台の完成により常にSLが前を向いての運転が可能になった。

フェスタの開催により金谷町の旧東海道筋はホコ天となり、テントや露天が店を並べ賑やかだ。新金谷駅前でも大勢の人達で賑わっていたが、ひときわ目立つ行列が出来ている、この記念フェスタに合わせてSLの重連が運行されその列車に乗車する人達である。

ウォーク参加なのでポケットに入るコンデジしか持っていないが列車が通過する線路際まで行く事にした。撮影ポイントは既に人・人・人で到底割り込む余地はない、踏切近くの電柱の傍が僅かに空いており、支柱が邪魔であるが仕方がない、そこで待つことにした。

P10009481

SLの運行は何度か見ているが近くで見る重連は迫力があり見応えは充分。

踏切を通過する時も運転士さんも見物する人達に手を振って応えている、毎日運行しているだけにサービス精神も旺盛で手馴れたものである。

今日のコース、バラの丘公園には車で訪れた事がありましたが歩くのは初めて、転車台も京都の梅小路蒸気機関車館や天浜線で見たことがあれども此処では初めて、重連走行も初めてと、汗ばむ程の好天の下、存分にウォーキングを楽しむ事が出来ました。

P10009351

-3-

P10009501 

P10009261

P10009101 

P10009081 

P10009051 

2011年10月 8日 (土)

JRさわやかウォーキング・浜松の史跡めぐり

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

108日(土)

10月に入り、当地方は過ごしやすい爽やかな日が続いています。今日から三連休となる職場も多いようですが、自分が居住する静岡県西部地方ではこの間に秋祭りの開催されているところが多い。
居住する地域の鎮守の森には祭りの幟が立ち、笛や太鼓の音と共に山車が町内を練りまわし、普段は長閑な片田舎の町も賑やかな空気に包まれています。
昔懐かしい「村祭」の歌詞 「♪村の鎮守の神様の 今日はめでたい御祭日(おまつりび) ドンドンヒャララ ドンヒャララ・・・」まさにこんな雰囲気である。

祭典の方は息子夫婦に任せ、自分は浜松で開催の「JRさわやかウォーキング」に妻と共に参加してきました。
コースは浜松駅をスタートして家康が17年間過ごし、出世城とも呼ばれる「浜松城」に寄ったあと、家康の正妻「築山御前」を殺害し、血のついた太刀を洗ったと伝えられている「太刀洗いの池」、家康が信玄に敗れた三方原合戦ゆかりの犀ヶ崖古戦場ほかを見て浜松駅に戻る約11.5kmのコース。


P1000862

かつて旧東海道を歩いた時には6万歩余も歩いた日もありましたが、最近では歩く速度も遅くなり1日20km位が限度で、膝の悪い妻とゆっくり歩くには手ごろな距離でした。
好天の下、駅近くのアクトロードに付随した公園のベンチで早めの昼食を済ませ、12時前浜松駅にゴール。

                                         

P1000870 

コースには市の設定した「家康の散歩道」も含まれ、数回訪れたところも多かったのですが、浜松城内北側、作左の森やテレビ発祥の地、NHK浜松放送会館など初めて知ったところも多く、気持ち好いウォーキングを楽しむ事が出来ました。

P1000857

2011年10月 6日 (木)

はじめまして

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/6wolh7wpe3h8

106日(木)

はじめての投稿です。

今まで在籍していたサイトが11月末で閉鎖と決まり、彼方此方と転居先を探しておりましたが、このサイトが今までの雰囲気に似た感じであり、自分に合っているのでは・・・と、思いこちらに落ち着く事に致しました。サイトの仕組みも未だ分かっておりません、新参者ですが宜しくお願い致します。

現役を退いた今、健康維持のため日課として朝夕、自宅近くの小河川堤防や周辺を歩いています。昨日は小雨交じりで傘を差してのウォーキングでしたが今朝は快晴、爽やかな朝の空気をいっぱい吸い込んで歩いてきました。

堤防を賑わせていた彼岸花も終わりに近く、萎れてきたが地元でジュウガツサクラと呼ばれているサクラが満開である。このジュウガツザクラ、花期が長く、春いっせいに開花した後もボツボツと咲き続け、今頃再び満開になる。花は近づいて見れば結構綺麗な花なのですが離れて見れば殆ど目立たない地味なサクラである。

二つの小川が合流する地点には白鷺のコロニーがあり、沢山の白鷺が留まっていた。こんな田舎の風景を楽しみながら毎日歩いています。

Img_9854_2

Img_9861_2

Img_9858_2

Img_9856_2  Img_9852_2

-1-

トップページ | 2011年11月 »